2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死刑 Vol.XX-09

1 :987:03/08/25 21:20 ID:LDMFwgYY
前スレ
死刑 Vol.XX-08
http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news2/1060019203/

過去スレは膨大。

批判は淡々と問題点を検討・指摘するにとどめましょう。
相手を罵るような言動は、感情的な反発の応酬になりがちなので
意識的にやめましょう。

論点整理・文献・資料等は、2以降にあるであろう。

2 :987:03/08/25 21:21 ID:LDMFwgYY
まずもって網羅的なものとして、
 A.法学セミナー増刊『死刑の現在』(日本評論社、1990年)
 B.『年報死刑廃止』シリーズ、インパクト出版会
  (http://www.jca.apc.org/~impact/book/haishi.html
の文献情報が重要で、この部分だけでもコピーしておくと
いいでしょう。これで日本での死刑に関するおおよそ重要
な文献は、ほぼ把握できます。
なお、Aは論点などもコンパクトにまとまっており、データ
などは古くなりましたが、総合的に見て現在でもまとまり
のよさでは一番かもしれません。十分役に立つと思います。

3 :987:03/08/25 21:21 ID:LDMFwgYY
理論面での定番的文献としては、
 C.団藤重光、『死刑廃止論 第六版』(有斐閣、2000年)
 D.アムネスティインターナショナル編『死刑と人権』(成文堂、)
 E.三原憲三、『死刑存廃論の系譜 第四版』(成文堂、2001年)
 F.菊田幸一『新版 死刑―その虚構と不条理』(明石書店、1999年)
 G.佐伯千仭、団藤重光、平場安治編著『死刑廃止を求める』(日本評論社、1994年)
などがあります。

4 :987:03/08/25 21:22 ID:LDMFwgYY
あと、個人的には死刑囚や死刑執行の実態を示すもの、
また被害者遺族の心情についてかかれたものなどを読ん
でおくことが重要だろうと思っています。その点では、
 G.加賀乙彦『死刑囚の記録』(中公新書、1980年)
H.谷喜一『死刑執行の現場から―元看守長の苦悩と死刑存続の可否』(恒友出版、1997年)
 I.大塚公子『死刑執行人の苦悩』(角川文庫、1988年)
 J.免田栄『死刑囚の告白』(イースト・プレス、1996年)
 K.坂上香『癒しと和解への旅』(岩波書店、1999年)
などが代表的なものとして特に重要だと思います。
I.は確定死刑囚でありながら、アリバイの認定により冤罪が
明らかになり再審で無罪となった免田栄氏による証言で重要です。
また、Kは死刑事件の被害者遺族による手記です。

ちなみに存置論の文献は極めて少ないです。
まぁ比較的まともなものとしては、
 L.植松正、「死刑廃止論の感傷を嫌う」、『法律のひろば』、 第43巻第8号、1990年、11-15頁
あたりでしょうか。なお近年珍しく数冊出版されていますが、
正直理論水準はかなり低いとしかいいようがありません。が、一応、
 M.中野進『国際法上の死刑廃止論』(信山社、2001年)
 N.重松一義『死刑制度永久必要論』(信山社、1995年)
などがあります。

5 :987:03/08/25 21:22 ID:LDMFwgYY
なお参考までに死刑の問題を理解する上で重要な法律学−
憲法、民法、刑法に関して、あくまで入門書としてですが、
以下のものをあげておきます。
 1.星野英一『法学入門』(放送大学教材、1995年)
 2.樋口陽一『憲法 改訂版』(創文社、1998年)
 3.芦部信喜『憲法 第三版』(岩波書店、2002年)
 4.星野英一『民法 財産法』(放送大学教材、1994年)
 5.星野英一『家族法』(放送大学教材、1994年)
但し肝心の刑事法ではどうも決定版がなく、
 6.内藤謙『刑法原論』(岩波書店、1997年)
 7.平野龍一『刑事訴訟法概説』(東大出版会、1968年)
 8.岩井 宜子『刑事政策 改訂版』(尚学社、2002年)
 9.渡辺洋三・江藤价泰・小田中聰樹『日本の裁判』(岩波書店、1995年)
などをとりあえずあげておきます。
またその背後にある近代的な政治思想法思想を理解するためのものとして、
 10.福田歓一『近代の政治思想−その現実的・理論的諸前提』(岩波新書、1970年)
 11.福田歓一『近代民主主義とその展望』(岩波新書、1977年)
 12.高畠通敏『増補新版 政治学への道案内』(三一書房、1984年)
をあげておきます。

6 :987:03/08/25 21:23 ID:LDMFwgYY
あとは、各々が勝手にやってくれ。

7 ::03/08/25 21:25 ID:6tPbEfmE
 マルチポストになっちゃうけど、


>>【死刑 Vol.XX-08】の1000

>>998
>でも、人を100人殺したヤツを死刑にするために、
>無実の人間が死刑になる危険を
>犯すべきじゃないと思うから、死刑廃止には賛成。

さんざん既出だろうが、罪を認めていたら死刑にしても良いの?


 個人的にはそれでもイイんじゃないかと思うけど、実際には自白の
有無によって量刑を変えるというのは多分無理だろうね。


8 :朝まで名無しさん:03/08/25 21:27 ID:LDMFwgYY
>>7

冤罪の危険性が皆無に近い法治国家(もちろん先進国)では、
冤罪を理由に死刑を廃止する愚を犯すべきでない。


9 :朝まで名無しさん:03/08/25 21:27 ID:3zh1pWgN
俺がむかつくのはさ、俺が殺人犯したら、死刑覚悟するし、死んで詫びようと思うよ。
なのに、凶悪犯の奴は生き延びようとするんだろ。ふざけるなよってことだ。

10 :朝まで名無しさん:03/08/25 21:29 ID:jyLaM+nY
すげえ、よく纏めたな。>1おつかれさん。

11 :朝まで名無しさん:03/08/25 21:29 ID:LDMFwgYY
>>9

福岡一家殺人の中国人容疑者の親が、
「本当なら、死刑にしてください」って言ってたよ。
それが、普通の感覚なんだろうね。
死刑廃止派は、もしかして人権感覚が欠落しているんかね?

12 :朝まで名無しさん:03/08/25 21:31 ID:LDMFwgYY
>>10

前スレをコピペしただけです。
死刑スレは、ときたま顔を出しています。
しかし、長寿スレになりそうだね。
南京スレとかタバコスレとか、
平行線なのは同じかな・・

13 :朝まで名無しさん:03/08/25 21:32 ID:jyLaM+nY
>>9
倫理観の高い人(君も含む)を標準にするわけにいかんちゅうことだよ。
書店の万引き防止装置なんて、まともな人に対しては無礼なだけなんだが
そうもいってられんみたいな。

14 :朝まで名無しさん:03/08/25 21:35 ID:jyLaM+nY
>福岡一家殺人の中国人容疑者の親が、
>「本当なら、死刑にしてください」って言ってたよ。
>それが、普通の感覚なんだろうね。
>死刑廃止派は、もしかして「人権感覚」が欠落しているんかね?

人権の使い方まちがってるぜ。そこをいいかえるなら「正義感」
とか「社会道徳」等の言葉だろ。
人権つうのは悪党だろうが、フセインだろうが、差別廚だろうが
存するものと仮定するもの。
人によってあったりなかったりつう概念の物ではない。




15 ::03/08/25 21:36 ID:6tPbEfmE
>>8
 無実の人間1人の命を救うためなら、人殺しが100人生き残ろうが
1000人生き残ろうが、それは我慢する価値のある事だと思うけどね。

 無実の人間が100人に1人、1000人に1人だったら、人殺しを死刑に
するために、犠牲になっても仕方ないと、アナタは思うのかな?

16 :朝まで名無しさん:03/08/25 21:42 ID:LDMFwgYY
>>15

俺も、昔はそう思っていたよ。
だけどね、人間がやることだから、
完璧はないんだよね。
じゃあ、冤罪を理由にあらゆる刑罰を科すことができないことになる。
そんなん、無理だろう?
人間が共同体の一員として生きる場合、
その共同体が間違いを犯すことも念頭に置いていなければならない。
冤罪による刑罰を防ぎたいなら、
逆に監視国家・警察国家を目指すべきだろうな。

17 :朝まで名無しさん:03/08/25 21:45 ID:xsI6/8Ss
>>15

現行犯のように冤罪の可能性が限りなく0%に近い犯罪に対しては、どう考える?

18 :朝まで名無しさん:03/08/25 21:48 ID:wHk7jOk7
前スレ

>976 :朝まで名無しさん :03/08/25 20:27 ID:LDMFwgYY
>「○○のような理由で、死刑には・・」じゃなくて、
>「死刑に・・なのは、○○と言う理由があるから」と言うのが多いんじゃないの?
>まずは、死刑存置・死刑廃止ありきで、
>その考えを補完するために、
>専門書を駆使して相手を説得しようとしている。
>だから、議論は平行線なんだよね。

そもそも、「その考えを補完するために」法的な論理構成しているのが
専門書(学者の主張)ではないかと・・・

19 :かおりん祭 ◆VqKAORinK6 :03/08/25 21:50 ID:ct3WQ7NY
  ∋oノハo∈∋oノハo∈
    ( ´D`)  ( ^▽^) <新スレおめでとうございまーす♪
  =〔 ̄∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄〕
  = ◎――――――◎

20 :段造 ◆b5w5DanzOU :03/08/25 21:51 ID:n0K011j2
>>17
宅間も冤罪の可能性がある?

21 :朝まで名無しさん:03/08/25 22:04 ID:Ifvmtnmq
死刑という行為そのものを許されざるものとしている廃止派と、
死刑という行為そのものは許されるがデメリットが大きいのでやめようという廃止派。

結論のみは同じとはいえ中身は全く違う意見なのにその二つの派の間で議論が起きないのは何故?
敵の敵は味方だから?

積極的存置派と消極的存置派にも言えることだがナー


22 :朝まで名無しさん:03/08/25 22:09 ID:jyLaM+nY
>21
敵対する理由はまったくないだろう。
但し、終身刑導入に(廃止派内で)賛否両論あるのは有名な話。

23 :朝まで名無しさん:03/08/25 22:19 ID:Ifvmtnmq
>>22
まあそうなんだけどね。敵対はちと言い過ぎた。

しかしね、死刑という行為そのものを許されざるものとしているとしか思えない人が
冤罪とかを理由に持ち出すとね、
じゃあお前は冤罪が100%防止できると仮定すれば死刑OKなのか?そうじゃないだろ?
とか思ってしまうんだよ。(100%はありえないってのは無しね。仮定だからね)
自説に都合よいものはとりあえず取り込んどけっつーやり方はやめようね、という話。

もちろん積極的存置派と消極的存置派にも言えることだがナー


24 :朝まで名無しさん:03/08/25 22:53 ID:UHfa+yP1
>>15
受け入れるべきリスクだね。
終身刑では脱獄の可能性があるしね。脱獄されれば再犯の可能性もある。
また、脱獄でなくても恩赦や特赦の可能性もあるし。
凶悪犯を永久に再犯の出来ない状態に置く事は、無辜の民の命を救う事だとも言えるんだよ。

君は「俺の腕を切ったヤツの腕を切らないから死刑も必要ない」と言うが、
彼の奪ったものの違いには着目しないのか?
命を奪うという事は全てを奪うという事。腕と同じではない。
加害者にはもう被害者に償いをする事が永久に出来ないしね。
つまり、加害者が被害者に出来る事は何も無いんだ。生かしておく意味がないんだよ。
だったら彼には被害者の置かれた立場と同じ状態にしてやるしかしてやれる事はあるまい。
もちろん同害応報がベターではあるがね。

25 :朝まで名無しさん:03/08/25 22:58 ID:LDMFwgYY
>>18

だが、学者は口が裂けてもそれを認めることはないだろうね。
それ言ったら、学者生命が終わるしね。

26 :朝まで名無しさん:03/08/25 23:12 ID:hK1iai+Y
>>15
おまえは一体いつまで冤罪死刑反対論者ぶってるんだ?


27 :朝まで名無しさん:03/08/25 23:19 ID:fTMJsBSg
>>24
>終身刑では脱獄の可能性があるしね。脱獄されれば再犯の可能性もある。

滅多にあることではないと思うが、冤罪死刑より可能性あるように思える。

28 :朝まで名無しさん:03/08/25 23:30 ID:dBACLh0l
っていうか死刑に値するような犯罪者は最後には社会に
貢献してから死んで欲しい。
だから人体実験とかして医学の進歩に貢献したらいい。

29 :朝まで名無しさん:03/08/25 23:45 ID:7jr3pGxY
亀井とかの議員連盟が出した法案って、結局どうなったんでしょうか?

30 :朝まで名無しさん:03/08/25 23:47 ID:LDMFwgYY
>>29

総裁選前には、支持者を失うのが怖くて出さないんでは?

31 :朝まで名無しさん:03/08/26 00:02 ID:4dzn00iM
過去に冤罪で死刑にされた数と
殺人者の再犯で殺された数を考えると、

自分に降りかかるリスクとしては冤罪がある方がマシかな。

32 :朝まで名無しさん:03/08/26 00:09 ID:84vIPjTv
>>28
賛成賛成

33 :朝まで名無しさん:03/08/26 01:07 ID:RVfMpqqA
>>http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news2/1060019203/995
圧政から解き放たれて、治安が極度に悪化している国は、多い。
刑罰のない無政府状態でモラルが保たれていれば、理想だけどね。


34 :朝まで名無しさん:03/08/26 01:09 ID:RVfMpqqA
人体の不思議展の樹脂付け標本は、死刑囚だよ。

35 :朝まで名無しさん:03/08/26 01:19 ID:ObpDZMaD
>>25
口が裂けても認めないだろうけど暗黙の了解みたいなところはあるよね。

36 :朝まで名無しさん:03/08/26 01:28 ID:i4j94eBo
>>31
冤罪死刑の数と、
殺人者全般の再犯数を比べる意味は?


37 :31:03/08/26 02:25 ID:E+24EZPQ
>36
自分や身内が冤罪をかぶる可能性と、
「最初の段階で殺しときゃありえなかった」殺人の犠牲になる可能性。

全人口って母数が同じなら可能性低い方がいいべ。

38 :国民:03/08/26 08:48 ID:LV5UvuF5
死刑にしろ!
ブッシュとそのとりまき、
レイプ犯
森本レオ、イチロー、
つるべ、武田鉄也、西田敏行、中川家、


39 :朝まで名無しさん:03/08/26 09:24 ID:nuQJXkiw
いくら互いに透徹した論争を繰り広げても平行線のままであるのは
本来社会正義と言うモノを1つの枠(考え方)で括ること事態無理だからでは
ないですか?




40 :朝まで名無しさん:03/08/26 13:44 ID:VqyTlcCL
>>25・35
ちゃんとした学者は認めてるよ。
少なくとも>>3に出てるような本には書いてある。
だからといって内容が公平であるとは限らないが。

ところで>>2-5のコピペって他の人はどう思ってるの?
廃止派よりの本ばかりなのは仕方ないとしても、
(この手の本を作ることは、廃止派側にはメリットが大きいため数も多い)
>>2のリンク先はアレだし>>4などは好みが丸出しだし、
>>5は30年以上前の政治思想としては微妙な時代のが混じってるし
文章の端々に個人的感想が露出しているし、正直、中立性を欠いていると思う。
また、面白くも何ともない上にバカみたいに分厚くでかい本が多いので、一般性があるともいえない。

テンプレにするにしても、文献名の箇条書きにとどめるべきだろう。

41 :朝まで名無しさん:03/08/26 14:33 ID:8pu/ithr
>>40
>廃止派よりの本ばかり

それでも、廃止派は賛同を得られていないんだが・・

42 :tooo:03/08/26 15:07 ID:Ja+4gXBu
勝手にまとめると、
冤罪で死刑が適応されてしまう場合がある→死刑は廃止した方がよい
極悪非道の犯罪者がいる→死刑は存続させた方がよい

死刑に代わる罰として
廃止派の一部は、永久に近い形での無期懲役
存置派の一部は、拷問による死刑も視野に入れるべき

で、死刑になるべく殺人を犯したタクマが、問題提起され、……




43 :朝まで名無しさん:03/08/26 16:16 ID:wDOFrRJn
ただまぁ、130000000からの人間がいれば
頭からぶっこわれてる不良品だってすなりいるわけで、
宅間みたいな既知外を一般化して語るのも危険だと思うわけで。

害獣の処理ってことでいいんじゃないかなw

44 :朝まで名無しさん:03/08/26 17:38 ID:RRLGZy1D
>>40
勉強厨氏が作ったリストなんでないの?

45 ::03/08/26 19:09 ID:xxVp8ZsH
>>31
>過去に冤罪で死刑にされた数と
>殺人者の再犯で殺された数を考えると、

 終身刑というものを視野に入れると、殺人者の再犯は
関係なくなるんじゃない?


46 :朝まで名無しさん:03/08/26 19:46 ID:HZsJqDUt
>>45
恩赦、特赦、脱獄

47 :朝まで名無しさん:03/08/26 19:46 ID:bBN5s35e
http://bbs.1oku.com/bbs/bbs.phtml?id=endou1

48 ::03/08/26 19:50 ID:xxVp8ZsH
>>46
 今までに、恩赦、特赦、脱獄でシャバに戻った人間が
殺人を犯した事って何件くらいあったの?

49 :朝まで名無しさん:03/08/26 19:56 ID:dNpKaxJa
>>48
可能性の問題。
日本で冤罪で死刑執行されて「取り返し」つかなくなったのは何件くらい?


50 :朝まで名無しさん:03/08/26 19:57 ID:yScaUdXG
>>48

なぜか死刑にならなかった犯罪者が、
殺人を犯した例は枚挙に暇がないね。
キンキローとか、何とか事件(葛飾区?)で冤罪とされて娑婆に出たやつとかね。


51 :朝まで名無しさん:03/08/26 20:24 ID:YXsNP1Ef
積極的に死刑をするべきだ

52 :朝まで名無しさん:03/08/26 20:39 ID:2LDQe1lh
「君は自分が宅間のような犯罪を犯したら、刑罰として殺されても正当だと考えるか?」

1、正当、故に死刑存置
2、不当、故に死刑廃止

3、正当、しかしある理由により死刑は廃止
4、不当、しかしある理由により死刑は存置

大方の存置派は1だと思われる。
4と解釈出来るようなレスは今までの所無い。

○氏は言動からすると3になるはずだと思われるが、
矛盾する言動もある。

なにより本人が回答を拒む気がする。

それ以外の廃止派は2なのだろうか?


53 :朝まで名無しさん:03/08/26 20:43 ID:2LDQe1lh
人権の問題があるから部分的に応報を放棄すべしという廃止派は
>>52だと4になる。

死刑存置の根拠が無いから廃止すべしというのも4。

冤罪被害軽減は3
社会復帰可能性の保持は3と4両方の可能性がある。



54 :朝まで名無しさん:03/08/26 20:44 ID:yScaUdXG
死を覚悟した凶悪殺人犯には、死刑の抑止力はない。
だが、そんなやつは、日本では希にしか現れない。
レアケースを持ち出して、「死刑には、抑止力はない」なんて言う死刑廃止派はどのくらいいるんだろうか?

55 :朝まで名無しさん:03/08/26 20:46 ID:2LDQe1lh
ごめん>>53は間違い

人権の問題があるから部分的に応報を放棄すべしという廃止派は
>>52だと3になる。

死刑存置の根拠が無いから廃止すべしというのは2。

冤罪被害軽減は3
社会復帰可能性の保持は2と3両方の可能性がある。

が正しい。




56 :朝まで名無しさん:03/08/26 20:49 ID:yScaUdXG
>>52
>4、不当、しかしある理由により死刑は存置
>4と解釈出来るようなレスは今までの所無い。

いや、法律上は4だよ。
死刑も殺人行為になるが、
社会政策上免責されるだけのこと。
医師の医療行為も厳密には傷害罪にあたるが、
免責されてるってことに通ずる。



57 :朝まで名無しさん:03/08/26 20:55 ID:2LDQe1lh
>>56
「君は〜考えるか?」
という質問の答えに

なんで「法律上は」という答えがあり得るんだね?



58 :朝まで名無しさん:03/08/26 20:57 ID:2LDQe1lh
>>56
で君の立場は?

2?4?


59 :朝まで名無しさん:03/08/26 21:04 ID:2LDQe1lh
>>56
ところで俺は法律に疎いんで君の言ってる事の真偽は知らんが、
仮に事実だとして

「免責された行為であるが不当」という論理があり得るのかね?
「免責」されている以上、それは正当な行為ではないの?

60 :朝まで名無しさん:03/08/26 21:23 ID:ObpDZMaD
>>59
>>56はおかしいよ。

医師の医療行為は傷害罪の構成要件に該当するが、
違法性は認められない(阻却される)ので犯罪行為にあたらない。

医療行為は犯罪行為ではないのだから、免責という話にはならない。

61 :56:03/08/26 21:34 ID:yScaUdXG
すまんすまん。
うろ覚えで、レスしちまった。
だが、死刑自体は間違いなく殺人行為にあたるし、
そう言う意味では“不当”だろうね。
だけど、社会政策上必要だから、
死刑制度存置に賛成だ。


62 :朝まで名無しさん:03/08/26 21:38 ID:2LDQe1lh
>>60
どうもありがとう
>>61
それは君が「不当と解釈する」ってことだね。
つまり4だね、ありがとう。



63 :朝まで名無しさん:03/08/26 21:41 ID:2LDQe1lh
素人なりにちょっと調べた範囲での印象だが
このレベルの話は立場による解釈の分かれ目であって
どうも多数派、少数派が存在し得るようなレベルの話のような気がする。

つまり論理的に一つの解が存在するというような問題ではない。

64 :56:03/08/26 21:42 ID:yScaUdXG
つまり、「死刑はないにこしたことがないが、なければ困る」ってことだろうな。
そう言う意味では、宅間のような人間でも刑罰とは謂え殺したくはないが、
やむを得ないってことだろう。
なんか、変だな・・

65 ::03/08/26 21:52 ID:xxVp8ZsH
>>49
 可能性がどれくらいありそうか?っていう検証は行うべきじゃないの?
 存廃の根拠に挙げるならさ。

 ちなみに冤罪による死刑執行が判明した事例は戦後一件も無い。
 確定死刑判決が再審によって無罪になった事例は戦後で4件。



66 ::03/08/26 21:56 ID:xxVp8ZsH
>>52
 日本の法律に照らせば死刑は正当。
 死刑廃止国であれば死刑は不当。
 正当とか不当とか言うのは、法律に照らして判断した結果でしかない。


 個人的な感情としては、宅間は死刑にしても足りないくらいだと思うけどね。


67 ::03/08/26 22:02 ID:xxVp8ZsH
>>64
>宅間のような人間でも刑罰とは謂え殺したくはないが、
>やむを得ないってことだろう。


 オレの意見とは真逆だな。

 宅間みたいな凶悪犯に関しては、殺しても構わないどころか
むしろ積極的に殺したいくらいだが、制度としては死刑は廃止
した方が良いと思われるので、廃止した場合はそういう凶悪犯を
殺せなくなってもやむを得ない。 って感じだ。

68 :朝まで名無しさん:03/08/26 22:02 ID:aMnfW2FQ
>>65
存廃の根拠にはしないよ。
可能性として極端に低いものは根拠にならないと思うから。
再犯の可能性があるから存置だとか、冤罪の可能性あるから廃止なんてのは愚の骨頂。
再犯はないだろうという前提で恩赦や特赦があるんだろうし、脱獄はあってはならないもの。
それでも起こったときは事故であり、今後そういう事故がないようにすればいいだけ。
冤罪もいっしょ。

69 :朝まで名無しさん:03/08/26 22:02 ID:2LDQe1lh
>>66
>正当とか不当とか言うのは、法律に照らして判断した結果でしかない。

君がそう考えてるのはわかったが、
それ以前の個人的正当、不当の判断はあり得るよ。
それが無ければどうやって制度の是非を問うの?

>個人的な感情としては、宅間は死刑にしても足りないくらいだと思うけどね。
そんな事は聞いてないけどね。

想像通りの答えだったな。



70 :朝まで名無しさん:03/08/26 22:03 ID:6WEApDTT
論理的に一つの解が存在しない問題はなんだろう

1 死刑は残虐な刑と言えるかどうか
2 死には死というのが最低限与えなければならない応報であるかどうか

言葉使いとか変だったらすまん。
他にあるかなあ・・・ 

71 :朝まで名無しさん:03/08/26 22:07 ID:2LDQe1lh
>>68
或いは

どちらも同様に可能性が低いのであれば
「冤罪による死」と「脱獄者等の再犯による殺人」と

「どちらか一方のみ」が「絶対に0でないといけないモノ」と言えるかどうかという話になるね。



72 :朝まで名無しさん:03/08/26 22:08 ID:cGpUTt80
>>65
冤罪廃止論をぶつ奴にしてはえらく勉強不足だな
>ちなみに冤罪による死刑執行が判明した事例は戦後一件も無い。
こんなことを言うようじゃ、廃止論者にも非難される


73 ::03/08/26 22:15 ID:xxVp8ZsH
>>72
 間違ってる箇所を教えて。

74 :朝まで名無しさん:03/08/26 22:23 ID:cGpUTt80
>>73
西武雄って名前で調べてみな

75 ::03/08/26 22:31 ID:xxVp8ZsH
>>74
 西武雄って1968年に恩謝された7人の死刑確定囚のうちの一人じゃん。
 恩赦されたんだから死刑は執行されてないでしょ?


76 :西武雄:03/08/26 22:33 ID:MyBWDLBP
>1947年、博多市で闇ブローカー2人が殺された(「福岡事件」として世に知られている)。
>計画的な強盗事件として、1週間後に西武雄、石井健治郎を含む復員軍人ら容疑者7名を逮捕。
>7人はアメリカ側の軍事法廷で尋問を受けた後、日本の裁判に回されたが、
>このとき「速やかに裁判し、判決を報告すべし」という要望書をつけられた。
>まだ旧刑事訴訟法の生きていた頃で、証拠が無くても自供だけで被告にすることができた時代である。
>非道とも言える拷問の結果、いつの間にか西は主犯、石井が実行犯、残り5人が共犯者として強盗殺人事件として起訴。
>裁判で西、石井に死刑判決が下された。

77 :朝まで名無しさん:03/08/26 22:33 ID:yScaUdXG
亀井が死刑廃止論者になったのは、
確か警察時代に関わった事件により死刑になった人が実は冤罪だと知ったかららしい。
誰であるかは、知らないけど・・

78 :西武雄:03/08/26 22:37 ID:MyBWDLBP
>生死を分けた理由
>なぜ、生死を分けたかは諸説があって分からないが、有力な説として、以下のようなものがある。

>恩赦は刑(この場合死刑)を決めた犯罪に対して、罪を認めて悔悟している者にのみ適用される。
>石井は殺人罪を認めて、悔悟しているので恩赦対象になるが、死刑犯罪ではない窃盗罪しか認めない西は恩赦にできなかった。
>石井の恩赦は、有力者の働きかけもあるし、やるしかないが、やるとなれば共犯者の処遇も確定しなければならない。
>結局、死刑を執行するしかなかった・・ということらしい。


79 :朝まで名無しさん:03/08/26 22:40 ID:cGpUTt80
>>75
1968年に決まったのは該当者で恩赦がそのまま実行されたわけではない。
1975に西は執行
その7人の内、平沢とかも恩赦になってないぞ。


80 ::03/08/26 22:47 ID:xxVp8ZsH
>>79
 知らなかったよ。 ご教示多謝。


81 :朝まで名無しさん:03/08/26 22:48 ID:yScaUdXG
冤罪による死刑はあったし、今後も起きる可能性はあるだろう。
だからと言って、それを理由に死刑を廃止するのは愚の骨頂だ。

82 ::03/08/26 22:54 ID:xxVp8ZsH
>>81
 なんで?

83 :朝まで名無しさん:03/08/26 22:56 ID:MyBWDLBP
冤罪確定した事件はいずれも旧刑事訴訟法から新刑事訴訟法に切り替わった
前後約5年間の事件。(逮捕時)

最初の冤罪確定の免田事件は
白鳥事件決定という新基準が適用された結果。

つまり冤罪確定した事件の当時の司法制度と
現在の司法制度は同じとは言えない。

ちなみに西武雄氏の場合は戦後まもなくの事件

84 :朝まで名無しさん:03/08/26 22:56 ID:yScaUdXG
>>82

○法治国家(先進国)では、冤罪の危険性が少ない
○社会的要請

85 :朝まで名無しさん:03/08/26 23:00 ID:MyBWDLBP
>>83を訂正

>つまり冤罪確定した事件の当時の司法制度と
>現在の司法制度は同じとは言えない。



つまり冤罪発生当時の司法制度と、
現在の司法制度は同じとは言えない。




86 :朝まで名無しさん:03/08/26 23:02 ID:yScaUdXG
「100人の犯罪者を裁くより、
1人の冤罪被害者を出さないようにしたい。」(うろ覚えだが)
法道徳(?)としては正しいが、
単なる理念に過ぎない。
それを厳密に運用したら、司法自体成り立たなくなる。
冤罪が起きる危険性も承知の上で、
我々は法を司っているんだよ。

87 :朝まで名無しさん:03/08/26 23:26 ID:6WEApDTT
>>55
>人権の問題があるから部分的に応報を放棄すべしという廃止派は >>52だと3になる。

52の分け方だったら、人権により廃止派は2ではないの?

88 :朝まで名無しさん:03/08/27 00:58 ID:67swjOMw
また○氏が冤罪死刑反対論者ぶってるのか?
いい加減したら?

89 :朝まで名無しさん:03/08/27 02:00 ID:yDP7owTD
正直、廃止論は
「殺人は悪いことだから凄い効用がないならダメ」と
「人権の制限はアリでも剥奪はダメ」が
一番説得力があった。

それで在置派を納得させるのは無理だろうがね。

90 :89:03/08/27 02:06 ID:yDP7owTD
「殺人は悪いことだから凄い効用がないならダメ」ではなくて
「殺人は悪いことだからどうしてもという必要性がないならダメ」か。

どっちにしろ納得させるのは無理だけどね。
「凄い効用」にしろ「どうしてもという必要性」にしろ
基準が人それぞれだから。

91 :朝まで名無しさん:03/08/27 08:08 ID:azLYV7Nk
>>81
おまえは愚の骨頂だ。

92 :朝まで名無しさん:03/08/27 08:08 ID:azLYV7Nk
>>89
少しは頭を使ったようだな。

93 :朝まで名無しさん:03/08/27 08:33 ID:JNaA8law
>ID:azLYV7Nk

きちんと、持論を述べてくれ。

94 :朝まで名無しさん:03/08/27 21:07 ID:dJy7xG5m
明日は、宅間デーになりそうだね。

95 :朝まで名無しさん:03/08/28 00:07 ID:1WsxK49q
 尾形だっけ,あいつに拉致されて知り合いを殺すとこ見せられて,山につれて
かれた女の人,すごい恐怖だったろうね。逮捕されてもまったく反省してないし。
今後も絶対反省なんてしないだろ。あんな人の命を虫ケラの命ほどにも思って
ないやつに対する刑罰なんてマジ死刑以外ありえないだろ。死刑なんて全然
同害報復じゃないんだぞ?同害報復なら暗い山につれていって後ろからグサリ
とやって山に放置しなきゃない。おおまけにまけて死刑なんで懲役刑じゃまけ
すぎなんだよ。
 人権は等しく全ての人間がもってるなんてほんとにうざい考え方だよな。インテリ
や勉強厨みたいな純粋まっすぐ君たちは自分たちだけで理想の国作ってみんな
そこで暮らしてほしいよマジで。
 現実は宮崎や麻原や宅間,尾形みたいな欠陥商品ができてしまうのよどうしても。
人間だって動物なんだからさ。それを覆い隠してほらなんてすばらしい刑罰体系
だなんていうのは北朝鮮なみのうさんくささだな。牛ばかばか食っておいてクジラ
は守ろう,我々の国は自然を大切にしてます,なんていううさん臭さだ。


 まじでやつらみたいな人間のクズに対して命を保障してやりたいなんて感情
を持てるのかほんとに不思議だよ。

96 :朝まで名無しさん:03/08/28 00:10 ID:ve5j1yoH
>>95
>人権は等しく全ての人間がもってるなんてほんとにうざい考え方だよな

いや、基本的人権は全ての人間に共通だよ。
もちろん、ルールを破った場合、
刑罰を受けるのも甘受せにゃならんがね。
それを「死刑にならない人権」なんて頓珍漢なことを言い出すのが、
死刑廃止派どもだ。

97 :朝まで名無しさん:03/08/28 00:23 ID:cZfQiowc
>96
NOVAにでもいって、イギリス人あたりつかまえて「頓珍漢」と言ってこいw

98 :朝まで名無しさん:03/08/28 00:26 ID:dDzi7zsn
べつに廃止派じゃあないけどね、
人間のクズは殺されて当然、って正義感も
十二分に純粋まっすぐ君だと思うよ。

レッテル貼りはやめようね。

99 :朝まで名無しさん:03/08/28 00:26 ID:ve5j1yoH
>>97

頓珍漢って、英語に直すと?

100 :朝まで名無しさん:03/08/28 00:31 ID:0G+8udwg
>>97
なんで?
なんで言ってこなきゃいけないの?ねえなんで?

北朝鮮が頓珍漢だと思ったら北朝鮮人つかまえて頓珍漢って言わなきゃいけないの?

101 :朝まで名無しさん:03/08/28 00:33 ID:cZfQiowc
>>99
あなたのお国 is not to the point.
つうのはどうか?

102 :朝まで名無しさん:03/08/28 00:34 ID:ve5j1yoH
>>100

どちて坊やみたいだな。

103 ::03/08/28 00:37 ID:/WvElm0l
>>86
>それを厳密に運用したら、司法自体成り立たなくなる。
>冤罪が起きる危険性も承知の上で、我々は法を司っているんだよ。


 冤罪の被害を「無くそうとしている」わけじゃないのよ。
 冤罪の被害を「軽くしようとしている」だけなの。

 冤罪被害の発生自体は受け入れざるをえないけど、その被害の
内容に関しては、再検討の余地があると思うんだよね。


104 :朝まで名無しさん:03/08/28 00:38 ID:ve5j1yoH
>>103
>「軽くしようとしている」だけなの。

それが、死刑廃止運動かい?
それによるデメリットが、あまりにも大きいとは思わないかい?
 

105 :朝まで名無しさん:03/08/28 00:48 ID:cZfQiowc
>それによるデメリットが、あまりにも大きいとは思わないかい?

ここが分かれ目だな。死刑「特有」の抑止力があるのかないのか、で散々
争いがあり、決定打がないんだよ。



106 :朝まで名無しさん:03/08/28 01:06 ID:PtKdprEq
犯罪者が身の回りにいると気持ち悪いが、そういうのは洋の東西を問わず共通の感情みたい。
ある意味で、刑罰のシステムはそういう気持ち悪さを食い物にしてきたとも言える。
死刑というのは究極に気持ち悪くて忌避すべき犯罪に対する刑罰でなければならん。
ところが、現代社会は犯罪者の気持ち悪さを気にしなくなりつつあるわけで、
万人が気持ち悪いと納得できる犯罪ケースが成立しにくくなってきている。
刑罰のシステムの方もいろいろと論理武装するんだろうが、なかなかに難しかろう。

107 :朝まで名無しさん:03/08/28 01:07 ID:fjmHhzTs
全国民に匿名でアンケートとってみりゃいいんだ。

『1.あなたは相手を殺したいほど憎いと思ったことがありますか?』
『2.yesの人、殺人を思いとどまった理由に死刑の存在はありましたか?』
『3.もしも死刑が無かったらその人物を殺していたと思いますか?』

全部にyesの回答がひとつでもあれば抑止力はあるw

108 :朝まで名無しさん:03/08/28 01:14 ID:cZfQiowc
>107
まあ、それですむなら刑事政策の学者の存在意義なんてないわな。

どうせなら「死刑になりたくて、人を殺しました」つうのも追加しては?

109 :朝まで名無しさん:03/08/28 01:15 ID:dDzi7zsn
そりゃあ抑止力はゼロではないでしょ。
でも目立つほどの効果があるのかはかなり疑問。

110 :朝まで名無しさん:03/08/28 01:29 ID:lL3xF6PM
抑止力どころか相対的にマイナスに働くと言い出す人もちらほら・・・。

宅間の例を持ち出すのも結構だが、凶悪犯罪者にとっては
実質減刑になるわけだからねぇ。
廃止によって殺人が急増するなんて誰も思わないだろうが
殺されなくてもいい命がなくなって行く可能性は覚悟しないとね。

冤罪で死んでいく命と引き換えに・・・


111 :朝まで名無しさん:03/08/28 01:33 ID:vOr9hl3t
死刑がなくなれば凶悪な犯罪が増えるのは
目に見えている
俺は死刑は必要だと思う


112 :朝まで名無しさん:03/08/28 10:44 ID:Ir9Oky+g
宅間被告に不当判決。
いかなる理由があっても死刑は許されざる国家によるテロ行為。

113 :朝まで名無しさん:03/08/28 10:45 ID:URFo5BsY
●宅間守 @大阪池田小学校の児童殺傷
朝鮮人部落出身の密港在日
http://www.google.co.jp/search?q=cache:f0XmXcYvAS4J:www.geocities.co.jp/Outdoors-Marine/1235/ZAINICHI.htm+%E5%AE%85%E9%96%93%E3%80%80%E5%9C%A8%E6%97%A5&hl=ja&ie=UTF-8



こいつが日本人犠牲者に謝罪しないのは北チョンと同じ


              

114 :朝まで名無しさん:03/08/28 10:48 ID:EY4WFWTI
なんで死刑廃止団体は、大阪地裁前に集合し、
「不当判決!」の白い紙を持って走ってこないんだ?

115 :朝まで名無しさん:03/08/28 10:55 ID:Ir9Oky+g
>>114
ヴァカウヨに殺されるかもしれないからね(w


116 :朝まで名無しさん:03/08/28 11:03 ID:G18d0Vl7
死刑か・・・また日本が未開の国であるとヨーロッパ人に笑われることになったね。

117 :朝まで名無しさん:03/08/28 11:27 ID:Iycca0uo
そんな異常なマイノリティーを基準にされたら
ヨーロッパ人も迷惑だ。

118 :朝まで名無しさん:03/08/28 11:33 ID:Iycca0uo
死刑と終身刑を同等のものにして、被告が嫌がるほうを選択するってのはどうか。

119 :宅間守判決公判:03/08/28 11:43 ID:KqkTtJIZ
聡j!死刑判決

120 :段造 ◆b5w5DanzOU :03/08/28 13:15 ID:5hB3kdBJ
>>116
そういう主体性の無いことを言うと笑われるぞ。
宗主国、アメリカ様が死刑存置国家だから、大丈夫。

121 :tooo:03/08/28 13:32 ID:12LLIORb
>116
アジアの一国家
地誌的に異なり 民主国家の成熟度合いも違うし、卑下することはない
それ以上に 人間でないものを処罰してゆく感覚のほうが大事
戦争責任、近隣諸国への迷惑、逆に中国人留学生による一家惨殺等も
すべて同じ視点と、論理性で考えなければ。

122 :朝まで名無しさん:03/08/28 14:48 ID:GBGij83R
死刑になるのが確実になったから、
「死刑になるのは怖くない」と言ってるんだよね。
宅間は、実は臆病者なんだよ。

123 :朝まで名無しさん:03/08/28 16:50 ID:AVRG9nBT
死刑執行を確定後30日以内にする

とかいう法律があるって聞いたんですが、本当ですか?
あったら、条文コピペしてほしいのですが


124 :段造 ◆b5w5DanzOU :03/08/28 17:13 ID:/hwreSm6
>>123

死刑の執行は法務大臣の命令による(刑訴法475条一項)
前項の命令は、判決確定の日から六ヶ月以内にこれをしなければならない。但し・・・(刑訴法475条二項)
法務大臣が死刑の執行を命じたときは、五日以内にその執行をしなければならない(刑訴法476条)

死刑の言い渡しを受けた者が心神喪失の状態に在るときは、法務大臣の命令によって執行を停止する(刑訴法479条一項)

死刑は監獄内において絞首して執行する(刑法11条一項)


(参考)

125 ::03/08/28 17:35 ID:/WvElm0l
>>124
 よーするに法務大臣の思惑次第で、死刑に出来たり出来なかったりするって事ね。
 あ、もちろん死刑判決が確定している事が大前提で。

126 :朝まで名無しさん:03/08/28 17:57 ID:VbJyuYg1
↓犯罪は癖になる。酒が切れたアル中患者が気違いになり酒を求めるのと同じく、同じ犯行を繰り返す。写真を見て思い当たる人は、勇気を出して警察へ被害届を出して、損害賠償をしましょう。
 こんなクソガキの犯罪に泣き寝入りするほどバカなことはない。実名、顔写真を知って、自己防衛に余念のないよう警告します。

http://www.starblvd.com/aoiryuyu/fukuokarenzokugokanma.htm

127 :朝まで名無しさん:03/08/28 18:01 ID:Xq7saG/O
>>13
無礼だとはまったく思わない。あれは法律と同じで抑止力としての効果もある。
俺の意見では、国民全員が指全部及び、足の指の指紋もとるべきだと思う。

とかいう、俺は死刑反対論者w

128 :朝まで名無しさん:03/08/28 18:40 ID:wsTnxOaB
死刑廃止は宅間をあぼーんしてからにしてくれ

129 :朝まで名無しさん:03/08/28 18:48 ID:K92DsXIn
>>128

また、麻原、宅間のような香具師が出てくるさ。

「石川や浜の真砂子は尽るとも 世に盗人の種は尽きまじ」石川五右衛門

130 :朝まで名無しさん:03/08/28 19:04 ID:GBGij83R
法務大臣は死刑執行のサインをなるべく任期中にしたくないので、
選挙(もしくは内閣改造)直前に最後っ屁のように「死刑!」ってサインするらしい。

131 :126:03/08/28 19:49 ID:VbJyuYg1
訂正
損害賠償をしましょう。 → 損害賠償請求をしましょう。

未成年者の犯行の場合、親が賠償請求に応じるはずです。

132 :朝まで名無しさん:03/08/28 20:15 ID:2yn8s9Cd
>>110
現行の日本の司法下において何件の冤罪死刑執行があった?

可能性だけで語るのなら「死刑にしておけば起こり得なかった
再犯によって失われる命が有る可能性」も論じなければならない。

抑止ではなく「死刑になりたくて」犯罪を犯す人間の方が
死刑が抑止に働く人間より多くならない限り君の論理では廃止は導き得ない。

133 :朝まで名無しさん:03/08/28 20:30 ID:1wO87RQk
抑止力や冤罪死刑完全防止なんて、
死刑を存置(廃止)した際の+αのメリットでしかないと思ってたんだが。

冤罪死刑完全防止を理由とした廃止論者がいる、ってのはわかったけど
抑止力を上げるため、という理由の死刑存置論者はどのくらいいるの?
大抵の存置派の人はたとえ抑止力がゼロでも存置すべきと考えている、
と勝手に思ってるんだけど。

134 ::03/08/28 20:58 ID:/WvElm0l
>>133
>抑止力を上げるため、という理由の死刑存置論者はどのくらいいるの?

 死刑廃止の意見に対して「そんな事したら抑止力が下がって凶悪犯罪が
増えちゃうよ!」って反論する人はよく居るよ。
 「死刑が有ると抑止力が上がる」と「死刑が無くなると抑止力が下がる」
ってのは、理屈の上では対偶の関係にあるんだけど、感覚としてはイコール
じゃないのかもね。

 ところで、抑止力ゼロ(当然、代替刑に比べて、だよね?)でも、アナタが
死刑制度を支持する理由って何?


>>132
 レス番間違ってない?

135 :朝まで名無しさん:03/08/28 21:06 ID:u/z27UUY
おら、亀井、土井、保坂ら死刑廃止論者ども、宅間死刑判決に何かコメントしてみろや。
都合の悪い時はだんまり決め込んで、ほとぼりの冷めた頃にまたぞろ言い出そうなんて
虫のいいことかんがえてんじゃねえぞゴルァ!!

136 :朝まで名無しさん:03/08/28 21:08 ID:1wO87RQk
>>134
ああ、俺は消極的存置派。
「死刑は残虐か?」「人権の剥奪は許されないのか?」
「死刑のメリットとデメリット、どちらを重要視すべきか?」「刑による殺人は必悪悪か?」
このあたりの問題に論理的な答えが出せない。
自分の(直感的な)答えが正しいという自信も無い。
だから消極的存置。

137 :朝まで名無しさん:03/08/28 21:14 ID:78GvZbYh
今まで起こった冤罪死刑の事例が、旧刑事訴訟法の体質が
生き残ってたと思われる時代に限られる事を考えれば、
「現制度下での実例はない」と考えるべきなんだろうな。

冤罪実例での要因は警察の「自白強要」「拷問」「証拠捏造」

どれも残しておいてはいけないモノばかり。

それらを排除出来ないとしたら最早刑罰制度を云々するレベルの話ではないね。
民主主義社会の根幹に関わる問題。


138 :朝まで名無しさん:03/08/28 21:19 ID:2JW+xinb
>>134
Aであるなら、Bである。←対偶→ Bでないなら、Aでない。

抑止力があるがアプリオリであり、存置派を納得させるには、抑止力のないことを厳格にそして明確に提示しないと無理。
統計は、条件が違うから、あまり意味がない。(国際情勢、治安、経済状態、教育すべての因子が、廃止前後で異なる。)

139 ::03/08/28 21:25 ID:/WvElm0l
>>136
 なるほど。 そういう意見もアリだろうね。


>>138
 フォロー多謝。
 うろ覚えで使い慣れない言葉を使うもんじゃねーやな。


140 :朝まで名無しさん:03/08/28 21:31 ID:isIPJIV2
>>103
その論法で行くなら懲役刑も存置出来まいに。。。
「取り返しのつかない刑罰」はやるべきではないんだよ、君の論理なら。
最大限できて罰金刑までだね。

>>134
レス番間違ってなんていないよ。どの辺が間違ってる訳?

141 ::03/08/28 22:04 ID:/WvElm0l
>>140
>その論法で行くなら懲役刑も存置出来まいに。。。

 出来るよ。
 オレは「取り返しのつかない刑罰」全般に反対してるわけじゃなもん。


>レス番間違ってなんていないよ。どの辺が間違ってる訳?

 >>110自身は「(死刑は)抑止力どころか相対的にマイナスに働く」って意見の
持ち主なわけじゃなくて、「そう言ってる人もいるよ」って紹介してるだけ。
 そういう意味で、>>132はレスのつけ方が変だと思う。


142 :朝まで名無しさん:03/08/28 22:46 ID:sZgUuzVY
>>141
>110自身は「(死刑は)抑止力どころか相対的にマイナスに働く」って意見の
持ち主なわけじゃなくて

真っ逆さまだろ。彼自身がその意見の人間だよ、明らかにね。

>オレは「取り返しのつかない刑罰」全般に反対してるわけじゃなもん。

では、その線引きはどこな訳?
なぜ懲役刑なら取り返しがつかなくてもOKなの?

143 ::03/08/28 22:54 ID:/WvElm0l
>>142
>真っ逆さまだろ。彼自身がその意見の人間だよ、明らかにね。

 そうかな? オレは違うと思うけど。
 ま、ホントのとこは本人に聞かないとわかんないけど、オレが
読み間違えてるのかもね。


>なぜ懲役刑なら取り返しがつかなくてもOKなの?

 つかさ、懲役刑廃止して、罰金刑だけでやっていけると思う?

144 :朝まで名無しさん:03/08/28 22:57 ID:sZgUuzVY
>>143
そう言う問題ではないね。
やって行けるいけないではなく、君の論理展開の問題を指摘してるんだよ。
君の論理展開に従えばそういう事になるという事。

さらに言えば死刑廃止してやって行けるかどうかも薮の中なら懲役廃止してどうなるかも同じ事。

145 :朝まで名無しさん:03/08/28 22:58 ID:5f9eQx1Z
死刑廃止派、もっと頑張ってくれよ。
全然、歯ごたえがないぞ。
違った。手応え?


146 :朝まで名無しさん:03/08/28 23:01 ID:cZfQiowc
>さらに言えば死刑廃止してやって行けるかどうかも薮の中なら
>懲役廃止してどうなるかも同じ事。

詭弁だな。EU諸国が暴動も起きずに平穏に運営されていることからも
あきらか。ボルトがルは1887年から死刑はないが問題あるか?


147 :朝まで名無しさん:03/08/28 23:03 ID:lkCVK/IU
今TBSに菊田が出てるぞ!!

148 :朝まで名無しさん:03/08/28 23:03 ID:sZgUuzVY
>>146
日本とそれらの国は同じなのか?
どのような根拠から同じ展開が起こると確証を得ているの?
また、懲役刑廃止の場合はやって行けないとする根拠は何?

149 :朝まで名無しさん:03/08/28 23:04 ID:cZfQiowc
>>145
人の本能からしたら(情愛とか)、死刑制度(というか強烈な刑)を
支持するのが自然なんで廃止派が「迫力」なんか出せるわけないだろ?
後から「おかしいとこあるよな死刑制度」つう程度だ。

150 :朝まで名無しさん:03/08/28 23:04 ID:gkmhJsNk
菊田は、論理が滅茶苦茶だよ。
昔、講義を受けたことがあるがね。

151 :朝まで名無しさん:03/08/28 23:08 ID:cZfQiowc
>>148
懲役刑には抑止力がある。死刑に”も”抑止力はある。
しかし死刑「特有の」抑止力は証明されていない。

152 ::03/08/28 23:09 ID:/WvElm0l
>>148
 死刑廃止してる国なんて何十もあるけどさ、懲役刑廃止してる国なんてある?

 これを「日本ではやってないという意味では一緒」なんつー理屈で同一線上で
語っちゃうのは、明らかに詭弁だと思うよ。
 



153 :朝まで名無しさん:03/08/28 23:11 ID:KzM0bfvu
新銀河帝国にも死刑はあるよ
ね。シュタインメッツ

154 :朝まで名無しさん:03/08/28 23:12 ID:sZgUuzVY
>>152
社会実験という意味では同じだね。
死刑廃止だって最初に行った国があるわけさ。
懲役廃止の最初の国になるべきだと主張しないのかい?
君の論理展開ならそう主張するのが自然なんだよ?

>>151
証明された懲役刑特有の抑止力があるとは初耳だね。
是非御教授願いたいものです。

155 :朝まで名無しさん:03/08/28 23:16 ID:cZfQiowc
>154
危険運転致死傷罪の創設等の厳罰化など→事件数減少。

新聞にも載ったと思うがねえ?刑罰の名宛人が「まともな人」なら効くことは
立証されている。



156 :朝まで名無しさん:03/08/28 23:19 ID:sZgUuzVY
>>155
それが「懲役刑特有」である事が証明されたのかを訊いているのだけど?
訊いているのはあくまで「「特有の抑止力の証明が為されたのか」ということ。
それ以外は何一つ訊いていないよ。ごまかしはやめてくれ。

157 :朝まで名無しさん:03/08/28 23:24 ID:cZfQiowc
>156
なんだごまかしつうのは、礼儀作法覚えてから書き込め。

「死刑がなければ事件が増える」と存置が言ってるのは証明されているのか?
だからといって君のような粘着はしないがね。

158 :朝まで名無しさん:03/08/28 23:25 ID:e/731EzC
>>156
懲役刑はデフォだから、特有の問題は生じない。

159 :朝まで名無しさん:03/08/28 23:28 ID:sZgUuzVY
>>157
おいおい、だれが 「死刑がなければ事件が増える」なんて言ってるんだ?
君自身の書いた>>151のケツぐらいは自分で拭いたらどうだ?
それとも適当な事を言ったのか?
「特有の抑止力」が証明されないのなら死刑廃止は構わないというのなら
それが証明出来ない懲役刑も同じだぞ?
ごまかしはやめてくれよ。それが証明出来ないのなら素直に出来ないといってくれ。

160 ::03/08/28 23:34 ID:/WvElm0l
 話の途中悪いけど、ID:sZgUuzVYはやっぱ>>110を誤解してない?
 よくよく読み返しても、やっぱ>>142の解釈は違うと思うんだけど。


161 :朝まで名無しさん:03/08/28 23:37 ID:sZgUuzVY
>>160
彼が廃止派でないのなら決定的に「冤罪で死んでいく命と引き換えに・・・」
という発言はおかしい事になる。
しかも彼はこの一文を文末に、さらには強調の為に1行あけるという事までしている。
彼のスタンスは明らかに廃止だよ。

162 :朝まで名無しさん:03/08/28 23:39 ID:cZfQiowc
>>159
根本的にわかってない馬鹿のようなので、自信はないが・・

犯罪には「刑」が必要だ(証明いるかw)。応報とも社会防衛とも言える。
罰金・懲役・死刑などが刑として存在する。これらには抑止力があると言わ
れる(>>159に言わせりゃないらしいw)が、本来は「応報」「社会防衛」
の為に導入されたんであって「抑止力は」副次的効果。
だから、抑止力が仮に懲役刑に無いとしても、>>159以外は「懲役刑もなく
したら」とは言わない。繰り返すが刑罰の目的が「応報」「社会防衛」だか
ら。

で「死刑特有の」(終身刑等なら犯行するが、死刑になるならやらない)は
誰も証明に成功していない。しかし刑罰一般で言えば短気な>>159が傷害行為
もストーク行為も犯していないことからも抑止力は証明される





163 :朝まで名無しさん:03/08/28 23:44 ID:sZgUuzVY
>>062
何度言わせれば気が済むの?
>で「死刑特有の」(終身刑等なら犯行するが、死刑になるならやらない)は
誰も証明に成功していない。

懲役刑でそれに成功した人はいるの?

>繰り返すが刑罰の目的が「応報」「社会防衛」だから。

それが懲役で「なければならない」事は証明されたの?
保護観察や罰金では出来ない事は証明されたの?
そして、それが目的なら死刑はあっても構わないんじゃないの?

悪いが君が長々とかいている事は 何も答えていないと同じだよ。

164 :朝まで名無しさん:03/08/28 23:46 ID:G8Q3RvIl
>>162
刑罰の目的が「応報」「社会防衛」なら
「報いとしては死刑以外認められない犯罪行為」があると多数が認識する時点で
死刑の存置の理由になってしまうな


165 :tooo:03/08/28 23:46 ID:12LLIORb
刑罰は、常識ある人間の日常に対しては、抑止力になる。
しかし、切れやすい等の犯罪者が犯罪を犯すときに、
抑止力となるかどうかは、かなり疑問。
むしろ、どーせ死刑だどんどん殺ったれ、みたいなことに
ならないとも限らない。
しかし、死刑賛成。

ところで、宅間以降、死刑廃止論が止まってるような感じですが?

166 :朝まで名無しさん:03/08/28 23:47 ID:MPkvgp3v
http://www.memorize.ne.jp/diary/02/23153/
こいつの日記に死刑の事かいてあるぞ

167 :朝まで名無しさん:03/08/28 23:48 ID:gkmhJsNk
刑罰による抑止力は、実際に実証するしかない。
今のところ、現行制度下においては、
死刑以外の刑罰の抑止力は証明されている。
それから類推すると、死刑の抑止力はあることになる。
もちろん、実証されたわけじゃないから、
絶対とは言えないがね。
外国の例を持ち出しても、
いろいろな要因が異なるので必ずしも日本人に当てはめることが正しいとは言えない。
これで良い?


168 :朝まで名無しさん:03/08/28 23:49 ID:cZfQiowc
>>163
馬鹿だねえ君は。懲役刑が問題になっていなのは君も含めて
「懲役刑反対運動」が起きていないことからも明らかだろうに。
君が始めるなら、それはそれで立派なこと。

しかし「死刑制度廃止運動」つうのは存在する、それらに対して
「懲役も廃止したら」ってあーたねえ。自分でやれ。


169 :朝まで名無しさん:03/08/28 23:50 ID:6WX57XrO
>>162
つまり死刑特有の抑止力議論というものは

「仮に国民が死刑廃止に納得したと前提した時に」

「死刑に存置根拠があるかないか」という議論にしかならないわけだね。

一方で「終身刑で100%の再犯防止の保証は可能か?或いはそれは必要か?」
という議論もそれには含まれるわけだが。

170 :朝まで名無しさん:03/08/28 23:51 ID:6WX57XrO
>>169
ところが
>>169の前提が成り立ってないわけだから

あんまり意味のある議論とは思えないんだよな。


171 :朝まで名無しさん:03/08/28 23:54 ID:sZgUuzVY
>>168
とうとう逃げの一手を打ちますか、ご苦労さん。

私が問題にしていたのは廃止派の論理展開なんだよ。彼らの死刑廃止論の論理構造から言えば
懲役刑もまた廃止すべき刑罰である事になるというね。
そのことすら理解出来ずに横から首を突っ込んできて珍論を言ってるのが君なのさ。
ケツすら拭けないような事なら言わなきゃいいのに。。。


172 :朝まで名無しさん:03/08/28 23:55 ID:Iycca0uo
○さんは刑罰の上限については論理的に下げようとするけど、なぜか下限の歯止めの話になると、
「現実的には」「ある程度しか」「そんなことしてる国はない」のような客観性が欠落したお話になるから
反発されるんだな。どっちかに絞った方がいいと思う。

173 :朝まで名無しさん:03/08/28 23:57 ID:e/731EzC
>>162
今の刑罰論では、応報には修辞以上の意味はなくなりつつあると言えそうだがな。

174 :朝まで名無しさん:03/08/28 23:57 ID:e/731EzC
>>171
だから、身体拘束は刑事司法のデフォなの。w

175 :朝まで名無しさん:03/08/28 23:58 ID:J3s5Wkva
宅間がこのまま死刑確定となれば
最速何日後に執行となるんだろうか

176 :朝まで名無しさん :03/08/28 23:58 ID:qAIkEOrw
>168
死刑廃止は「人間は改心する(又は人格改造しうる)」が根拠であって
懲役実施は「改心しなくても痛みは抑止力になる」でないの?
よって立つものが違うのになぜ懲役刑反対運動なんてありうるのかなぁ。



177 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:02 ID:mTtjaxT7
>171
ケツが好きな奴だなおまえは。

@死刑にすると(懲役と違い)冤罪の場合の取り返しがつかない(廃止派)

Aいや、懲役刑でも取り返しはつかんだろう(存置派)

Aを土台にして「>廃止派の論理展開なんだよ」つうてもただのいちゃもん。
@を前提にもう一度論理をなぞったら・・・つうても無理だよな。

178 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:05 ID:15ard6NF
>>177
>死刑にすると(懲役と違い)冤罪の場合の取り返しがつかない
「懲役と違い」ってのは存置派は認めてないと思われる

179 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:05 ID:VJma88BF
>>177
冤罪の取り返しがつかない事が廃止の理由なら懲役も同じだろうに。。。
二枚舌を使い分けるのかい?

180 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:06 ID:udY/drWm
>>176
こと○氏に限っては理屈の上ではありうる。
氏が死刑廃止の理由に上げているのは冤罪被害の軽減だから。

181 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:11 ID:udY/drWm
>>177-179
「撮り返しがつかない」というところが曖昧なんだよね。
まぁ、別に曖昧でもいいんだけど、廃止派の話をつきつめると
結局は「命を奪うことはいけない」という話になってしまう。

だったら、最初からそう言えよ、と(w

182 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:11 ID:5fens5hG
>>161
話の流れと関係なくてすまんが、
>>110の最後の一文は、
冤罪で死んでいく「はずの」命と引き換えに・・・
という意味ではないかなあ、と。
文章的にはあきらかに在置派なわけだし。

183 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:13 ID:VJma88BF
>>182
それならそう書かないと意味が真っ逆さまの文になっちゃう訳だが。。。

184 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:13 ID:yqHXzNyb
↓犯罪は癖になる。酒が切れたアル中患者が気違いになり酒を求めるのと同じように、同じ犯行を繰り返す。写真を見て思い当たる人は、勇気を出して警察へ被害届を出して、損害賠償請求をしましょう(親が支払うことになるはずです。)。
 こういう奴は、損害賠償請求ぐらいは最低でもしないと、何の痛みも感じていないはずです。クソガキの犯罪に泣き寝入りするほどバカなことはない。実名、顔写真を見て、自己防衛を怠りなく。

http://www.starblvd.com/aoiryuyu/fukuokarenzokugokanma.htm

185 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:13 ID:l26jG7Br
>>179
まずもって法益の重さが法的社会的に違いすぎるんだよ。

186 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:15 ID:mTtjaxT7
>>178
>177には、@が「廃止派」で、Aが「存置派」と書いてある。

>>179
死刑になった後、無罪証拠が出てきても再審はできない。
外に出て牛丼も食えない。

しかし、懲役の受刑者は再審無罪となれば、外に出て牛丼が食える。



187 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:15 ID:tCJvY2qv
久しぶりに馬鹿馬鹿連発してる奴を見た。

>>177
懲役でついて死刑でつかない取り返しというのは何なのか説明してみてよ。
何が・誰にとって・どのように、取り返しがつかないのか。

188 ::03/08/29 00:15 ID:b1Rcrs8W
>>172
 上限も下限も、現実的な範囲で論理的に判断してるつもりよ。
 図にするとこんな感じ。


 <現実的上限>
  (論理的上限)


  実施する刑罰 ← コレはどの辺に設定するのがイイのかな?  


  (論理的下限)
 <現実的下限>


189 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:16 ID:bgt1w+Fc
>>180
それは○氏を高評価しておりますな。
俺は死刑廃止の為に冤罪を持ち出しているとしか思えんけど・・

190 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:16 ID:/NIeya2d
>>186
存置派だったが、確かに牛丼の違いは大きいよな。

191 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:16 ID:udY/drWm
>>185
要するに冤罪で生命以外のものが奪われるのは容認するけど
冤罪で生命が奪われるのは容認できないってことだよね?

192 :176:03/08/29 00:16 ID:UHPSsQf5
刑事罰の目的は更正か示威かどちらかだと思ってたよ・・
冤罪被害の軽減って量刑の根拠になるの?

193 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:17 ID:l26jG7Br
>>187
>185

194 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:18 ID:mTtjaxT7
>死刑になった後、無罪証拠が出てきても再審はできない。

刑事訴訟法オタクが「439条をしらんのか」とか揚げ足とるなよ。
本人にとって意味が無いのは確かだから。

195 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:19 ID:l26jG7Br
>>191
容認とは違うだろ。
窃盗を死刑にしないことは窃盗を容認することにはならない。

196 ::03/08/29 00:19 ID:b1Rcrs8W
>>182
 うーん、オレも>>110の最後の一文はそういう意図だと思うんだよねぇ。
 「宅間の例」ってのも、「「宅間みたいに死刑になりたいから犯罪を犯す
ヤツも居るぞ」って廃止派は言ってるけどさぁ」つー意味だと思うし。

197 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:19 ID:udY/drWm
>>188
そういうことならなんというか価値判断の話になるんでないかい?
どこらへんが適当かという・・・

198 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:19 ID:l26jG7Br
>>194
このスレの奴は、ヲタクじゃないが、必ずそう言う。

199 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:20 ID:udY/drWm
>>195
制度上のリスクを許容するという意味>容認

200 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:21 ID:l26jG7Br
>>199
冤罪自体は不可避だから、そういうことになるね。


201 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:21 ID:15ard6NF
>>186
>177には、@が「廃止派」で、Aが「存置派」と書いてある。
だから廃止派の
>@死刑にすると(懲役と違い)冤罪の場合の取り返しがつかない
って前提など存置派には認められてないんだから
それを前提に言っても無意味ってことよ。

@を前提にしたかったら、「懲役と違い」の部分が存置派に納得されなければならない



202 ::03/08/29 00:21 ID:b1Rcrs8W
>>192
 法廷で量刑決める時の根拠になるとは思えないけど、
国会で法整備する時の根拠にはなるんじゃない?
 性格としては再審制度なんかと一緒なんだし。

203 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:23 ID:uIV36pOW
>>195
容認で問題ないじゃん。容認で悪けりゃ看過の方がいいか?

懲役による冤罪被害のうち取り返しのつかないものについては
これを問題としないわけだから、例が不適当だよ。



204 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:23 ID:5fens5hG
「命を奪う」という事に特別な意味があると思っているのは
廃止派も存置派も同じ、って事なのかな。


205 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:24 ID:l26jG7Br
>>201
君らが納得するかなんてどうでもいいこと。
生命と行動の自由では法益が隔絶していることは社会的に認容されていることだから。

206 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:24 ID:bgt1w+Fc
>○氏

死刑には終身刑では代替できない応報的価値が有るのを認める?

207 ::03/08/29 00:25 ID:b1Rcrs8W
>>197
 ごめん>>188の図は間違い。


 <論理的的上限>
  (現実的上限)


  実施する刑罰 ← コレはどの辺に設定するのがイイのかな?  


  (現実的下限)
 <論理的下限>


 要するに「理屈の上ではアリな話でも、現実的に無理ならダメなのよ」ってスタンス。


208 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:25 ID:udY/drWm
>>200
で、冤罪を根拠に死刑廃止ってことは
リスクとして生命侵害は容認できないけど
それ以外は容認するってことだよね。


209 ::03/08/29 00:28 ID:b1Rcrs8W
>>206
 オレ、「応報」ってのは感覚モノだと思うんだよね。
 どっかに応報の値を測る計器があるわけでもないしさ。

 だから、「死刑には終身刑では代替できない応報的価値が
有ると感じる人が居る事」は認めるよ。


210 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:28 ID:l26jG7Br
>>208
いいや、基本的には、生命と行動の自由と金銭との比較。

211 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:28 ID:15ard6NF
>>202
なんないよ。

刑法で決めるのは
「(犯罪名)〜した奴は(刑罰名)〜」という形
それに適合するかどうかを裁判で争うわけで
「〜した奴」であることが認められる(つまり有罪の)人間にしか刑法は適用しないと考える。


212 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:29 ID:udY/drWm
>>205
>生命と行動の自由では法益が隔絶していることは社会的に認容されている
からといって冤罪という話において両者を隔絶した扱いをしなければならない
ということにはならない。
少なくとも理屈の上では。


213 ::03/08/29 00:29 ID:b1Rcrs8W
>>208
 現実に容認しないわけに行かないでしょ。
 財産刑だけで世の中やってけるわけ無いんだしさ。

214 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:30 ID:l26jG7Br
>>203
そもそも刑事司法では身体的拘束は、廃止は不可能なんだよ。
問題にしないとか認容とか言う話にはならない。

215 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:31 ID:tCJvY2qv
>>193
えー
あんたに聴いてないし、答えにもなってない。

>>186
それってのは囚人が獄死しないという前提なら絶対的根拠になるけど、
実際には終身刑なら冤罪を晴らせなかったら確実に死ぬし、高齢者は
普通の懲役刑でも死ぬかもしれない。
要するに、手を下す人がいるかいないかというだけで、冤罪死はゼロになるわけではないから、
(むしろ死刑がなくなったら増える可能性すらある)程度問題にしかならない。

ここで、無辜の囚人を手にかける罪を役人に犯させないため、というならまだ納得できる。

216 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:31 ID:bgt1w+Fc
>>209
冤罪死刑のみを反対しているあなた自身の考えを聞いているのですが・・

217 :tooo:03/08/29 00:31 ID:7y0ar/+z
冤罪、冤罪、っていうけど、最近の日本に冤罪で死刑ってあるの?
昔は、平沢とか、冤罪は多かったような気がするけど。

幼稚園の水槽で、園児の死体発見されたのは、幼稚園の先生は、
冤罪で無罪、ってことになったし(オイにとっては?事件そのものが分かんない)、
小学校生だったか?、何年も経って、火災になった?アパートの押入から
遺体が発見され、当時そのアパートに住んでた女が問われたけれど、
無罪(死体遺棄?)に済んじゃってるし(オイには限りなくクロ)、
もはや、怪しきは怪しからず、の状態になってしまったんではないの?

218 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:31 ID:l26jG7Br
>>212
しかし失われる法益に応じて違った対応をするという社会的コンセンサスが既にあるんだ。

219 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:32 ID:yqHXzNyb
俺は少年法が触法少年の肖像をオープンにしてはいけないと定めていることに疑問を
感じている。凶悪犯人の被害者は殺され損になりかねないのに、何を暢気なことを定めているのか。
新たな被害者が憲法で定められた人権を回復できない残虐な方法で奪われたとしても、クソ
ガキの人権を考えなくてはならないのか。さらに俺が危惧するのは、再犯の可能性だ。
過去の統計を直視すると、刑務所出所後の再犯の可能性が高いのであれば、何らかの対策を考えなくてはならない。
俺は、国民が自己防衛をするために、氏名と肖像を公開すべきだと考える。これでも犯罪が減らなければ、
警察へ住所、勤務先、連絡先等を一定期間届け出る措置を採るべきだ。

あなたは、凶悪犯罪人の加害行為の被害者になってもかまわないのか。


220 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:32 ID:l26jG7Br
>>215
どのような場合でも、自然死は無視するしかない。

221 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:33 ID:l26jG7Br
>>219
たしか少年の再犯率は、成人より低いはずだが?

222 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:33 ID:udY/drWm
>>207
理屈で死刑廃止を訴えるなら・・・

理屈の上ではアリな話は、現実的にもアリ
現実的に無理なら、理屈の上でも無理

・・・であるべきなんだけどね。

223 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:34 ID:15ard6NF
>>205
死刑を回避するほど隔絶しているかは知らないな
「冤罪の懲役は容認するけど冤罪がでるなら死刑は廃止」ってのが社会的に認められているなら別だけど

224 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:34 ID:l26jG7Br
>>222
あくまで法的な理屈ね。
法的にはもうコンセンサスができている。

225 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:34 ID:bgt1w+Fc
>>220
獄死が自然死なら監禁致死も自然死と言う解釈でしょうか?

226 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:35 ID:udY/drWm
>>221
少年の再犯って、成人するまでの再犯ってことでなかった?

227 ::03/08/29 00:35 ID:b1Rcrs8W
>>211
 刑法”で”決める時の話じゃなくて、刑法”を”決める時の話なのよ。
 死刑廃止論議ってのはさ。


228 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:36 ID:uIV36pOW
>>214
単なる身体的拘束の話じゃないよ。
刑としての長期間の拘束の話。

論理的に不可能というわけじゃない。
現実的に不可能と言うだけの話。

だから容認してるでなんの問題もない。


229 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:37 ID:l26jG7Br
>>222
つまり、法益という言葉からしてわかるだろ。
>>223
だから、法益の違いに隔絶したものがあることは、言うまでもないんだ。どの世界でも。
それと何度も言うが、監禁は刑事司法では不可欠なんだよ。

230 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:37 ID:mTtjaxT7
>>217
仙台筋弛緩殺人事件。あれが有罪なら「死刑以外ありえんが」
冤罪なら取り返しがつかない。

231 ::03/08/29 00:38 ID:b1Rcrs8W
>>216
>>67を参照のこと。


232 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:38 ID:l26jG7Br
>>228

生命刑、身体刑だろうが、どんな刑罰でも重ければ重いほど拘束は不可避。
論理的とか現実的という以前の話。

233 :219:03/08/29 00:39 ID:yqHXzNyb
警察に届け出た事項はもちろんオープンにして、国民に注意を促す。
平和な国日本の犯罪もアメリカと似た様相を呈してきたことに驚きを隠せない。

自由民主党の先生方は、事態を深刻に受けとめて、迅速に法改正をしていただきたい。



234 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:39 ID:15ard6NF
>>227
だから、決める時に
刑法が適用されるのは犯罪を犯したと認められる者にたいして
って前提で決めるんだよ。
それじゃなきゃ犯罪者の可能性だけでも刑罰を課しうる根拠を与えてしまう


235 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:41 ID:mTtjaxT7
仙台筋弛緩殺人事件。あれが有罪なら「死刑以外ありえんが」
冤罪なら取り返しがつかない。
   ↓
予期される反論「だからこそ三審制がある」
   ↓
再反論「裁判官の出来不出来で左右されるのは不安定過ぎる」

236 :176:03/08/29 00:41 ID:UHPSsQf5
いやぁ
結局「犯罪者も必ず直る」か「直んないやつは直らない」かどっちかってことだろ。
無限に再審できないんだから冤罪ってのは可能な限り減らすしかできないんだし。

237 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:41 ID:fNtu+Me+
チカン冤罪被害者の会の奴が電車で盗撮して捕まった事件があったが、
そういうことを考えると、冤罪って結局言ったもの勝ちだと思う。
それに冤罪について言うならば、何の為の裁判だ?

238 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:42 ID:yqHXzNyb
延々と死刑廃止or存置の論議が続いているようだ。

宅間のような犯罪人がいる一方で、冤罪の可能性もある事件があるというので
あれば、死刑は存置すべきだ。

国民の90%以上の意見だと思う。

239 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:42 ID:udY/drWm
>>218
「対応をする」と「対応をしなければならない」は違うよ。

罰金刑と懲役刑でも冤罪を考えると失われる法益は違うけど、
異なった対応をしようという話はないでしょ?

240 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:44 ID:l26jG7Br
>>225
刑法上の監禁致死には、自然死は入らないよ。

241 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:44 ID:mpsPsIox
人を殺す権利は、誰にもない。
   ↓
人を殺したら、死刑になるのもやむを得ない場合がある。
   
冤罪で死刑になる場合があるので、死刑は廃止すべき。
   ↓
先進国で法治国家である日本では、その危険性は皆無に近い。
仮に冤罪で死刑になったとしても、人間がやることなので社会は甘受せねばならない。
   
宅間のように死刑を覚悟して殺人を犯す者がいる。
死刑に、犯罪抑止力はない。
   ↓
他の刑罰と同じように、死刑には犯罪抑止力があると思われる。
宅間のようなレアケースを持ち出して、死刑の犯罪抑止力を否定するのは噴飯もの。
だが、日本で死刑を廃止して実証したことがないので、
“絶対に”死刑の抑止力があるとは言えない。
死刑廃止の諸外国のケースを持ち出しても、
いろいろな要因(死生観・治安・民度)が異なるので日本に当て嵌まることはできない。


242 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:44 ID:eRt107M1
>>232
罰金刑があるじゃん。

243 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:45 ID:5fens5hG
>>236
「犯罪者も必ず直る」から死刑廃止って人は実は少ないんじゃないかなあ、
というのが個人的推測。

244 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:45 ID:bgt1w+Fc
>>231
だから刑罰論としてはあなた自身がどう考えてるの?
死刑には終身刑では代替できない応報的価値が有る?無い?
個人的感情ではでは無く死刑議論の是非として答えて。
あなたの理屈の根本に関わる事だからちゃんと答えてね。

245 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:46 ID:l26jG7Br
>>239
これだけ法益に隔絶したものがある場合、法益概念を前提にすれば無視することは無理だね。
異なった対応って?金銭補償の原則があるんだよ。

246 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:47 ID:tCJvY2qv
ID:l26jG7Brはうっとおしいな。相手にしてほしいのか?

>>220
だからあんたにはきいてない。答えにもなってない。自然死の話もしていない。
脊髄反射は止めてくれ

247 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:48 ID:eRt107M1
現在の所、応報としての死刑に国民が納得している以上、
機能的根拠の証明が無い事に大した意味は無いよ

248 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:48 ID:mTtjaxT7
>241
臓器移植問題でも、同じような問題は(死生感、国柄等々)
あったな。あのころと今とでは国民の捉え方もだいぶかわったね。


249 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:50 ID:eRt107M1
>>245
異なった対応というのが「根拠の証明」というコンセンサスは別にないね。

250 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:50 ID:bgt1w+Fc
>>240
はぁ?自然死か否かの話をしてたのに「刑罰」だからと言う返しなら
死刑も「刑罰」だからと言うしかないけど・・・

251 :朝まで名無しさん :03/08/29 00:51 ID:UHPSsQf5
>死刑には終身刑では代替できない応報的価値が有る
直んないやつは直らないじゃだめ?

252 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:51 ID:mpsPsIox
死後の世界を教え込んでいる宗教を信じている人々は、
自らの命を懸けて自爆テロなどを行う。
日本人のように宗教観が概ね希薄な国民は、
死刑の犯罪抑止力は大きい。
違うか?


253 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:54 ID:l26jG7Br
>>242
罰金等を払わない場合、どうなるか知らないの?

254 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:54 ID:5fens5hG
>>247
同意。
積極的存置論は応報感情がやはり一番説得力があるかと。
廃止派がかたくなに「命を奪う」ことに意味があることを認めないのは
応報存置論を攻撃する材料が無くなってしまうから?とちょっと邪推。

255 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:55 ID:udY/drWm
>>245
>これだけ法益に隔絶したものがある場合
ほら、理屈で話していたハズがだんだん曖昧になって来たでしょ(w
「これだけ」とかさ。

>異なった対応って?
生命>自由>財産だから、冤罪での侵害について生命については
死刑廃止で対応するとして、自由と財産はどうするの?
法益の重さが違うと対応を変えないといかんのでしょ?


256 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:55 ID:l26jG7Br
>>250
意味不明ですな。

257 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:57 ID:eRt107M1
>>253
関係ないじゃん。


258 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:58 ID:mpsPsIox
>>254
>積極的存置論は応報感情がやはり一番説得力があるかと。

その中でも、厳罰化希望派と現行制度容認派に分かれるんじゃないの?
日本では、1人殺したくらいでは死刑にならない。
このことに、忸怩たる思いをしている人は結構多いと思うよ。
足立区コンクリ殺人だって、大人でも死刑にならないくらいだからね。
同じように死刑制度を運用している国でも、
死刑になる罪は様々だからね。

259 :朝まで名無しさん:03/08/29 00:59 ID:l26jG7Br
>>255
金銭や行動の自由と、生命では法益に隔絶していると言っているだけだが?
なんであれ金銭賠償の原則で処理されるがな。
それに財産刑はあくまで自由刑に至らない刑としてしか意味がないしね。

260 ::03/08/29 01:00 ID:b1Rcrs8W
>>247
 街の中ではその通りだと思うけど、国会議事堂の中ではまた違ってくると思う。

 って言うか思いたい。

261 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:00 ID:eRt107M1
>>254
出来れば応報には触れたくないんだろうね。

262 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:00 ID:l26jG7Br
>>257
つまり拘束は不可避なんだよ。w

263 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:01 ID:tCJvY2qv
>>207
てことは、上限を下げるために使った論理を突き詰めると、現実的でないところまで下がっちゃう
ということを知った上であえて存置派に対する武器として使ってるって事?
それがダブルスタンダードに見えるんだと思うが。

そんなことするなら「なぜ現実的なのか」の説明をしてそっち一本に絞ったら?

264 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:01 ID:bgt1w+Fc
>>256
ん?あなたは自然死か否かで判断してたんじゃないの?

265 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:01 ID:l26jG7Br
>>261
応報自体が刑法学的には死滅しつつあるってこと。

266 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:02 ID:udY/drWm
>>265
>応報自体が刑法学的には死滅しつつあるってこと。
嘘いっちゃいかんよ(w


267 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:02 ID:tCJvY2qv
>>250
普通は意味わかるから安心してください

268 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:03 ID:l26jG7Br
>>264
いや、意味不明だな。
監禁しても、因果関係がないただの自然死では監禁致死罪は成立しない。
同様に、懲役中の自然死と懲役を関連づけることはできない。



269 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:03 ID:l26jG7Br
>>266
よくよく調べてごらん。w

270 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:04 ID:mpsPsIox
宅間スレが、この板には6つもある。
死刑になるような犯罪を犯した者は、
やはり世間が興味を示すんだね。
それだけ、死刑には特別な意味があるってことだよ。


271 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:06 ID:l26jG7Br
>>270
人間の素朴な感情にマッチするんだ。
昔は死刑は日本でもどこでも最大の娯楽の一つだったしね。

272 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:06 ID:udY/drWm
>>269
何を調べたら「応報自体が刑法学的には死滅しつつある」なんて
話になるんだい?(w

273 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:06 ID:bgt1w+Fc
>>268
じゃあ聞くが平沢の獄死は監禁となんら関係ない自然死なんだな?

274 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:06 ID:l26jG7Br
>>272
まぁいろいろだな。w

275 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:07 ID:eRt107M1
>>262
馬鹿か。

現実的に不可避って事じゃないんなら

罰金刑において罰金を払わないものについては
処罰出来ないだけの話。

現在の制度で犯人を補足出来なかった場合と同じ事。

制度上の限界で問題ない。

問題なのはそれでは現実的に見て治安が維持不可能だと言うこと。

これでわかったかな?

もうレスしないよ。

276 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:08 ID:udY/drWm
>>274
早く寝ろ(w

277 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:08 ID:l26jG7Br
>>273

平沢は死刑囚だよ。
聞くところでは自然死だったそうだが。

278 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:08 ID:MTh7PQzu


         

コピペ推奨

レイパーI先生の話はもうしってる?
http://news4.2ch.net/test/read.cgi/news/1062060526/l50
http://www.tanteifile.com/diary/index3.html

学校法人 三室戸学園 東邦音楽大学付属東邦高等学校
http://www.toho-music.ac.jp/shs/shsfra.html

のレイパー、I先生はこの中の誰かか?
http://www.toho-music.ac.jp/staff/shsstaff.html

校 長 短大教授    岩井 俊司
講 師 大学専任講師 岩間 丈正
講 師 大学講師    池内 政克
講 師 大学助教授   井上 淳司


279 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:08 ID:eRt107M1
>>274
窃盗に終身刑を設定するのは妥当?

280 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:09 ID:l26jG7Br
妥当じゃないだろうね。

281 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:09 ID:bgt1w+Fc
>>277
あなたは刑法的解釈で自然死の是非を語ってるの?

282 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:09 ID:eRt107M1
>>280
その論理的根拠は?

283 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:10 ID:l26jG7Br
>>281

また意味不明だ。

284 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:10 ID:bgt1w+Fc
>>283
じゃあ自然死を定義してくれ

285 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:11 ID:l26jG7Br
>>282
法益のヒエラルキーというのがあってね。


286 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:11 ID:eRt107M1
>>280
というより刑法学的根拠。



287 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:12 ID:eRt107M1
>>285
それで?

288 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:12 ID:l26jG7Br
>>284
すまん、もはやそんなレベルということならスルーさせてもらう。

289 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:12 ID:eRt107M1
>>285
答えられないなら頑張らなくてもいいよ。

「自分で調べろ」って言う?

290 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:12 ID:l26jG7Br
>>287


291 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:13 ID:l26jG7Br
>>289
やめてくれよ。w

292 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:13 ID:bgt1w+Fc
>>288
あなたが自然死の判断に刑法を持ち出したからですよ?

293 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:14 ID:eRt107M1
>>290
オッケー寝ていいよ。

今日は頑張った方だね。

294 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:14 ID:l26jG7Br
>>292
監禁致死を持ち出したのは私じゃないよ。

295 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:14 ID:tCJvY2qv
ID:l26jG7Br
良かったなみんなから相手してもらえて。

>>269
とっくに調べた。全然そんなこと無い。
>>3みたいな本を廃止派の学者が必死に出しつづけてるのが何よりの証拠。
でもまあ、あんたが読んでもその読解力じゃ読み取れないんだろうな。

296 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:14 ID:l26jG7Br
>>295
あははは。
みえみえだなぁ・・・

297 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:15 ID:tCJvY2qv
>>294
だから自然死の話すらしてない、って書いたの読めなかったの?

298 ::03/08/29 01:16 ID:b1Rcrs8W
>>263
 論理的に妥当な提案で、ソレが現実的な上限や下限の範囲内であれば賛成する。
 論理的に妥当な提案でも、現実的な上限や下限を無視してる意見には賛成しない。

 そんだけの話。


299 :tooo:03/08/29 01:17 ID:7y0ar/+z
飼い犬が、例えば幼稚園児をかみ殺したとき、
死刑廃止派の人は、
犬(畜生)だから許してやれ、って言うのですか?

300 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:18 ID:l26jG7Br
>>297
頭台上深いな

301 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:18 ID:15ard6NF
結局、刑法学的根拠という話になると
前スレででてきた
>論理的根拠は示されているんだよね。あとはそれを理解できるか否かの問題でしかない。
>だから死刑の問題は、近代的知性を具備できているかどうかのリトマス試験紙などと言われる訳なんだよね。
こういう理屈になるんだよね。

302 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:19 ID:mpsPsIox
違法な状態(監禁等)で死に至ったのなら、
その死について何らかの責任を負うべきだろう。
だが、適法な拘束(懲役・拘置)で死に至ったのなら、
そのこと自体で死に至っても責任を問われることはない。
違う?

303 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:19 ID:l26jG7Br
>>302
因果関係がないとね。

304 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:20 ID:udY/drWm
>>299
飼い主の責任なんであって、犬を殺すことはないだろー、と思ふ。

305 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:21 ID:l26jG7Br
>>299
意思とか責任とかヒトとか、まぁいろいろ前提になる話があるのよ。

306 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:24 ID:mpsPsIox
>>303

仮に心臓麻痺などで死んでも、違法な監禁等で死に至った場合は因果関係を証明できるんじゃないの?
「違法な監禁状態に置かれた被害者は、
極度の緊張と恐怖により心臓が突然停止したと思われる。」
「監禁という状態にあった被害者は、適正な医療行為を受けられることができなかった」
「よって、被害者を監禁した被告人は・・」てね。

これが禁固や拘置の場合は、
そもそも適法だから仮に上記と同じような理由で死んでも罪に問われないよ。
違うかな?


307 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:26 ID:udY/drWm
>>285
>法益のヒエラルキーというのがあってね。

それだと、刑の重さについて、例えば、窃盗よりも殺人の刑を重く設定するという
根拠にはなるけど、個々の犯罪の重さをどう設定するかという基準にはならないね。

308 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:27 ID:bgt1w+Fc
>>302
死刑も適法で死に至ってます。

309 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:28 ID:l26jG7Br
>>306
だから因果関係があれば、監禁致死ってことになる。
それは監禁とは別のものだろ。監禁は監禁致死を当然予定していない。
ここで言っているのは、因果関係がない自然死。

310 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:28 ID:mpsPsIox
>>308



311 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:30 ID:mpsPsIox
>>309

自然死ってのは、刑法上?医学上?
あなたの言う「自然死」ってのは、
そもそも監禁行為と因果関係が認められないとはじめから決めつけている死のことでは?


312 :tooo:03/08/29 01:30 ID:7y0ar/+z
299の例は少しズレてた。
無条件に、人をかみ殺してしまった犬が殺される場合を書こうとして、
よく分からなくなった。
通行人にけがをを負わせた場合は、飼い主に賠償責任だが、…はて?

熊など、危害及ばさなくても、人間の都合で銃殺刑に処されておる。

313 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:31 ID:l26jG7Br
>>307
よくわからんな。
法定刑と宣告刑などとの関係については、またルールがあるし。


314 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:32 ID:l26jG7Br
>>308
????
拘禁中の自然死と死刑を同列に論じる愚を語っているつもりだったが・・・

315 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:33 ID:l26jG7Br
>>312
ありゃ、刑罰じゃないよ。w

316 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:33 ID:mpsPsIox
>>312

その方が、趣旨が不明だよ。
まだ、>>299の方がマシ。

317 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:33 ID:bgt1w+Fc
>>309
簡単な話さ、無辜の囚人の獄死に監禁は
因果関係として有るか?無いか?


318 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:34 ID:l26jG7Br
熊も犬も人じゃなくて物。

319 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:34 ID:udY/drWm
今は法定刑の話でしょ。
で、刑の重さに関しては、長期が同じ場合は短期の長い方が重い刑なわけだが、
法益のヒエラルキーといことだけなら、例えば、

殺人→終身刑もしくは5年以上の懲役
強盗→終身刑もしくは3年以上の懲役
窃盗→終身刑もしくは1年以上の懲役

でもOKってことになる(w

320 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:35 ID:mpsPsIox
>>314

そんなことで、議論してたの?


321 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:35 ID:bgt1w+Fc
>>314
あ?>>302は適法なら死因に是非は有りませんと捕らえたけど?

322 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:35 ID:l26jG7Br
>>317
ごめん、もう飽きた。
そろそろ気付いてくれないとな。

323 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:36 ID:eRt107M1
>>307
いや別に法益に違いがあってもそんな事は
刑の重さに違いを設ける根拠にはならないんじゃないの、応報抜きなら。

根拠になるのは、窃盗の抑止或いは更生に必要な拘禁期間と
殺人の抑止或いは更生に必要な拘禁期間に違いがあることの証明であって、

そんなものはあるわけない。



324 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:36 ID:mpsPsIox
>>317

現行法上、因果関係以前に罪に問われない。
やるなら、民事しかないね。

325 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:37 ID:l26jG7Br
>>319
はぁ?
台上深いな。

326 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:37 ID:l26jG7Br
>>320
そう。
議論というか、なんというか。w

327 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:38 ID:bgt1w+Fc
>>324
刑法上の是非は聞いてませんが?

328 :324:03/08/29 01:38 ID:mpsPsIox
そもそも、死刑とは関係ない。

329 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:39 ID:udY/drWm
>>323
たしかに応報抜きなら絶対的不定期刑になるはずだね。

330 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:39 ID:l26jG7Br
>>323
一般予防もあるしね。

331 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:39 ID:l26jG7Br
>>328
そ。w

332 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:40 ID:l26jG7Br
>>329
やれやれ

333 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:41 ID:mpsPsIox
>ID:bgt1w+Fc

何が言いたいの?
「冤罪で禁固などの拘束中に死んだら、死刑と同じだ」って言いたいの?


334 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:41 ID:udY/drWm
>>330
一般予防でも重さの違いは導けないね。

335 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:41 ID:eRt107M1
>>330
同じ事じゃん。


336 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:42 ID:l26jG7Br
>>334
よしこさん

337 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:42 ID:7y0ar/+z
>319の×年以上の刑期の決め方に賛成する

現行法では上限決めて×年まで ばかり


338 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:42 ID:l26jG7Br
>>333
そ。
もう大変だよ。w

339 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:43 ID:bgt1w+Fc
>>328
あのね・・元々冤罪死刑論者が無辜の囚人の死因は
自然死ならoK、殺人は駄目って言ってきたの?
じゃあ獄死は自然死ですか?と聞いてた訳?判る?

340 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:43 ID:udY/drWm
>>332 >>336
あんたが言うな(w

341 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:43 ID:l26jG7Br
やれやれ。

342 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:44 ID:bgt1w+Fc
>>333
は?誰もそんな事言ってないけど?
自然死か否かの議論ですが?

343 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:45 ID:l26jG7Br
>>342
をいをい

344 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:46 ID:mpsPsIox
>>339
>じゃあ獄死は自然死ですか?

自然死の定義にもよるが、
適法な拘束状態で死んだんなら獄死は自然死だろうね。
そして、罪に問われることはない。

>無辜の囚人の死因は自然死ならoK、殺人は駄目

意味不明

345 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:50 ID:bgt1w+Fc
>>344
>適法な拘束状態で死んだんなら獄死は自然死だろうね。
>そして、罪に問われることはない。

こんな事言うなら「冤罪」を持ち出さんでくれんか?
冤罪を持ち出した時点で刑法的の是非の問題じゃないのは分かるよな?

346 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:52 ID:udY/drWm
>>341
やれやれはいいんだけどさ、>>319みたいな法定刑の設定は妥当?不当?

347 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:53 ID:mpsPsIox
>>345

おいおい、俺は死刑制度存置派だぞ。
冤罪で死刑になる場合もあるし、
冤罪による拘禁中に死に至る場合がある。
人間のやることだから、
冤罪は完全には防げない。
これじゃ、ダメなの?

348 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:55 ID:bgt1w+Fc
>>344
この後に及んで死因の是非を刑法的解釈で決めるのはなんでだ?

349 :朝まで名無しさん:03/08/29 01:58 ID:bgt1w+Fc
>>347
おいおい(W
冤罪議論の延長なのは分かるだろ。
人間の作るシステムに完全なんて有りえないから
そんなの百も承知だが・・・

350 :朝まで名無しさん:03/08/29 02:00 ID:mpsPsIox
>>349

何が言いたいの?
冤罪を理由とした死刑廃止論者に、
獄死を例に説得しているの?

351 :朝まで名無しさん:03/08/29 02:02 ID:tCJvY2qv
話が食い違ってるようだが・・・
ID:bgt1w+Fcの獄死の話は>>215までさかのぼるって事でOK?
ID:mpsPsIoxはどこまでさかのぼって読んだ?

352 :朝まで名無しさん:03/08/29 02:04 ID:mpsPsIox
>>351

自然死の定義のあたりかな。
それ以前は、「くだらない」と思ったので読んでもいない。

353 :朝まで名無しさん:03/08/29 02:05 ID:bgt1w+Fc
>>352
読んでもいないのにイチャモンつけてたのか・・・・

354 :朝まで名無しさん:03/08/29 02:10 ID:mpsPsIox
>>353

>>215を読んだけど、
結局何が言いたいの?
獄死と死刑は別物だってのは、
あなたでもわかるよね?
獄死しようがしまいが、
冤罪による刑罰は完全にはなくせない。
そう言う意味では、冤罪を理由に死刑と懲役刑を区別する意味もないよね?


355 :朝まで名無しさん:03/08/29 02:14 ID:tCJvY2qv
まあよくあるこったな。
獄死=自然死にした>>220が電波だったんだが。

>>354
215は俺。
そういう話だったけど。何が知りたいの?

356 :☆■宅間守さんに手紙を書こう:03/08/29 02:16 ID:l2xDqRb6
////////////////////////
教育機会の不平等を訴えるために、自身の社会声明をなげうって
事件をおこした宅間守氏。
宅間氏は、ネットを見ることすら出来ない状況にいま、おかれている。

激励の手紙を送るもよし、反省を促すもよし、今何を考えているのかを質問するもよし。
http://yuusuke.info/27/K27102.htm

念のため:"公"的機関の所在地などは、削除対象"外"です。

534-8585 大阪府大阪市都島区 友渕町 1丁目2−5
大阪拘置所 宅間守さま

地図
http://www.do-map.net/esactl.htm?ENC=%2BFzSIhlKZHyDLWACj3IT7FOz6qjRrOJFeNuuQuDwCNIfdNeQ

4ZXuDZVPN2crJ4hmE2T6CMNAH5P4qcT3hhNtF6Jr3azLxAo1UF5Q0upGblLp%2BJuMLsF3G%2BnSiSrOgd8%2B9

fLriIz4VgQ%3D

死刑により「生命」を捨てる覚悟をした宅間氏へ・・
///////////////////////////

357 :朝まで名無しさん:03/08/29 02:16 ID:bgt1w+Fc
>>354
>結局何が言いたいの?

何が言いたいも何も冤罪死刑論の理屈を問いていただけだよ。

>獄死と死刑は別物だってのは、
>あなたでもわかるよね?

明らかに違うね。

>獄死しようがしまいが、
>冤罪による刑罰は完全にはなくせない。

当たり前やね。


>そう言う意味では、冤罪を理由に死刑と懲役刑を区別する意味もないよね?

これは俺に言わんに廃止派言ってくれ。


358 :朝まで名無しさん:03/08/29 02:17 ID:mpsPsIox
>>355

いや、俺は>>353に聞いたんだが?
あなたの意見(?)は、概ね理解できた。
獄死・死刑などの問題ではなく、
刑罰の軽重の問題なんだよね。


359 :朝まで名無しさん:03/08/29 10:02 ID:qAr3hhnP
udY/drWmを主として使っていたやつの与太をまとめて否定しておく。

現代の刑罰論は一般予防を基本にした目的刑論が中心で、実際にはもはや応報を持ち出す者は非常に少ない
刑の重さについても、まずもって法益侵害の重大性に応じた威嚇力という一般予防の観点から刑の重さを考えられる。
また刑罰の重さはまず最高刑で量られるから、>319も笑われるだけ。

360 :朝まで名無しさん:03/08/29 10:12 ID:EJBgwI4u
全く廃止派にはあきれるよ。
自分たちの廃止論の論理展開が矛盾に満ちている事を必死に糊塗するしか術が無いの?
君らの、特に○の論理で言えば懲役も廃止という持論でなければダブルスタンダード。
廃止をしたいなら別の論理的裏付けを考えなければいけないんだよ。
君らの矛盾だらけ、穴だらけの論理では誰も納得などさせられない。

死刑執行後の冤罪確定も現代日本では無いしね。

361 :朝まで名無しさん:03/08/29 11:10 ID:3zW9qs0+
池田事件の被害者に法曹関係者や医療関係者居るから
法務省に圧力かけて、六ヶ月以内の死刑執行ってあるとおもう?

362 :朝まで名無しさん:03/08/29 11:23 ID:3zW9qs0+
>>124をみると
宅間の場合、恩赦を申請しなから、すぐに死刑執行されるのか?

363 :朝まで名無しさん:03/08/29 11:41 ID:yy6K4n/x
最近の刑法改正における危険運転致死傷罪の新設などはまさに一般予防=威嚇力
の強化を目的として設けられた。その結果悪質な事故が減少したという事実もある。
応報的見地から設けられたわけではない。それは改正に至る議論を見ても明らか。

その法定刑にしても、例えば致死の結果を招いた場合、
殺人罪>傷害致死罪>危険運転致死罪>業務上過失致死罪>過失致死傷罪
という明確なランク付けがなされている。
319は何も知らない素人の発想だな。

364 :朝まで名無しさん:03/08/29 11:52 ID:Uc+LYUfY
>>363
そのため、車会社が証拠が残らないような車作って、ひき逃げが増えたと言う事実は?


365 :朝まで名無しさん:03/08/29 12:08 ID:gEw6Q0Qu
>>364
はじめて聞くな。
ソースは?

366 :朝まで名無しさん:03/08/29 12:16 ID:S3Rjqu58
>>365
>車会社が証拠が残らないような車作って
おまえ、アホだろ。w

367 :朝まで名無しさん:03/08/29 12:46 ID:tCJvY2qv
>>360
別に廃止派がみんなそうというわけじゃない。
錦の御旗でも持ってるかのような錯覚を起こしてる電波が何人かいるだけ。
街宣車に乗って文句たれてる活動家みたいなもんだから、そういうのは廃止派に入らんだろ。

○氏は手法に問題があるとは思うが、コテハンであるお陰でまだ話になると思う。

368 :朝まで名無しさん:03/08/29 12:58 ID:va+ylKeV
>>367
夏厨が何を言おうが説得力なし。

369 :朝まで名無しさん:03/08/29 12:58 ID:tCJvY2qv
>>359>>363
スレ読んでないだろう。

370 :朝まで名無しさん:03/08/29 13:25 ID:Uc+LYUfY
タイヤ痕が残らないシステムを導入し、そして塗装が接がれない様にする車が
今最近売られてることを知らないのか?

371 :朝まで名無しさん:03/08/29 13:39 ID:s+yZrKwd
>>370
ソースはないのか。

372 :朝まで名無しさん:03/08/29 16:38 ID:F+JEFaPb
死刑と関係ない話をやめろ!!!!!!!

373 :朝まで名無しさん:03/08/29 18:32 ID:JUykBLhH
>>372
まあまあ。
∧∧ 
( ^-^)

374 :朝まで名無しさん:03/08/29 18:41 ID:NMYYS+EJ
懲役刑も取り返しがつかないのは単なる事実。
例えば、必死に勉強していい大学に入り希望の企業に就職して
さあこれからという20代前半で冤罪で投獄。40年後に
冤罪が晴れて娑婆にもどるという事例は考え得る事例だよね。
冤罪死刑執行を考え得る事例というならこれだって同じ事だから。
この場合冤罪の被害者に取り返しはつく訳?
○を始めとする冤罪の可能性による廃止派はこの事例の何がどう
取り返しがつくと主張するの?そして、何故この事例なら刑罰を
存置する事を認められて死刑なら認められないというの?
君らの論理でいえば長期の懲役刑だって到底認め得ないよ?

375 :朝まで名無しさん:03/08/29 18:49 ID:aPv+ULP+
>>360
>懲役も廃止という持論でなければダブルスタンダード。
いや、そうとも限らないよ。
「殺す」と「殺さない」の間に譲れないほどの大きな差があるのは感覚的に理解できる。
応報的立場から死刑を支持している人も、なぜ死刑にこだわるかと言えば
「殺す」と「殺さない」の間に大きな差があると感じているからだと思うんだよね。
「命を奪う(奪われる)」という事に特別な意味を感じているのはどちらも同じだと思うよ。
論理的な根拠ではないけどね。

376 :朝まで名無しさん:03/08/29 19:30 ID:2JjbBmFV
侵害される法益にどうみても同列視できない厳然とした格差があることは、
社会的コンセンサスも成立している自明のことというしかない。

いくら食い下がっても無駄。

しかも拘束は刑事司法の本質だから、自由刑を否定することはあり得ない。
つまり、刑事司法を否定しない限り、自由刑以外の刑罰の存在根拠という問いしか成立し得ない。

ま、どちらも君らには難しすぎる話だということはわかるけどね。


377 :朝まで名無しさん:03/08/29 19:38 ID:2JjbBmFV
より丁寧に言うなら、この違いは単なる法益の違いに止まらない。
一方は移動・行動の制限という人権の制限だが、
方や人権享有主体性自体を奪う人権の剥奪という本質的な違いがある。

同列には扱いようがないのだよ。

こう説明しても理解不能だとは知っているけどね。

378 :朝まで名無しさん:03/08/29 19:55 ID:SVDliQ0+
もともと終身刑ない国が死刑廃止云々語るなよ
終身刑導入してから語れ


379 :朝まで名無しさん:03/08/29 19:58 ID:tCJvY2qv
>>375
その主張だけが前面に出てればダブルスタンダードとは言われないんだけどね。
○氏は論理的でないものを論理で説明しようとして失敗してるんじゃないかと。

あと、冤罪で投獄→獄死も実質的に「殺した」と感じる人がいたりと
「殺す」「殺さない」の境界も厳密ではないから、死刑NG無期OK
みたいな廃止論は、それだけでダブルスタンダードに見えたりするんだろう。。

380 :朝まで名無しさん:03/08/29 20:27 ID:vttu0dD4
>>379
おまえは相変わらず一日中張り付いているのか・・・

381 :朝まで名無しさん:03/08/29 20:32 ID:SuVeb+QP
>>380
まあまあ。
∧∧ 
( ^-^)


382 :朝まで名無しさん:03/08/29 20:36 ID:tUrqWDUh
>>375
>「殺す」と「殺さない」の間に譲れないほどの大きな差があるのは感覚的に理解できる

だったら、同じ冤罪なのに死刑と懲役を別個に議論する愚を犯さないことだ。
単純に、刑罰の軽重の問題なんだからさ。

383 :朝まで名無しさん:03/08/29 20:41 ID:udY/drWm
>>376
問題はそのコンセンサスが死刑廃止の論理的根拠足り得るかってことでしょ。



384 :朝まで名無しさん:03/08/29 20:44 ID:udY/drWm
>>359
>現代の刑罰論は一般予防を基本にした目的刑論が中心で、
>実際にはもはや応報を持ち出す者は非常に少ない
だから、嘘を言うなって(w


385 :朝まで名無しさん:03/08/29 20:46 ID:aPv+ULP+
>>382
>単純に、刑罰の軽重の問題なんだからさ

いや、みんなそうは思ってないからこそ揉めてるんじゃないの?
存置派の人も、刑の軽減化が嫌だから反対ってだけじゃあないでしょ。

386 :朝まで名無しさん:03/08/29 20:57 ID:SHTi3ySW
>>384
ちったあまじめに勉強しろ。
>>383
現代刑法が法益概念を中心に構成されていることを知っていれば出てこない問いでしかない。

387 :朝まで名無しさん:03/08/29 20:58 ID:udY/drWm
現代の刑罰論の中心は、相対的応報刑論だろ。

388 :朝まで名無しさん:03/08/29 20:59 ID:SHTi3ySW
>>387
1年かけてまだそのレベルというのが信じられんな。


389 :朝まで名無しさん:03/08/29 21:00 ID:udY/drWm
応報だって法益概念とは無関係ではないのだが(w

390 :朝まで名無しさん:03/08/29 21:05 ID:aPv+ULP+
「人権の剥奪は許されない」という考えだと
中絶はどのように認識されてるんだろう?
素朴な質問。

391 :朝まで名無しさん:03/08/29 21:06 ID:udY/drWm
>>388
俺が1年なら、あんたのレベルは1ヶ月ってところか?(w

392 :朝まで名無しさん:03/08/29 21:15 ID:mjng0lXx
>>376
どうにも勘違いしてるな。。。
いいかい、君らのお仲間が「冤罪だった時に取り返しがつかないから死刑は廃止しろ」
と言ってるから、その論法でいうなら懲役だって廃止だろっていってる訳。
冤罪であった時に失っているものが回復出来ないという意味で同一だといってる訳。
つまり、何度も何度も言ってるんだが、「論理の構築法がおかしい」って言ってる訳さ。

死刑廃止の論理として「人権の制限は許されるが剥奪は許されないから」
という論理を使うのならそれはそれで論理自体の矛盾は無いよ。その事の是非は別としてね。

393 :朝まで名無しさん:03/08/29 21:24 ID:mjng0lXx
で、本題な訳だけど、何故人権の剥奪は許されないのかな?
制限が可能だという事は人権は不可侵であるという前提は無い事になる。
また、緊急時においては緊急避難として人権を剥奪する事が許容され得る。
つまり人権の剥奪はいかなる場合にも許され得ないという論理も構築し得ない。

さた、どのようにして>>376は人権の剥奪と制限の間に越えられない壁を築く
論理を構築しているのか、是非ともお伺いしたい。

394 :朝まで名無しさん:03/08/29 21:28 ID:tUrqWDUh
>>376
>しかも拘束は刑事司法の本質だから

それは、逆だろう?
やむを得ない場合に拘束するのであって、
拘束が刑事司法の本質なんて聞いたことがないぞ。


395 :朝まで名無しさん:03/08/29 21:30 ID:aPv+ULP+
粘着で悪いんだけど、俺は>>376の人工中絶に対する認識を聞きたい。
「人権の制限は許されるが剥奪は許されない」という主張で、
最も納得できない疑問なんで。

396 :朝まで名無しさん:03/08/29 21:32 ID:bgt1w+Fc
>>395
胎児に人権は有りません。
・・と言いそうな気がする。

397 ::03/08/29 21:34 ID:b1Rcrs8W
>>392
>冤罪であった時に失っているものが回復出来ないという意味で同一だといってる訳。

 「失っているもの」の内容が全然違うから問題にしてるのよ。
 「失っているものが回復出来ない」事全般に反対してるわけじゃないの。



398 :朝まで名無しさん:03/08/29 21:36 ID:nn1Vt/e0
--------●○●別れさせ屋●復讐代行業務●○●----------

●騙された・裏切られた・弄ばれた・逃げられた・捨てられた・
相手に誠意が無い・異性問題・家庭内暴力・不倫疑惑解明・人間関係・金銭トラブル★
●  http://www.blacklist.jp/i 【ファイルにコピーして開いて下さい】
別離工作・情報収集・トラブル対策・ボディガ―ド・等々!
●真剣にお悩みの方、安心してご相談下さい。解決へ導きます★
□■各種データ・電話番号調査・住民票・戸籍謄本など調査■□
ジャンプしない場合にはファイルにURLをコピーして開いて下さい★☆★
●  http://www.blacklist.jp/i  ●別れさせ屋・特殊工作・調査全般
●  http://www.blacklist.jp/   ●復讐代行・人生相談・駆け込み寺
--------------------------
リンク⇒ http://okudaira.co.jp 殺人事件簿!!!●●●
●リンク広告主大募集・詳しくは復讐屋まで!!!


399 :朝まで名無しさん:03/08/29 21:37 ID:tUrqWDUh
だから、冤罪を理由に死刑廃止を主張するのはおかしいの。
人間がやることなんだから、冤罪を100%なくすことはできない。
それとも冤罪をなくすために、
日本在住者に指紋登録を義務づけ、
いつどこにいたかがわかるように体内に機械を埋め込むかい?


400 :朝まで名無しさん:03/08/29 21:38 ID:SHTi3ySW
>>395
http://www.sart.jp/member/mame/taiji.html

401 :朝まで名無しさん:03/08/29 21:40 ID:mjng0lXx
>>397
ということは生命以外は刑事罰の対象にするのは構わないと
言っていると解釈していいのかな?
また、内容の差が何故問題になるのか、その線引きは何か、
回復出来ない事は構わないのか、その辺の所も明確にしてもらわないと。
また、君の理屈では東南アジアで行われているような
むち打ち刑は否定し得なくなるが、その辺はどうかな?

402 :朝まで名無しさん:03/08/29 21:42 ID:SHTi3ySW
>>394
身柄・所在の確保ができることが刑事司法では肝心なんだよ。
今は説明する気力がないが、当たり前なんだな。
その点アメリカの刑事司法はもっと原理的でわかりやすいがね。


403 :朝まで名無しさん:03/08/29 21:47 ID:tUrqWDUh
>>402
>その点アメリカの刑事司法はもっと原理的でわかりやすいがね。

そうだな。
アメリカでは、人権思想だかなんだか知らないが保釈制度が日本より甘いな。
保釈って、拘束のことだっけ?

404 :朝まで名無しさん:03/08/29 21:47 ID:SHTi3ySW
>>392
ある面では同一だから同列にみるべしというのは、ありふれているが、批判としては幼稚すぎる。

>>393
既に>376-377で基本的な説明になっているだろう。
人権共有主体性と個別の人権の違いについては、ちょっと説明する気力がないな。
なお緊急行為を例外にすることは、誰も否定していない。

どれもほんとに外出なんだけどね。

405 ::03/08/29 21:48 ID:b1Rcrs8W
>>401
>ということは生命以外は刑事罰の対象にするのは構わないと
>言っていると解釈していいのかな?

 たとえ冤罪による被害が発生してしまうにしても、せめて命を奪う刑罰での
被害はナシにしようや、って事。


>また、内容の差が何故問題になるのか、その線引きは何か

 命と自由の間に線引きしてる。
 つか、自由刑と死刑同列に扱うほうがムチャだと思うがなぁ。


>また、君の理屈では東南アジアで行われているような
>むち打ち刑は否定し得なくなるが、その辺はどうかな?

 まず、前置きをしておくけど、ここは死刑スレだから、基本的には
この質問はスレ違い。
 それを断った上で答えると、オレは身体刑には基本的に反対。
 これは死刑に反対するのとは、また別の理由から。


406 :朝まで名無しさん:03/08/29 21:48 ID:SHTi3ySW
>>403
保釈が何で簡単にできるかという点を考察するといいんだが。

407 :朝まで名無しさん:03/08/29 21:49 ID:aPv+ULP+
>>400
ありがと。
うーん、胎児は人として認めないというのは
都合で作られた理屈のような気がするなあ。
ま、ちょっと考えてみるよ。

408 :朝まで名無しさん:03/08/29 21:50 ID:tUrqWDUh
保釈金立替の会社に保釈金を出させて逃げる被告人を追う商売が、
厳然として存在してるがね。

409 :朝まで名無しさん:03/08/29 21:52 ID:SHTi3ySW
>>407
ちなみに、日本じゃ中絶は当たり前だが、アメリカじゃ大問題。
中絶を行う医師なんか半ば命懸けだからね。

410 :朝まで名無しさん:03/08/29 21:53 ID:SHTi3ySW
>>408
ちがうちがう、そういう意味じゃない。保釈というのはいい着眼点だったんだが。
つまり、原則が逮捕なんだよ。あそこは。

411 :朝まで名無しさん:03/08/29 21:55 ID:tUrqWDUh
胎児を持ち出すと、
生命の始まりについての議論になる。
近年は医療技術の発達で、
昔は死んでいた超未熟児(or超早期出産児)が生存できるようになっている。
胎児については、この際無視すべきだよ。

412 :朝まで名無しさん:03/08/29 21:59 ID:tUrqWDUh
>>410

逮捕は目的じゃなくて、刑事(司法)活動を円滑に行うための手段では?
だからこそ、保釈も認められるし、罰金刑や執行猶予もある。
「拘束が刑事司法の本質」ってのは、それこそ本質を見誤った解釈だよ。


413 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:02 ID:SHTi3ySW
>>412
拘束は刑事司法の本質的手段・手続き。
保釈条件猶予条件を犯せば拘束。罰金も払わなければ拘束。
拘束というのが常に最後に控えていて、それがあるから刑事司法は成立する。

414 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:04 ID:tUrqWDUh
>>413

つまり、拘束せずに済めば、それに越したことはないってことだね。
だったら、ただの手段では?
「拘束は、刑事司法の本質」じゃないよね?
本質ってことは、それ(拘束)自体が目的ってことになるんだからさ。

415 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:07 ID:Kkwg8Qk3
>>405
>せめて命を奪う刑罰での 被害はナシにしようや、って事。

答えになってない。
そういう理屈なら「せめて身体の自由を奪う刑罰もなしにしようやって事」
になる。


416 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:07 ID:SHTi3ySW
>>414
>本質ってことは、それ(拘束)自体が目的ってことになるんだからさ。
本質=目的じゃなければいけないなんて、それは君一人の理解でしかない。

拘束は刑事司法の本質的属性で、それを備えていない
刑事司法は古今東西一切存在しないといっていいのだから。


417 ::03/08/29 22:08 ID:b1Rcrs8W
 スレ違い気味だけど、胎児と中絶に関する問題は結構厄介。

 こないだ新聞で読んだんだけど、アメリカでは妊婦に暴行を働いて
その結果流産させてしまった人間に対して、殺人罪を適用しようと言う
動きがあるそうな。

 でも、コレが認められると「中絶は殺人行為である」って理屈の根拠に
なっちゃうから、反対意見も根強いんだって。


418 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:10 ID:mjng0lXx
>>404
いいかい、緊急避難を認めるという事は人権の剥奪を場合によっては
認め得るという事なんだ。
この前提が有る以上、いかなる場合も人権の剥奪を認めないという論理は
構築し得ない。つまり、「絶対に人権剥奪刑は認められ得ない」という
論法を展開する事は出来ないんだよ。
人権とは場合によっては合法的に剥奪し得るものなのだから、死刑という
人権剥奪行為を刑罰としてもってはいけないという結論をこの論理からは
導く事は出来ないんだ、残念ながらね。
つまり君たち廃止派は新たな廃止の根拠を示す必要があるという事さ。

419 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:10 ID:SHTi3ySW
>>416
当たり前のことなんだが、要するにガラを確保できなければ、取り調べも裁判も処罰も実際には無理だろ。
だから、人身の自由は経済的自由と並んで、一番古い人権といわれるんだよ。

420 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:12 ID:SHTi3ySW
>>418
緊急行為を認めるのは、自己防衛だから。自衛権もその系とすれば、
それ以外は認めないというのが世界的共通原則となりつつあるんだ。


421 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:14 ID:SHTi3ySW
>>418
とりあえず、緊急行為と緊急避難を区別してくれ。

422 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:15 ID:Kkwg8Qk3
>人権共有主体性と個別の人権の違いについては、ちょっと説明する気力がないな。

人権享有主体性を奪うって言うのは、行きながら奴隷にするとかでしょ?
死刑囚は死ぬとき人間じゃないわけ?

423 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:15 ID:mjng0lXx
>>416
1800年代後半まで死刑の無い刑事司法は古今東西存在しないと言ってよかった筈だよ。
しかし今は違う。だったら拘束刑だって同じ事が言える筈じゃないのかい?

相対論の切り口で語ったって反論が山ほど来るだけで意味はない事に気付くべき。

424 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:16 ID:SHTi3ySW
>>417
アメリカは宗教原理主義の国家だから、そういう極端な話が当たり前に存在するんだよ。
あっちじゃ中絶クリニックは、日常的にテロの危険があるんだから。


425 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:16 ID:SHTi3ySW
>>423
拘束のない刑事司法は不可能だよ。w

426 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:17 ID:Kkwg8Qk3
>>421
>>418のレス先の>>404は、緊急避難の対してのレスで緊急好意という言葉を使ったんだけど。

427 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:18 ID:mjng0lXx
>>420
その根拠を示してみなよ。
「趨勢がそうだから」なんてマヌケな論拠じゃあるまいね?

なんか程度の低い学生を相手にしちゃってるなぁ。。。

428 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:20 ID:Kkwg8Qk3
>>425
あのね、死刑のない国も存在しないんだよ。
犯人検挙の際の簡易死刑執行(summary execution)は、自称「死刑廃止国」でも続いてるんだよ。

日本の死刑はきちんと裁判の上でなされるんだから、日本のほうが文明的だよね。

429 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:20 ID:mjng0lXx
>>425
それが懲役である必要性も有るまいに

430 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:20 ID:SHTi3ySW
>>427
だから、防衛行為までは否定しないんだよ。当たり前だ。他人のために犠牲になる義務はないからね。
だが、それ以外では殺害を正当化できる理由がないんだよ。
ちょっとは頭つかえ。

431 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:21 ID:Kkwg8Qk3
>>420
>緊急行為を認めるのは、自己防衛だから。

じゃあ、「生命は絶対に奪ってはならない権利」という命題は崩れたと?

432 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:21 ID:SHTi3ySW
>>428
それは緊急行為の妥当性の問題でしかない。

433 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:22 ID:SHTi3ySW
>>431
そんな命題は誰も唱えてないよ。w

434 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:23 ID:mjng0lXx
>>430
あのさ、君のレスを自分で読み返してごらん。
君は何の根拠も論理も示さずに念仏のように「正当化出来ない」
だの「出来ない」だの「当たり前」だの言ってるだけなんだよ。
ちったあ頭を使えってのは君の事さ。

正当化出来ないなら何故出来ないのか言ってごらん。


435 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:24 ID:SHTi3ySW
>>434
さんざん山のように外出。参考文献にも頻出。


436 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:26 ID:Kkwg8Qk3
>>432
もう少し知的な答えを出してね。

437 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:26 ID:Kkwg8Qk3
>>435
出ていたらこんなに長引かないw

438 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:27 ID:SHTi3ySW
>>436
必要な知識なしに知的作業は無理だよ?w

439 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:27 ID:mjng0lXx
>>430
ちなみに死刑以外では再犯の完全抑止は達成出来ない。
これはつまり厳格なる社会の自衛の為には死刑以外あり得ないという事だからね。
つまり、死刑は社会の自衛権の範疇に入り得るんだよ。

440 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:27 ID:Kkwg8Qk3
>>438
お、ついに自白か〜?

441 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:27 ID:SHTi3ySW
>>437
読んでごらんて。w

442 ::03/08/29 22:27 ID:b1Rcrs8W
>>418
 緊急避難や正当防衛と、死刑は全然性質が違うよ。

 緊急避難や正当防衛は、人権の剥奪を目的としてないもん。
 カルネアデスの板が二人掴まれるくらいデカかったら人を蹴落とさないし
武器を捨てて降伏した強盗を攻撃する事は無い。
 つまり、結果的に相手の命を奪ったとしても、それはあくまで自分の命を
緊急の危機から守るという目的のための手段に過ぎないと言う事。
 状況が異なれば、相手の命を取る必要は無いのよ。

 一方死刑の方は、人権の剥奪そのものが目的なんだよね。
 武器なんかとっくに手放していて、身体一つで檻の中に閉じ込められてても、
あくまでも死刑囚の命は奪わなければいけないのが、死刑というもの。
 そこには緊急の危機から身を守るなんていう類の目的は無くて、死刑囚の
生命を奪う事そのものが目的なんだよね。


443 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:28 ID:SHTi3ySW
>>440
いや、例えば緊急行為と緊急避難の違いぐらいはせめて押さえてよ。ってこと。

444 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:29 ID:SHTi3ySW
>>439
ならないよ。
隔離という代替手段があるのだから。
脱獄の可能性はは監獄の警備の問題でしかない。

445 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:29 ID:mjng0lXx
>>435
受け売りでも我慢してあげるから、いい子だから頭を使って
何がしかの論理をここに書いてごらん。
どこかのサイトにある偉い先生の論の丸写しでも我慢してあげるからさ。
そのくらいの事から逃げずに立ち向かう事をはじめようよ。

446 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:30 ID:Kkwg8Qk3
>>442
> 緊急避難や正当防衛は、人権の剥奪を目的としてないもん。

死刑をはじめ、刑罰は人権の剥奪を目的とはしていない。
法秩序を維持しつつ、犯罪の抑止などを目的とする。
人絹剥奪はその手段に過ぎない。

447 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:30 ID:SHTi3ySW
>>442
その通りだね。
この程度もわからないで、しかも何も調べもしないのだから、どうしようもないのだよ。ここはね。

448 ::03/08/29 22:31 ID:b1Rcrs8W
>>439
 緊急避難も正当防衛も、「緊急性」ってのが重要な要素なのよ。
 「後で仕返しされる恐れがあるから」なんていう理由で、素手のケンカ相手を
刺し殺しても、絶対に正当防衛は認められないよ。

449 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:31 ID:Kkwg8Qk3
>>444
>脱獄の可能性はは監獄の警備の問題でしかない。
じゃあ、冤罪死刑も事実認定の問題に過ぎないと?

450 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:32 ID:SHTi3ySW
>>446
はははは。そこまで詭弁を言っても無意味だよ。

451 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:32 ID:mjng0lXx
>>444
可能性は消えないんだよ?
完全を期す事は重要な事。

452 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:34 ID:SHTi3ySW
どうも全員同レベルでくるから困るな。
なるべくIDは統一してくれると良いんだが・・・w

453 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:34 ID:SHTi3ySW
>>451
じゃぁ、犯罪者は全員死刑だね。再犯はゼロだ。(笑)

454 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:35 ID:SHTi3ySW
>>449
無実の者の殺のと、警備のミスとを同一に論じるのは無理だね。

455 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:37 ID:SHTi3ySW
>>445
ま、参考文献を読んでみるんだね。
読んでわからないところは、教えてあげるよ。

456 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:37 ID:hZJHIxWo
え〜警官による犯人射殺は何に当たるのかね?
犯人の命を絶たない限り、人質の生命が危ないと判断した時に
犯人を射殺する事は是なの否なの?

テロリストが人質をとって立てこもった時、
テロリストの要求を無視して強行突入することは可なの?不可なの?

457 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:37 ID:Kkwg8Qk3
>>450
詭弁?違うならその理由を言ってくれないかな?

>>448
緊急性を要求するのは、本来犯罪抑止が警察の役目で、個人がやるのはあくまでも例外だからだよ。

国家が抑止する分には緊急性は要らないんじゃないかな。
むしろ、国会という場で慎重な討論をするほうが人権保障に資するよ。

458 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:37 ID:SHTi3ySW
>>456
緊急行為について勉強してくれ。

459 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:39 ID:Kkwg8Qk3
>>453
だから凶悪犯に限定するというのが>>451の意見なんじゃないかな。
>>454
>無実の者の殺のと、警備のミスとを同一に論じるのは無理だね。
じゃあ、軽微のミスで、無辜の人間が死んでもいいと?

460 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:39 ID:mjng0lXx
>>448
社会の自衛権の話をしている訳だけど?
緊急避難だといってる訳じゃ無いんだけど?
自衛権という解釈が可能だといってる訳。

461 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:39 ID:tCJvY2qv
ID:SHTi3ySWは、

追い詰められちゃったんだね・・・

462 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:40 ID:SHTi3ySW
>>460
自衛権というのは、テクニカルタームとして使っているのだけどな。
これも勉強だな。

463 ::03/08/29 22:40 ID:b1Rcrs8W
>>456
 テロリストが武器を捨てて投降してきたら警官は撃たない。
 この事を考えれば、警官が何のために銃を撃つのか分かるはず。

464 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:41 ID:SHTi3ySW
>>461
をいをい、医者に行った方がよくないか?
中学生相手に法律の話をしているだけだよ。w

465 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:41 ID:Kkwg8Qk3
>>458
緊急行為では、警察の判断ミスで殺す必要のない犯人を射殺したり、
誤って人質を打つことも十分にありえるんでしょ?

それから、説得やノン・リーサルウェポン(非致死性兵器)などの代替手段もある。
それなのに認めるのは何で?

466 ::03/08/29 22:42 ID:b1Rcrs8W
>>460
 自衛権だって話は同じだよ。
 「攻撃されるかも知れないから」なんて理由で素手の相手を殺したら
絶対に自衛とは認められない。

467 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:42 ID:hZJHIxWo
死刑廃止派という人たちは

・現在の刑罰制度が応報抜きで成り立ってる。
・人権の剥奪が不可能であることは「論理的に証明出来る」
・失われる法益の大きさによって必要な威嚇力に違いがあることは
 証明されており、現行制度は主にその原理によって成り立ってる


と信じてる人達って事でいいのかな?

468 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:43 ID:hZJHIxWo
>>463
何の為かはとりあえず関係無いよ。

「何かの為に人権剥奪が可能である」という事実が重要なんだよ。

469 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:44 ID:SHTi3ySW
>>465
緊急行為の勉強をしてくれ。

470 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:45 ID:Kkwg8Qk3
>>463
撃つこともあります。ペルーの人質事件では投降した少女のゲリラも殺しました。

471 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:45 ID:xNoS0q2C
>>467
三番目は存置派の理屈じゃないですか?

472 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:46 ID:tUrqWDUh
「妊婦は死刑執行されるのか?」って考えたことがあるが、
日本では地裁だけで最低でも2〜3年かかるんだから意味がないってことに気付いた。
北朝鮮みたいに看守がレイプでもしたら、わからんがね。

473 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:46 ID:SHTi3ySW
>>470
をいをい、投稿ゲリラの射殺でフジモリは日本から出れないんだろうが。w

474 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:46 ID:Kkwg8Qk3
>>466
> 「攻撃されるかも知れないから」なんて理由で素手の相手を殺したら
確実に何人かが殺される場合は?
仮釈放中の殺人という事例は、通常の人間の割合よりも多いのですが。

475 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:47 ID:hZJHIxWo
例えば仮に今現にテロリストが人質を撃とうとしている。
処々の理由で犯人を直ちに無力化する方法は
頭部を狙撃する事しかない。

つまり射殺するしかない。

この場合射殺することは許されるのか?

476 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:47 ID:tUrqWDUh
>>473

別に、それが問題になっているわけじゃないと思うぞ。


477 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:48 ID:tUrqWDUh
>>475

許されるよ。

478 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:48 ID:SHTi3ySW
>>474
だから、全員死刑にすれば再犯はゼロだろ。w
>>475
緊急行為について勉強してくれ。

479 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:49 ID:SHTi3ySW
>>476
調べてみろよ。w

480 ::03/08/29 22:49 ID:b1Rcrs8W
>>468
>「何かの為に人権剥奪が可能である」という事実が重要なんだよ。

 その「何か」の中身が問題なわけじゃん。
 「何か」の中身は、なんでもいいってわけじゃないのよ。

 緊急性を無視して、死刑と正当防衛を同列に語っちゃうのはムチャ。

481 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:50 ID:hZJHIxWo
>>477
許されるとすれば
「人権剥奪は原理的に許されえない」とは言えないことになるね。

目的が違うとかいうのは単なる誤魔化しに過ぎない。
この線では結論は出たな。

482 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:50 ID:SHTi3ySW
>>481
緊急行為について勉強してくれ。



483 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:51 ID:hZJHIxWo
>>480
何でもいいわけではないが、
正当防衛以外許されえないと論証出来るの?君は?



484 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:53 ID:SHTi3ySW
>>483
まず緊急行為について勉強してくれ。

485 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:53 ID:tUrqWDUh
緊急行為:正当防衛と緊急避難のこと

486 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:54 ID:hZJHIxWo
正当防衛以外に人権剥奪が許されえないと論理的に証明出来ない以上、

「世界では人権剥奪が許される場合があると解釈されている」という事実だけが残る。

487 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:55 ID:Kkwg8Qk3
>>473
フジモリは政争の問題でああなっただけ。
降伏したと見せかけて撃ってくるケースが多いからしょうがない。

488 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:56 ID:hZJHIxWo
死刑廃止派という人たちは

・現在の刑罰制度が応報抜きで成り立ってる。
・人権の剥奪が不可能であることは「論理的に証明出来る」
・失われる法益の大きさによって必要な威嚇力に違いがあることは
 証明されており、現行制度は主にその原理によって成り立ってる


と信じてる人達って事でいいのかな?


489 ::03/08/29 22:56 ID:b1Rcrs8W
>>483
 個人的には正当防衛以外許されえないとは思ってないよ。
 ただ、「死刑と正当防衛を同列に語るのはムチャ」だと言ってるだけ。

 「正当防衛で殺す事もあるんだから、死刑で殺してもイイじゃん」って
理屈は成り立たないのよ。


490 :朝まで名無しさん:03/08/29 22:57 ID:SHTi3ySW
>>487
ちゃんと調べろってば。w

491 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:01 ID:Kkwg8Qk3
>>478
>だから、全員死刑にすれば再犯はゼロだろ。w
まあ、そういった再犯防止と、その人の行った罪の重さをはかりにかけるんだね。

>>481
> 緊急性を無視して、死刑と正当防衛を同列に語っちゃうのはムチャ。
○さん、正当防衛の認められる理由は、防衛者の人権保障のほかにもあるんだよ。
http://touhoukai.s7.xrea.com/as/kei/ser3.cgi?=1.3=0


492 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:01 ID:hZJHIxWo
>>489
>「正当防衛で殺す事もあるんだから、死刑で殺してもイイじゃん」って
>理屈は成り立たないのよ。

直ちに成り立つとは言えないが、
直ちに成り立たないとも言えないね。






493 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:01 ID:tUrqWDUh
>>490

ソースを出してくれんか?
ゲリラ兵などの虐殺疑惑が出ていたと思うが、
大使公邸突入には無関係だったと思うがね?

494 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:02 ID:hZJHIxWo
>>489
>死刑で殺してもイイじゃん

君はこういう印象操作が大好きだね。

廃止派の人格を疑うよ、実際。

495 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:03 ID:SHTi3ySW
>>493
をいをい、相手にばかり頼るなよぉ。
とりあえずあれこれググッてからにしろよ。

496 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:05 ID:tUrqWDUh
>>495

あのね、言いだしたのは君なの。
信憑性のない情報なら、
そのことを断ってからレスしてくれ。

497 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:05 ID:hZJHIxWo
>>488
に返事が無いのは承認って事でいいのかな?



498 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:06 ID:SHTi3ySW
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%95%E3%82%B8%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%80%80%E8%A8%B4%E8%BF%BD%E3%80%80&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja&lr=

マジで中学生なんだろうな。こんな知恵すらないんだから。

499 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:07 ID:SHTi3ySW
>>496
>>497
あたま悪いぞ。

500 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:07 ID:Kkwg8Qk3
>>492
法秩序の維持のために認められる。で十分じゃないの?
あと、国民の法律への信頼って説もあったな。

501 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:08 ID:hZJHIxWo
>>489
要するにね、
「人権剥奪は許されえないから死刑は否定される」

ってのが成り立たないという事だよ。

違いはわかるよね。

>正当防衛で殺す事もあるんだから、死刑で殺してもイイじゃん

との。

502 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:08 ID:Kkwg8Qk3
>>495
ヲイヲイってかっこいいね

503 ::03/08/29 23:08 ID:b1Rcrs8W
>>491
 あ、このリンク先充実してるね。
 ご苦労さまです。

>>494
 オレ個人の人格を疑うのは自由だけど、それを廃止派一般に広げちゃイカンよ。
 人間と言うのは一人一人違ってるもんなんだから。

504 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:09 ID:SHTi3ySW
>>501
おまえちょっと遡って読んでみ。

505 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:10 ID:SHTi3ySW
>>500
無理だよ。w

506 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:10 ID:hZJHIxWo
>>500
前者と後者は不可分だと思うよ。

解釈学なら何を無視しても成り立つけどね、現実はそうはいかない。

507 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:11 ID:tUrqWDUh
>○

つまり、人命を奪うのには、緊急避難や正当防衛以外でも認められることがあるって言いたいのよ。
端的に言うと、死刑のことだけどね。
緊急性はないけど、
その他様々な理由で死刑制度を運用しているの。
現行制度を変えたいなら、「死刑が必要な理由を言え」じゃなくて「死刑が許されない理由は・・」と君が列挙すべきなの。


508 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:11 ID:Kkwg8Qk3
>>498
だーかーらー、それは政争の問題なんであって、別に悪いことをやったわけじゃないんだってば。

509 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:12 ID:SHTi3ySW
>>508
よくよめ。w

510 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:12 ID:SHTi3ySW
>>507
その点も話は済んでるよ。坊や。

511 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:13 ID:tUrqWDUh
>>510

じゃあ、認めるんだね?

512 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:15 ID:Kkwg8Qk3
>>503
> あ、このリンク先充実してるね。
> ご苦労さまです。
どういたしまして。
法秩序の維持という意味では、死刑との類似性があるって事がいいたかったんだけどね。


513 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:15 ID:SHTi3ySW
>>511
をいをい。
それより、ちゃんと読んだか?

514 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:18 ID:tUrqWDUh
そう言えば、三つくらい前のスレでも「死刑と正当防衛・緊急避難を、同列に論じるな」って言ったような気がする。


515 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:18 ID:Kkwg8Qk3
>>509
検察が操作して、国会が裁くんでしょ?
多数派の暴力じゃん。

軍事裁判では証拠不十分で無罪になったんだし。

516 :514:03/08/29 23:21 ID:tUrqWDUh
過去スレbT・6で、議論されていたね。


517 :朝まで名無しさん :03/08/29 23:22 ID:ob/hdk+h
つうか正当防衛は国家が安全を保障しない状況では
国家に委譲してた自然権が復活するって事じゃねえの?
法律が人間の存在を否定していいのかとは
どうも別問題のような気が駿河。

518 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:25 ID:Kkwg8Qk3
>>517
前半に同意。

「復活した」「自然権」が殺人も含んでいるわけじゃないですか。
それを国家に「委譲」したものが刑罰なら、当然その刑罰も殺人を含んでいるんじゃないですか?

519 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:26 ID:hZJHIxWo
>>517
正当防衛はそうかもね。
というかその方がしっくり来る気もするけど。

警官による犯人射殺はそれでは説明出来ないね。

520 ::03/08/29 23:27 ID:b1Rcrs8W
>>507
>つまり、人命を奪うのには、緊急避難や正当防衛以外でも認められることがあるって言いたいのよ。
>端的に言うと、死刑のことだけどね。

 現状、日本を含む死刑実施国では死刑が認められてるから、それはその通りだと思うよ。
 でも「正当防衛が認められる理由」と「死刑が認められる理由」は同じじゃないよね。
 「正当防衛が認められるから、”同じように”死刑も認められる」っていう理屈は成り立たない。
 オレがここ20レスくらいで書いてるのは、そういう事。

 >>501とかアナタみたいに、「死刑を肯定する根拠」と「死刑廃止論を否定する根拠」の区別が
ちゃんと付いてるのなら、オレが何か言う必要はないんだろうね。

 あと、「死刑が許されない理由」は、オレの場合冤罪被害の軽減。
 正確には、「死刑が許されない」じゃなくて「死刑に反対する」理由だけど。
 この辺は過去ログで散々書いてるので、気が向いたら読んでみて。


521 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:27 ID:hZJHIxWo
>>518
それはちょっと無理があるんじゃないかな。

自然権が復活する条件が
国家の不在なんだから。

522 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:28 ID:Kkwg8Qk3
>>519
結局、「悪いことをしたのだから殺す」と、「これ以上の死者を出したくない」の兼ね合いじゃない?
悪いことをしてない人を射殺したりしないんだし。

523 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:29 ID:Kkwg8Qk3
>>521
でも殺人を含めた自然権が国家に委譲するんでしょ?
殺人を含めていないのなら、復活しても殺人は認められないことになるんだし。

524 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:30 ID:hZJHIxWo
>>520
でもこの話は、「冤罪被害の内、刑罰としての死は許されえないか」とも
関わる話だね。

ただ君の場合
「現実的に見て、刑罰としての死が妥協出来る限界線」って事らしいから
少し違うけど。

525 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:32 ID:hZJHIxWo
>>522
つまり両方が成り立つ限りにおいて
許される事については事例があると言うことだね。
>>523
限定条件が成り立たなくなった時点で、
移乗するという行為自体が成り立たないと思うけど。

526 ::03/08/29 23:37 ID:b1Rcrs8W
>>517
 つか、自分の身を自分で守る権利は委譲して無いんじゃない?
 武装とかに関しては見解が分かれるとこもあるけど、緊急な生命の危険に
見舞われた時は、そこに国家権力(警察力)が有るか否かを問わず、自衛の
為の行為そのものは認められるような気がするんだけど。

 あー、でも現場レベルでは警察から犯罪者扱いされたりしちゃうのかなぁ?

527 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:37 ID:bgt1w+Fc
制度欠陥論はもううんざり・・

528 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:37 ID:tUrqWDUh
>>520
>でも「正当防衛が認められる理由」と「死刑が認められる理由」は同じじゃないよね。
 
だから、同じじゃないって言うとるやん。

>「正当防衛が認められるから、”同じように”死刑も認められる」っていう理屈は成り立たない。
 
おれが、いつそんな事を言った?


529 ::03/08/29 23:42 ID:b1Rcrs8W
>>524
>「現実的に見て、刑罰としての死が妥協出来る限界線」

 それも有るけど、冤罪死刑による被害としては、「再審の権利の剥奪」っていう
部分が気になるんだよね。
 「再審制度を作っといて、ソレを司法が自分で潰しちゃうのかよ?」って感じで。

 


530 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:42 ID:hZJHIxWo
>>518
ゴメン、
>>525等はなんか取り違えてるね。



531 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:44 ID:hZJHIxWo
>>529
運用である程度、その可能性を確保してるのが現状じゃないのかな?

いつだったか、そういうのは問題だって君は言ってたけど、
優先順位を考えればありなんじゃないの?

532 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:46 ID:tUrqWDUh
>>529

別に、再審を起こす権利は剥奪されていないぞ。


533 :517:03/08/29 23:46 ID:ob/hdk+h
う〜ん、オレは法律はよくわかんないけど
自分で暴力で身を守らなくて良い状況では自衛権を主張しない
という意味で常態は自然権の委譲がなされてると思うんだよね。
だからこそ国家が安全を保障しない状態での殺人は私刑ではないと。


534 :517:03/08/29 23:48 ID:ob/hdk+h
>529
最高裁終わっても再審ってあるの?

535 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:49 ID:tUrqWDUh
>>534

だから、再審とはその名の通りだよ。

536 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:49 ID:Mwl+6ng9
>>532
再審請求中でも執行される。

537 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:50 ID:Kkwg8Qk3
>>534
aruyo

538 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:50 ID:bgt1w+Fc
また○氏に付き合ってるのか?
彼は無辜の人命なんか気にして無いって(w



539 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:50 ID:Mwl+6ng9
執行されたら本人は再審請求できない。

540 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:51 ID:Qak9sPCs
>>529
刑事訴訟法で再審請求は刑の執行を妨げるものではないと規定しているんだから
最初から制限つきなんだよ再審請求ってのは

541 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:53 ID:Mwl+6ng9
>>540
その制限は死刑だけだがね。

542 ::03/08/29 23:53 ID:b1Rcrs8W
>>531
 運用って、融通が利くのが最大のメリットでもありデメリットでもあると思うんだよね。
 オレとしては、大事な問題だからこそ、運用レベルで曖昧に処理するんじゃなくて、
ハッキリとルール作りをしておくべきだと思うんだけど。
 まぁ、現実的な即効性とかに関しては、運用面でも調整も有効な手段だとは思う。


543 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:54 ID:tUrqWDUh
>>539

んなの、気にしてられん。


544 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:55 ID:hZJHIxWo
>>523
は成り立ちうるような気はしてきたけど、
委譲されたからといって、直ちに国家が行使してよいという事になるかどうかは疑問だけど。

545 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:56 ID:bgt1w+Fc
もう一度言うよ。
○氏の理屈を突き詰めると、「司法に致命的失敗はさせたくない」だよ。
別に無辜の人命なんか気にしてないよ、彼は。

546 ::03/08/29 23:56 ID:b1Rcrs8W
>>534
 あるよ。
 WW2以降の日本で、最高裁で死刑が確定してから、再審で無罪になって
釈放された人は4人居る。

>>540
 死刑以外の刑罰は、刑を執行した後でも、物理的にも制度的にも
再審請求が可能なんだけど、死刑だけはそれが出来ないんだよね。
 その辺で、他の刑罰とは違っちゃってるな、って気がする。




547 :朝まで名無しさん:03/08/29 23:58 ID:hZJHIxWo
>>542
いやそれは運用面で処理することに原理的に内在する問題ではないと
思うけどな。>曖昧

死刑が特殊な刑罰であることは間違い無いんだから
その執行に際していくつかの条件を設けても特に問題は生じないと思うけどな。

548 :朝まで名無しさん:03/08/30 00:00 ID:hoC143d2
>>543
免田栄他が一体何度再審請求したか知ってるのか?

549 :朝まで名無しさん:03/08/30 00:01 ID:nKJQGXRO
>>541
死刑だけではないんだけど。
命の代わりに懲役では自由の拘束が再審請求とは関係なしに執行される。

で、死刑の話に限ってみても
最初から再審請求の権利は執行されるまでってことだ。
剥奪するという指摘がすでに間違い


550 :朝まで名無しさん:03/08/30 00:01 ID:gfJxyU7t
>>546
応報を満たすという点から言えば、
死刑判決が出た時点である程度その機能は果たされてるわけだよね。

執行まで時間がかかることは
特に重大な問題だとは思われない。

受刑者にとって以外。

551 :朝まで名無しさん:03/08/30 00:01 ID:DC45/A20
>>542
つか、あんたそれだけ熱心なら、肝心のそのルールについて自分でもちょっとは学べよ。
俺から見ても活字コンプレックスが多すぎるね。このスレは。

552 :朝まで名無しさん:03/08/30 00:02 ID:gfJxyU7t
>>548
当時とは司法制度自体が違うでしょ。
この先これで十分とも思わんけど。

553 :朝まで名無しさん:03/08/30 00:02 ID:m4SS2u/A
>>546
>死刑以外の刑罰は、刑を執行した後でも

ちょっと教えてほしいのだが、例えば懲役3年の刑が執行されたというのは
服役が始まる時、それとも3年務めたあと?

554 :朝まで名無しさん:03/08/30 00:02 ID:HSnZgSmQ
「本人が再審を請求できる(そして受けられる)権利を保護するために、死刑制度は廃止すべき」って言いたいんだろう?
じゃあ、再審で却下されたら死刑で良いんだね?
別に、死刑を否定しているわけじゃないんだね?

555 ::03/08/30 00:04 ID:CVSJ0PEi
>>547
 例えば死刑が確定してから執行までの期間に関しては、現状に対して
オレは「運用面で処理する形になってるから、曖昧になってる」って感じて
いるんだけど、その事についてはどう思う?

 死刑確定から執行までの間隔が、法務大臣っていう個人の思惑によって
全然違ってきちゃうのって、法律としてどうかと思うんだけど。


556 :朝まで名無しさん:03/08/30 00:06 ID:+Dv6x29V
>>466
スレの進みが速いねえ。。。

自衛は単なるリアクションだけではないんだよ。
予期し得る攻撃に対しては自衛権は認められ得るんだ。
攻撃される事が予期出来るなら自衛は認められるんだよ。

死刑と同様の再犯予防効果を期待出来る代替刑罰が無い以上
死刑は社会の自衛手段として認められ得るんだ。

557 :朝まで名無しさん:03/08/30 00:07 ID:nKJQGXRO
>>546
>死刑以外の刑罰は、刑を執行した後でも、物理的にも制度的にも
>再審請求が可能なんだけど、死刑だけはそれが出来ないんだよね。
>その辺で、他の刑罰とは違っちゃってるな、って気がする。
最高裁までで審理を確定させるという原則に立っているので
再審請求ができないことを法的に救済する意味はないんだよ、本来。


558 ::03/08/30 00:09 ID:CVSJ0PEi
>>550
 そうかな?
 例えば宅間やオウムの松本や宮崎が、何十年も死刑執行されないで
獄死しちゃったら、文句言う人は結構居そうな気がするけど。


559 :朝まで名無しさん:03/08/30 00:10 ID:gfJxyU7t
>>555
いやだから運用について明文化すればいいだけじゃないの?

執行決定が法務大臣オンリーになってる現状はどうかと思うけど。
やりようは他にもあるんじゃないかね。

執行まで10年程度期間を置くことを明文化すれば
冤罪の可能性はかなり低くなると思うけどな。
現実0程度まで。

裁判の迅速化は必要だけど。




560 :朝まで名無しさん:03/08/30 00:11 ID:nKJQGXRO
>>555
法務大臣が裁量しているのは法律で保障されているわけじゃないんだけど。
再審請求中でもなければ6ヶ月過ぎたら法律違反だよ、本来は

561 :朝まで名無しさん:03/08/30 00:12 ID:gfJxyU7t
>>558
>文句言う人は結構居そうな気がするけど

冤罪被害の軽減とどっちを取るかだね。
要は優先順位の問題。


562 ::03/08/30 00:13 ID:CVSJ0PEi
>>554
 再審請求というのは、何回も出来るものなのよ。

 実際、技術の進歩によって新しい判断材料(例えばDNA鑑定とか)が
出てくる事も十分ありえることだし。

563 :朝まで名無しさん:03/08/30 00:13 ID:m4SS2u/A
>>558
意味無いジャンとか言って文句言うのは廃止派だったりして。

564 ::03/08/30 00:14 ID:CVSJ0PEi
>>553
 どっちなんだろね?
 法律に詳しい人に教えていただきたいところ。

565 :朝まで名無しさん:03/08/30 00:15 ID:HSnZgSmQ
>>562

何回できようが、認められなければ意味がない。
新事実発見なんて、まず小説の世界でしかあり得ない。


566 :朝まで名無しさん:03/08/30 00:16 ID:ToO2i0rl
1:事実に対して仮定を持ち出す
2:ごくまれな反例をとりあげる
3:自分に有利な将来像を予想する
4:主観で決め付ける
5:資料を示さず自論が支持されていると思わせる
6:一見関係ありそうで関係ない話を始める
7:陰謀であると力説する
8:キレる、荒らす。
9:自分の見解を述べずに人格批判をする
10:ありえない解決策を図る
11:レッテル貼りをする
12:決着した話を経緯を無視して蒸し返す
13:勝利宣言をする
14:細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる
15:新しい概念が全て正しいのだとミスリードする


567 :朝まで名無しさん:03/08/30 00:16 ID:nKJQGXRO
>>553
懲役刑を勤めている間は執行中
執行されたというのは刑期が満了したとき。


568 :朝まで名無しさん:03/08/30 00:17 ID:m4SS2u/A
>>564
「死刑以外の刑罰は、刑を執行した後でも」というのはどっちを想定したの?

569 :朝まで名無しさん:03/08/30 00:19 ID:m4SS2u/A
>>567
終身刑なら死んだ時ってことなのかな?

570 :朝まで名無しさん:03/08/30 00:21 ID:nKJQGXRO
>>569
そう、
無期懲役でもね。
仮釈放されてても刑の執行が完了したことにはならないし

571 :朝まで名無しさん:03/08/30 00:24 ID:m4SS2u/A
>>570
サンクス。
ということは○氏が
> 死刑以外の刑罰は、刑を執行した後でも、物理的にも制度的にも
>再審請求が可能なんだけど、死刑だけはそれが出来ないんだよね。
> その辺で、他の刑罰とは違っちゃってるな、って気がする。
ってことを言ってたのだが、仮に終身刑が導入された場合、これもまた
「他の刑罰とは違ちゃってる」ってことになるね。

572 ::03/08/30 00:28 ID:CVSJ0PEi
>>559
>執行まで10年程度期間を置くことを明文化すれば
>冤罪の可能性はかなり低くなると思うけどな。
>現実0程度まで。

 死刑が確定した後で、再審して無罪になった4件の事例って、
どれも確定から再審開始までに30年近くかかってるんだよね。

 ま、結局はどこに妥協点を置くかと言う問題なので、アナタの
意見もそれはそれでアリだとは思うけど。






573 ::03/08/30 00:32 ID:CVSJ0PEi
>>561
 そういうやり方で冤罪被害の軽減を目指す事自体は悪い事では無いと思うよ。
 現行の法律の範囲内で、即効性のあるやり方だとは思うし。

 でも、「やってもいいし、やらなくてもいい」状態と、「やってはいけない」状態って
やっぱ違うと思うんだよねぇ。


574 ::03/08/30 00:33 ID:CVSJ0PEi
>>568
 懲役中。
 だから、>>567を参考にして正確に言い直すと、
「刑を執行している最中でも」だったね。


575 :朝まで名無しさん:03/08/30 00:35 ID:gfJxyU7t
>>572
その4件当時とは司法制度自体が違うじゃん。
再審に時間がかかったというより新基準が生まれるまで
無理だったとも言えるし。

まあ10年てのは適当に言っただけだけど。
その辺は専門家の仕事じゃないの?

今日はこの辺で。



576 :朝まで名無しさん:03/08/30 00:40 ID:m4SS2u/A
>>574
死刑で「刑を執行している最中」というのはどういう時?

577 ::03/08/30 00:45 ID:CVSJ0PEi
>>575
>まあ10年てのは適当に言っただけだけど。

 うん、10年っていう数字が、アナタの意見の枝葉に過ぎないのは分かってる。

 オレも今日はここまで。

 
 

578 :朝まで名無しさん:03/08/30 00:47 ID:m4SS2u/A
>>574
つまり○氏は、死刑執行後の本人による再審請求が出来ないことに関しては
別に問題にしてないってことなのね?

579 :朝まで名無しさん:03/08/30 00:50 ID:ibI3jBUe
>>575
>その4件当時とは司法制度自体が違うじゃん。
なんかもう馬鹿もいい加減にしてくれよ。
夏厨は、宿題やってろよな。

580 ::03/08/30 00:51 ID:CVSJ0PEi
>>576,578
 あー、ちょっと寝る前に誤解を解いとくよ。
 要するに、死刑は「一度刑を執行しちゃったら本人が再審受けられない」ことを問題にしてるの。
 わかった?

581 :朝まで名無しさん:03/08/30 00:53 ID:m4SS2u/A
>>580
じゃあ終身刑でもいっしょだね。

582 :朝まで名無しさん:03/08/30 01:03 ID:3JtByiZJ
>>581
獄中でも再審請求できますがな。

583 :朝まで名無しさん:03/08/30 01:06 ID:JiVdRrA8
>>581
馬鹿ばっかりだね。

584 :朝まで名無しさん:03/08/30 01:08 ID:m4SS2u/A
>>582
死刑執行前でもできます。

585 :朝まで名無しさん:03/08/30 01:11 ID:3JtByiZJ
>>579
実務的には旧制度の影響から抜けきれてなかったのではなかろうか?

死刑確定後再審無罪事件
ttp://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/muzai.htm

586 :朝まで名無しさん:03/08/30 01:12 ID:3JtByiZJ
>>584
○氏は>>580でなんと言っているカナ?


587 :朝まで名無しさん:03/08/30 01:15 ID:m4SS2u/A
>>586
それがどうかしましたか?

588 :朝まで名無しさん:03/08/30 01:16 ID:JiVdRrA8
>>585
じゃぁ具体的に指摘してみろよぉ。

589 :朝まで名無しさん:03/08/30 02:25 ID:OS5ZB4N7
まずは日本の司法の現状をしっかり捉えないと。
現在の日本の司法制度下で死刑執行後に冤罪が判明した例が何例あるか
○は知ってるのかな?
この数字を知っていれば現在の日本の司法制度が非常に安全性が
高い事は解る筈なんだよね。つまり、冤罪死刑なんていうものが
ほとんどあり得ない確率でしか起こり得ない制度を日本はもっているんだ。
そのあり得ない確率の出来事を殊更クローズアップして制度廃止論の
ツールとするなら、廃止を望まない方もあり得ないような可能性の出来事を
持ち出して議論するしかなくなるんだよね。
死刑を廃止した事で死刑相当の凶悪犯が脱獄し、無辜の民が犠牲になる
可能性なんてあり得ないような確率の出来事も議論の俎上に乗せざるを得なくなるんだよ。

590 :朝まで名無しさん:03/08/30 02:32 ID:NAYBdrKR
>>589
やめてくれ。

現状を言うなら、冤罪が強く疑われている事例は他にもいろいろあることぐらい知っているだろうに。
しかも白鳥決定以前、一体どれほど冤罪での執行があったか。
「4件も」あったというべきだし、4件でも多すぎるぐらいのもの。
事実、その4件の被害者は皆死刑の廃止を訴えている。我々だけではないと。
そして、戦後の混乱期だからというのもいい訳にすぎない。
自白偏重に始まる冤罪の構図自体は現在でも基本的に代わっていないのだから。

そういうことも知らずして現状の把握とはよく言ったものだ。


591 :朝まで名無しさん:03/08/30 02:55 ID:+GliFTpY
>>590
冤罪での執行が4件?

592 :朝まで名無しさん:03/08/30 03:20 ID:2X1o2WgI
>>590
あのさ、白鳥以前と現在が違う事くらい分かるだろ?
こういう事言ってるから死刑廃止論自体が左翼のイデオロギー
闘争の一環だと思われるんだよ。悪いけど廃止派としても
君みたいな物言いをされると迷惑だよ。

593 :朝まで名無しさん:03/08/30 03:31 ID:6D6WrsCP
http://www.memorize.ne.jp/diary/02/23153/
こいつ自分のHPの掲示板に荒らしに書き込みされて掲示板閉鎖してる
だったら初めから責任もてない宅間守の処刑について発言しなければいいのに。
まぁ自業自得だね。ちなみに日記に負け惜しみ書いてます。

594 :朝まで名無しさん:03/08/30 03:53 ID:JiP/42Px
荒す術がなくなっちゃったんならそれは荒らしの負けだろ。
掲示板がないと、荒らしってなんと無力な奴らであることか。

595 :朝まで名無しさん:03/08/30 10:58 ID:NAYBdrKR
>>592
嘘くさい奴。w
現在冤罪が強く指摘されている案件をあげてみたら?

596 :朝まで名無しさん:03/08/30 11:28 ID:nbcjRPSL
法整備に意味が無く、制度内の人間的要素からくる問題を
永久に解決出来ないとするなら、それが大前提なら

もう出来る事は何もないな。
制度による理不尽な人権侵害を止める手立ては無い。

最高刑懲役10年にした所で、
刑務所内での死亡を防ぐのは不可能。

獄死と言っても真実は刑務官によるリンチかも知れんしな。

司法をあきらめるしかないわね。

597 :朝まで名無しさん:03/08/30 11:33 ID:ZB56nocH
>>596

学生を囚人と看守に役割分担させた有名な実験が、アメリカの大学であった。
お互いが役割に成りきって、悲惨な結果に陥ったらしい。
「君は看守、あなたは囚人」として規則を緩やかにすると、
極端に走ってしまうらしい。
日本の刑務所では規則が多いので、
そうなる場合が少ないらしいね。
まあ、それでもリンチ処刑がいくつかあったことに悲しみを覚えるけど・・


598 :朝まで名無しさん:03/08/30 11:36 ID:htpyDeG5
現行犯でない冤罪の可能性があるならまだしも、冤罪の可能性0であれば、死刑は当然あってしかるべき。
死刑も苦しんで氏ぬ方法に変えろ

ハムラビ法典、復活キボーン

599 :朝まで名無しさん:03/08/30 12:16 ID:CVSJ0PEi
ハンムラビ法典には「他人を告発して、それが冤罪だったら、告発した人が死刑」
という条文があった。

犯罪に対する罰が厳しければ、冤罪に対する罰も厳しくなると言うことだ。

600 :朝まで名無しさん:03/08/30 13:07 ID:C8/a9qFV
ま、廃止派は「人権の剥奪は認められない」というだけで
「何故そうなのか」を説明出来ないという事で。
これじゃあ誰も納得させられないし、死刑廃止の実現も
不可能って事だね。

601 :朝まで名無しさん:03/08/30 13:23 ID:4LzAbb44
まぁ確かに普通の中学生には理解できないだろう。
せめて宿題ぐらいはちゃんとやりなね。


602 :朝まで名無しさん:03/08/30 13:26 ID:4EiwZCq5
・廃止派
  死刑は人権を奪う刑である。
  殺人は例外を除いて許されるべきではない。
  だから、存置には論理的根拠必要。
  存置に論理的根拠が無い事が廃止の根拠となる。

・存置派
  死刑は現在、特に支障なく行われている刑である。
  国民の大多数が存在を認めている。
  だから、廃止には論理的根拠必要。
  廃止に論理的根拠が無い事が存置の根拠となる。


いつまでたっても平行線なのは証明責任に対する意識のズレだと思われ。
  

603 :朝まで名無しさん:03/08/30 13:28 ID:3JtByiZJ
>>600
きっと↓てなレスがあるでしょう(w

「既出」「さんざん説明済み」「理解できないならあきらめろ」

604 :朝まで名無しさん:03/08/30 13:30 ID:3JtByiZJ
あ、>>601を見なかったよ(-_-;)

605 :朝まで名無しさん:03/08/30 13:46 ID:3JtByiZJ
>>601
ところで「理解」と「納得」の違いはわかるか?
きっと中学生でもわかるぞ。

606 :朝まで名無しさん:03/08/30 13:55 ID:NAYBdrKR
>>602
「平行線」なのは、理性的結論を認めたくないという拒否しているから。
つまり意識のズレというより、「わかりたくない」という思考拒否というのが実際だろうね。

権利制約には相応の根拠が必要だという法原則を理解していれば、
ここでの証明責任の話に異論を唱えるのが難しいことぐらいわかることだからね。

いつまでも素人的感想に止まっていたいんだよ。
でないと、認めなきゃいけなくなると本能的にわかっているから。

607 :朝まで名無しさん:03/08/30 13:56 ID:NAYBdrKR
>>606
○「理性的結論を認めたくないという心理的拒絶をしているから。」

608 :朝まで名無しさん:03/08/30 14:01 ID:3JtByiZJ
>権利制約には相応の根拠が必要だという法原則を理解していれば、
いくら法原理を理解していても、何をもって「相応」と考えるかというところで
認識のズレがあれば結論は異なるよ。


609 :朝まで名無しさん:03/08/30 14:03 ID:NAYBdrKR
>>608
だから、その「相応」の拠り所になる根拠は「国民の多くが望んでいる」しかないの。
唯一これだけしかない。
それじゃ通用しないんだよ。w

610 :朝まで名無しさん:03/08/30 14:07 ID:NAYBdrKR
現代の立憲主義の下では、多数の意思というのは人権制約の根拠としては極めて弱いというのも、
今や常識的は法原則なんだが。


611 :朝まで名無しさん:03/08/30 14:07 ID:NAYBdrKR
>>610
○「常識的な法原則」

612 :朝まで名無しさん:03/08/30 14:11 ID:bOQ0czsk
>>606
権利制約に相応の根拠が必要な事を認めていない存置派なんていないよ。
死刑に関しても、つまり権利の剥奪に関しても制限と同様の理由から
可能だとしているだけ。
死刑になるような犯罪を犯した者は制限だけでは事足りないだけの
社会に対する危険性を帯びた人物であるから社会の安全を優先し
権利の剥奪を行うというコンセンサスが社会的に得られているという考え方。

613 :朝まで名無しさん:03/08/30 14:12 ID:gISL/q6Q
>>602
間違ってるよ

廃止派の主張は
「存置には論理的根拠が必要」ではなく
「存置には機能的根拠の証明が必要」




614 :朝まで名無しさん:03/08/30 14:12 ID:3JtByiZJ
>>609
しょせん「相応」ってのは突き詰めれば価値判断なわけで理屈はアトヅケ。
法の論理って多分にそういうもんだよね。
だから立法府は国民代表で構成されるわけで・・・

それに「常識的」も突き詰めれば価値判断だね(w

615 :朝まで名無しさん:03/08/30 14:13 ID:gISL/q6Q
>>610
人権制約の根拠は「刑罰だから」だよ。

相変わらず馬鹿だね。

616 :朝まで名無しさん:03/08/30 14:17 ID:gISL/q6Q
彼が人権制約を受ける根拠は
彼が犯した行為が違法なモノだったという事実で

機能的根拠は無関係だよ。
人権制約の「内容」の妥当性は
それとは別の話。

617 :朝まで名無しさん:03/08/30 14:21 ID:gISL/q6Q
機能的根拠の証明が無いことが
死刑の廃止根拠になると言える為には

現行の法制度が応報を否定していることを証明しなければならない。

それが無いから平行線なんだろ。

618 :朝まで名無しさん:03/08/30 14:21 ID:ctfV71AJ
>>614
結局、神学論争になるんだよね。

法学の理論で必然的に廃止を選択しなきゃならないとしても
単に廃止に結びつく法体系を社会が選択しているということで
それを精緻に理論展開しているにすぎない。

社会がそのような法体系を選択しなきゃいけない必然性はどこにもないわけで



619 :朝まで名無しさん:03/08/30 14:23 ID:gISL/q6Q
現在の刑罰制度が応報を土台にしている以上
機能的根拠の立証責任など存在しない。

620 :朝まで名無しさん:03/08/30 15:09 ID:htpyDeG5
刑罰ってのは人間だからこそ与えられる。
死刑になるやつは人間ではない。
人権の根本である命を奪った人の形をした獣だから頃せということだ。
それでよし!

621 :朝まで名無しさん:03/08/30 15:18 ID:bLWtExZ4
廃止派が黙ってスレが止まると
毎回のように釜茹で厨が出てくる。

なんか不自然な流れがあるな。

622 :朝まで名無しさん:03/08/30 16:40 ID:R6IHtg1Q
>機能的根拠の証明が無いことが死刑の廃止根拠になると言える為には
>現行の法制度が応報を否定していることを証明しなければならない。

応報は基本でしょ。
目的刑論的な方向に振った応報刑論というのが現代の一般的な法解釈。
そもそも目的刑論に偏りすぎて応報という原則を忘れてしまっては
危険極まりない。


623 :朝まで名無しさん:03/08/30 17:05 ID:vz61/Sr2
>>622
ここの廃止派は違う考え方らしい(w→ >>265 >>359

624 :朝まで名無しさん:03/08/30 17:30 ID:3JtByiZJ
つか、「機能的根拠の証明」が必要だという理屈は、
死刑廃止だけを主張するぶんには都合がいいけど、
他の刑罰の正当性の説明で破綻するよね。

625 :朝まで名無しさん:03/08/30 17:35 ID:4EiwZCq5
で、「廃止する根拠が必要」となると
残虐刑を否定する正当性の説明で破綻する、と。

結局、消極的存置論が一番落ち着きがいいんだよねえ…

626 :朝まで名無しさん:03/08/30 17:37 ID:tn2GTp8m
>>624
それを指摘すると「生命刑とそれ以外は違うからいいんだいっ!」
って答えが返ってくるよ。
生命刑以外はその証明はいらないんだって。

627 :朝まで名無しさん:03/08/30 18:08 ID:R6IHtg1Q
 応報刑論ってのは、刑罰を過去に繋ぎとめる役割を持っているし、
目的刑論ってのは、刑罰を未来へと繋いでいく役割を持っている。

 どっちか片方に偏っちゃうのは危険なのよ。

628 :朝まで名無しさん:03/08/30 18:48 ID:5gkR88Nn
 犬畜生以下の人間に何言っても無駄、殺すしか手がないと思うけど。

 それに、ここで反対を唱えてる人って被害者になったことないんとちゃう?。

 俺はいじめに遭ってるから判るけど、加害者をどんなに時間が経とうとも恨ら
んでますよ。それでどうなるって言われればそれまでだけど、加害者から受けた
屈辱を忘れる人っているのですか?

 自分が被害者になってないから平気で反対と言ってるだけだと思うよ。生死の
境を彷徨えば如何に馬鹿らしいことを言ってるか判ると思うよ。

629 :朝まで名無しさん:03/08/30 20:37 ID:R6IHtg1Q
人を殺すことしか能がないんじゃ、それこそ犬畜生以下だろ。
野生動物だって、降伏した相手は殺さずに逃がすんだぜ。

630 :朝まで名無しさん:03/08/30 21:00 ID:JiP/42Px
人を殺すことしか能がない奴がいるとしたら
犯人の側だけだけどな。

631 :段造 ◆b5w5DanzOU :03/08/30 21:11 ID:CUZAn/8w
そうだね。犬畜生以下、ってのは犯人のこと。


632 :朝まで名無しさん:03/08/30 21:41 ID:NAYBdrKR
>>614
ここでいっているのは法的合理性であって、その点でおまえの言うような「価値判断」は済んでいる。
ま、そもそも社会科学の議論で「価値判断」を持ち出すのは不勉強の証拠な訳だが。

>>617
なんか刑罰論を基本的なところで誤解しているな。

>>618
程度の差はあるにせよ、実際は今や北朝鮮以外は採用済みと言って良い状況なんだな。実は。

>>622
もうちょっと現代の刑罰論を勉強してくれ。

633 :朝まで名無しさん:03/08/30 21:43 ID:NAYBdrKR
それにしてもお芝居に意味が見いだせる精神が理解できんな。


634 :朝まで名無しさん:03/08/30 21:44 ID:qpX1Oaau
>>632
こういう態度を続ける限り、永遠に死刑廃止は実現されないよ。
世論をそちらに引き寄せない限り、実現は不可能。

こういう態度をとる廃止派って、実は存置派の工作員なんじゃないかと
勘ぐりたくなる存在だよ。。。

635 :朝まで名無しさん:03/08/30 21:45 ID:NAYBdrKR
>>634
うーん、勘違いされては困るが、少なくとも君たちは対象外だよ。
2chといってもいいだろうが。

636 :朝まで名無しさん :03/08/30 21:51 ID:PhMA613Y
死刑囚に人権を剥奪した労働者としての道を与える。
反抗→死刑とし、常時に死を意識させる。
そして一生を死ぬ気で社会に奉仕させる。


637 :朝まで名無しさん:03/08/30 21:51 ID:Fi1YJVuo
>>634
彼のメンタリティはストーカーと同じなのだと思う。
大袈裟でもなんでもなく。
ここまで来ると厨というより病気としか考えられない。

あるのは悪意か怒りか知らんがもはや目的などどっかに言ってしまってる。


可哀想だけど無視するしかないね。

638 :朝まで名無しさん:03/08/30 21:56 ID:3JtByiZJ
>>632
刑罰論どころか法について根本のこころを理解していないから
恥ずかしげもなくそういうアホな物言いができるのだろう・・・

まぁ、坊やには難しすぎるかもね。
もっと大きくなってから勉強するんだね。

639 :朝まで名無しさん:03/08/30 21:56 ID:NAYBdrKR
>>637
いやぁ、中途半端なアホを見るとつい口を出したくなるだけ。
実際こういうところ以外じゃ、それなりに成果はあがっているし、
だからはっきり言ってここでは無意味だから無視していれば良いんだけどね。ほんと。

ま、しょうがないよな。なぜかつい見ちゃう。w

640 :朝まで名無しさん:03/08/30 21:57 ID:3JtByiZJ
>>637
きっと世の中理屈でなんでも答えが出ると思っている厨房だよ。

641 :朝まで名無しさん:03/08/30 21:58 ID:NAYBdrKR
>>638
そういう強がりは無意味だよ。
君自身が一番わかっているように、
さすがに君の不勉強は誰が見ても一目瞭然なんだから。w


642 :朝まで名無しさん:03/08/30 21:59 ID:NAYBdrKR
>>640
なんでもではないが、少なくとも死刑は答えは明確に出てる。
理解できるか否かの問題でしかない。


643 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:00 ID:Fi1YJVuo
>>640
いやでも理屈さえ言えてないし、それは本人にもわかってるはずだから、
やっぱ病的なものを感じる。

644 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:00 ID:3JtByiZJ
>>638
根本のこころ→根本のところ

まぁ、心、mindでも間違いではないが・・・

645 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:02 ID:3JtByiZJ
>>643
あ、それは確かに・・・

646 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:03 ID:3JtByiZJ
>>641
強がり?・・・あんたやっぱりわかってない(w

647 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:07 ID:NAYBdrKR
だからさ、まず第一に、廃止論は別に私のオリジナルじゃない訳よ。
つまり、世界共通。世界のどこでも同じ事を言っているし、多くの国で採用されている。
それは参考文献を見れば明確。
特に立憲主義が実質的に成立している先進国で採用していないのはアメリカぐらい。

ここで私がやっているのは、つまり法的な議論として基本的に完全に成立し、
承認されている議論を紹介しているだけ。
つまり、少なくとも議論の構造自体は法的合理性の点で問題はないんだから、
そこをまず押さえた上で反論するしか君(ら)には道はない。

それすらできないんだから、まぁ論外と言うしかない訳だな。

648 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:08 ID:3JtByiZJ
>ここで私がやっているのは、つまり法的な議論として基本的に完全に成立し、
>承認されている議論を紹介しているだけ。

だからよ、ここが嘘だって早く気づけよ(w

649 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:08 ID:Fi1YJVuo
まあまともな廃止派が来るまでお休みだな。

650 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:09 ID:NAYBdrKR
だが、君(ら)は、基本的な文献や法的な論理を理解するという作業を敢えてしない。
それはおそらく恐怖からくるんだろうと推測している訳だ。

フロムぐらいは読んでおくといいんだが。


651 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:10 ID:NAYBdrKR
>>648
君の場合、そこがねぇ・・・
とにかくもう少し勉強しなよ。

今時応報応報なんて言っているようじゃな。

652 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:10 ID:3JtByiZJ
まぁ、あんたが、法律の本を読んだりして勉強して
そういうことを言っているとしたら、言いたかないけど
これはもう個人の能力の問題だね・・・永久に理解は無理だな。

653 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:11 ID:DB+NXKBD
>>649
>まあまともな廃止派が来るまでお休みだな。

今世紀中は、おそらく無理ですな。


654 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:11 ID:3JtByiZJ
結論、ID:NAYBdrKRは理解力に問題がある、以上。

655 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:12 ID:NAYBdrKR
>>652
だから、私とは無関係。
私個人見解など、まぁほとんどないんだから。
世界的に承認されている理屈をそのまま紹介しているだけなんだからさ。w

656 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:12 ID:3JtByiZJ
>>653
それは廃止派に失礼だろう。
彼は特別だよ。

657 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:12 ID:NAYBdrKR
>>653
その前に間違いなく廃止になってるよ。w
所詮時間の問題なんだから。

658 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:13 ID:NAYBdrKR
>>656
私が特別なのはまぁ完全に馬鹿を馬鹿にしていることだろう。
だが、それと内容は無関係なんだな。w


659 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:15 ID:Fi1YJVuo
>>658
コテハンにして出来ればトリップも付けてくれると助かるんだけど。

660 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:16 ID:NAYBdrKR
しかしいつも不思議でならないのは、世界的に確立している理屈を、
小手先のちょっとかじった程度で崩せると思う心性だね。

こればかりはいつもながら理解不能。
まぁ理解不能だから○○なんだろうが。

661 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:17 ID:NAYBdrKR
>>659
いいんだよ。どうせ意味がないことをやっているんだから。w

662 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:18 ID:Fi1YJVuo
>>661
いやこっちの都合でね、駄目かな?

663 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:18 ID:2372x96q
>>661
そうやって自分を慰めてなさい。

664 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:19 ID:3JtByiZJ
>>660
どうやら真正のようだな。
あんたが「紹介」しているという「世界的に確立している理屈」というのは
あんたの理解力のなさに基づく誤解の産物だ。


665 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:20 ID:2372x96q
存置派のHP.佐々木知子って衆議院議員。
http://www.tomokosasaki.jp/concern7.htm
結構役に立つよ。

666 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:25 ID:NAYBdrKR
>>664
無駄な抵抗が好きだね。

論理的には2通りだよね。
a.私の言っているのは、世界的に承認されている廃止論をそのまま紹介しているだけ。
b.私の言っているのは、世界的に承認されている廃止論とは違うなにか別のもの。

問題は、君(ら)にこれを判断する能力がないこと。
世界的に承認されている廃止論がどういうものか知らないし、理解できないんだから、原理的に不可能だよね。

手がかりは十分に与えてあるのにねぇ。


>>665
悪いけど、彼女はレベルが低すぎ。w



667 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:25 ID:Fi1YJVuo
>>665
そのページの
>加えて終身刑は、処遇する側にとっても非常に難しい刑罰です。
以下の考え方は今まで思い及ばなかった。

確かにそうだと思った。

668 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:27 ID:2372x96q
>>666
>悪いけど、彼女はレベルが低すぎ。w

この際反論お願いできますか?

669 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:27 ID:NAYBdrKR
>>667
ノンパロルな終身刑をそれ自体無条件で支持する廃止論者はほとんどいない。

670 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:27 ID:Fi1YJVuo
最高刑が終身刑の場合
終身刑の囚人にとって脱獄の試みにデメリットはほとんどない。

671 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:29 ID:3JtByiZJ
>問題は、君(ら)にこれを判断する能力がないこと。
判断する能力がないのはあんたの方だよ。
まぁ、理解力がないんだから当たり前だけど。

だから、
世界的に承認されている廃止論とは違うなにか別のもの、を
世界的に承認されている廃止論をそのまま紹介しているだけ、
とか言ってるワケだ。

手がかりは十分に与えてあるのにねぇ。(w

672 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:29 ID:NAYBdrKR
>>668
せいぜい君ら程度のことしか言ってないでしょ。
ある意味、君(ら)の方がまだましなところがあるぐらいなんだから。

673 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:32 ID:2372x96q
>>669
レベル低いレスw

674 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:33 ID:NAYBdrKR
>>671
君が自分の論理の飛躍に気付かないのはもうよくわかっているからそれも無駄。
「価値判断」なんて言っているようじゃ、そもそもあうと。
実際、関連の勉強何もしてないだろ。
例えばあげられた文献で、団藤以外何か読んだものある?w

675 :段造 ◆b5w5DanzOU :03/08/30 22:34 ID:CUZAn/8w
>>670
アメリカのどっかの州のように
懲役ん、百年、というのを導入したらどうなるかしら。

「お前、確か懲役400年だったよな」
「そうだよ」
「で、今度は脱獄を企て、失敗した訳だ」
「だから何だよ」
「だから懲役500年に延期ね」
「ビエーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!! 反省します」



676 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:36 ID:NAYBdrKR
>>673
求めるばかりじゃ救いようがないんだよ。
2chで言われることの中で数少ない正しいのが、教えて厨クレクレ厨はダメってことだな。

677 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:36 ID:2372x96q
>>672
いいから反論してよ。

>>675
日本は西洋と違って、そこまで厳罰をしない主義なのです。
殺人罪に平均懲役7〜10年なんて日本くらいだよ。

678 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:37 ID:3JtByiZJ
>>674
いくら読んでも勉強しても理解力がないと無駄だっていってるんだけどね。
だいたい、あんたが本当に「世界的に承認されている廃止論」を
理解しているなら文献に逃げないで最後まで自分で説明できるはずなんだよ。

あんたは、理解しているつもりになっているだけなのさ。

679 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:38 ID:NAYBdrKR
>>678
ほら出た。
自分じゃ何もせずに、相手に、教えてくれ、説明しろ。
いい加減、その幼児性から出てきたら?

680 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:38 ID:NAYBdrKR
>>677
意味がない。w

681 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:38 ID:2372x96q
>>676
求めてるんじゃなくって、試してるんだけどね。

682 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:39 ID:3JtByiZJ
つーか、あげられた文献を全部読んでいて
世界的に承認されている廃止論をそのまま紹介しているだけ
とか言っているとしたら、相当の重症だぞ。


683 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:39 ID:Fi1YJVuo
>>675
そんな人の良い囚人が居てくれるといいね。(笑




684 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:39 ID:2372x96q
>>679-680
さっきから公開オナニーだねw

685 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:41 ID:3JtByiZJ
>>679
>相手に、教えてくれ、説明しろ。
違うね(w
あんたに説明ができないとことはわかっているんだよ。
そもそも理解していないんだから。

ましてや、教えろなんて(w

686 :tooo:03/08/30 22:42 ID:fHwcQsSH
廃止派は、本の受け売りなのか ?


687 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:42 ID:Fi1YJVuo
最高刑終身刑の場合に
脱獄のデメリットを作り出すには
恩赦なり仮釈放なりで釣るしかない。

意味無いわね。

688 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:43 ID:9+8Qy9gu
>>677
>殺人罪に平均懲役7〜10年なんて日本くらいだよ。
ソースは?

ちなみに、
http://www.aa.alles.or.jp/~gen3/dai/indexd0306.html
このページでは違うぞ。

 さて、現在までの日本の刑法判例をひもといてみると、殺人の場合、以下の状況でありました。
 事例1;一人殺し=懲役15年以下の有期刑で大きな事件を平均すると約12.6年の懲役
 事例2;2人殺し=ほぼ無期懲役
 事例3;3人以上=半分以上が死刑

 まぁ、単純に考えれば事例3の適用で死刑なのだが、私の場合、「殺人罪」ではなく、「業務上過失致死」であり、かつ、通勤時で
あることから滅茶苦茶な速度超過は認められないので「重過失」の適用は考えられないので、事例1の1/2の量刑が相当であろうと
思われる。

 すると、懲役12.6年/2*23.38=懲役147.294年・・・・

 俺にはもう、怖いモノなんかない。だいたいが、被害者が虫なんで、懲役は無視〜(寒)



689 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:44 ID:3JtByiZJ
>>686
本人はそのつもりかもしらんが、受け売りにもなってない。

690 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:45 ID:NAYBdrKR
>>685
だからさ、俺が誤解していてもいいのよ。
世界的に通用している廃止論を君が理解しているなら。w
問題はそこさ。
そこができていず、努力も一切しないから、話がおかしくなる。
これも前から言っていること。

691 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:46 ID:NAYBdrKR
>>686
廃止論は世界共通なんでね。
論者で違いはほとんどないんだ。
法律の勉強をすればわかるよ。
逆に法律の勉強をしないとわからないけどね。

692 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:47 ID:Fi1YJVuo
>>688
>大きな事件を平均すると約12.6年の懲役

こりゃどういう意味なのかね?


693 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:48 ID:Fi1YJVuo
>>690
君が理解して無いなら、相手が理解してるかどうか
君に判定するのは不可能だね。

まあ論理的にはだけどさ。

694 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:50 ID:3JtByiZJ
>>690
>だからさ、俺が誤解していてもいいのよ。
ダメじゃん(w
あんたが「世界的に通用している廃止論」ではないものを
勝手に「世界的に通用している廃止論」だといっているから
話がおかしくなるんでさ。

695 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:51 ID:NAYBdrKR
>>693
でもみてりゃわかるじゃん。
わからないなら、しょうがないけどさ。

一つはっきりさせようよ。
廃止論は世界共通?それとも違う?どっち?

696 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:52 ID:R6IHtg1Q
 終身刑というのは、要するに囚人が死ぬまで一般社会には戻らないと言う事だ。
 これは別に不可能なことでもなんでもない。
 帝銀事件の平沢がドコで死んだ?

697 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:52 ID:NAYBdrKR
>>694
肝心なのは、君が世界中で言われている廃止論を理解しているかどうかだろ。
それを聞いているんだけどな。
どう?理解しているの?どっちかな?

698 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:52 ID:Fi1YJVuo
最高刑終身刑では脱獄のデメリットはほとんどなく、
デメリットが発生するようにするには
恩赦や仮釈放という「永久隔離」と矛盾する設定を設けざるを得ない。

これじゃ終身刑が「再犯防止」で死刑の代替になるとは
とても言えないね。

699 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:53 ID:3JtByiZJ
>>695
「共通の廃止論」はある。これは「理解」の問題。
その廃止論にしたがって廃止するか。これは「納得」の問題。

この区別はつくよな?

700 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:55 ID:NAYBdrKR
>>699
きみが納得してないのは知っているさ。w
だから君自身の理解を聞いているんだが、これを聞かれるといつも答えないよね。
君は理解しているのかな?どっち?


701 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:55 ID:3JtByiZJ
>>697
少なくともあんたがここで言っているような理屈でなはない
という程度には理解している(w

702 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:56 ID:NAYBdrKR
>>701
だからさぁ、廃止論を理解するかどうかという話に、俺なんか関係ないだろ?w
ちゃんと答えてごらんよ。

703 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:56 ID:Fi1YJVuo
>>695
>廃止論は世界共通?それとも違う?どっち?

悪いけど興味ないね。

君がチラチラ匂わせてるのが世界的に共通の廃止論だとしたら
刑法学者は論理的思考が出来ないと思うだけだよ。

君の理解がトンデモだとしたらそれは世界の刑法学者にとって
不運な事だね。

頑張って勉強してきなよ。



704 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:59 ID:R6IHtg1Q
>>698
>最高刑終身刑では脱獄のデメリットはほとんどなく、

それは死刑でも同じ事だ。

第一、日本の死刑囚の中には、死刑を執行されずに死んだ者が少なくないが、
脱走して娑婆で殺人や傷害事件を起こした死刑囚が戦後に一人でもいたか?


705 :朝まで名無しさん:03/08/30 22:59 ID:Fi1YJVuo
>>702
それ以前に君が相手に理解して欲しいのかどうかって話だよ。



706 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:00 ID:NAYBdrKR
>>703
ほらなぁ、思考のフィードバックの手がかりがでてくると、「興味ない」と拒絶するよね。
それってたぶん怖いからなんだろうと思うよ。

あと世界の刑法学者だけでなく、世界の多くの法学者というべきだね。
アメリカですら州レベルでは1/3は廃止。
前の連邦司法長官も廃止論者。



707 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:01 ID:Fi1YJVuo
>>704
死刑では脱獄のデメリットは終身刑同様ないけど
脱獄の機会自体が圧倒的に少ない。

可能性の問題だよ。


708 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:01 ID:3JtByiZJ
>>702
完璧な理解はしていない。
完璧な理解というものがあるならば、だけどね。

で、あんたは世界中で言われている廃止論を理解しているのかい?

709 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:02 ID:NAYBdrKR
>>705
いや、理解って言うのは、命題に向き合った個人が自分一人で行う作業だからね。
他人ができるのは手がかりを与えることぐらいさ。
それはやっている。それ以上は無理だね。

710 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:02 ID:Fi1YJVuo
>>706
まあ頑張んなさないな。

711 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:03 ID:NAYBdrKR
>>708
廃止論は世界共通だと言っているだろ。w
それが違っているかどうかは君が自分で確かめるしかないさ。


712 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:04 ID:NAYBdrKR
>>710
でも廃止論は完成されているので、頑張る余地はないんだよ。

713 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:05 ID:Fi1YJVuo
>>709
よくそんな与太を真面目に書けるね。

ゴメン俺は無視してくれていいよ。

714 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:07 ID:3JtByiZJ
>>711
だからさ、俺はその「共通の論理」の中身を言っているんだよ。


715 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:07 ID:NAYBdrKR
>>713
与太かどうかは別にして、もう遊んでいるだけだからね。w
なんにせよ食べる意思がない奴を食べさせることは無理さ。


716 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:08 ID:3JtByiZJ
>>710
完成されているんなら文献に逃げずに説明できるよねぇ(w

717 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:09 ID:R6IHtg1Q
>脱獄の機会自体が圧倒的に少ない。

だから、脱獄して殺人や傷害事件を起こした死刑囚が実際居る?
現実には逃走事件を起こす奴の殆どは短期服役囚なんだよ。
監獄に居る時間が長いから、その分脱獄の機会が多いなんてのは
頭の中で考えただけの、実情とはかけ離れた屁理屈でしかないんだよ。


718 :朝まで名無しさん :03/08/30 23:09 ID:5WrcBDRx
>706
今の連邦司法長官は廃止論者?


719 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:10 ID:3JtByiZJ
>>715
つーか、あんたは他人の食欲殺いでる(w
カレーの話をしているときに○ンコの話しているみたなモンだ。

720 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:10 ID:NAYBdrKR
>>714
それはさんざん説明してきているよね。
君からは教科書の表層レベルの反論しか見たことはないが。
しかし、例えば応報と存置を分かちがたいものとしたら、廃止国の刑法は一体どうなのか考えたことないのかな。
比較して考えるとはそう言うこと。

721 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:11 ID:NAYBdrKR
>>718
亜種黒府とが廃止論者の訳がない。(多分)w

722 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:12 ID:NAYBdrKR
>>719
「君のカレーは実はウンコだ」と言っているのは認める。w

723 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:12 ID:HGAUFhQs
200X年、先進国のほとんどが死刑制度を廃止した。
凶悪犯罪が極端に増加した。
更に、テロの頻発で、刑務所には何十人・何百人も殺したテロリストが収監されたいた。
テロリストは同胞を奪還すべく、ハイジャック・トレインジャックなどを引き起こした。
「テロリストとは交渉しない」との原則を守り、
強行突入などで解決してきた。
もちろん、それに伴い多数の犠牲者が発生した。
生き残ったテロリストは収監され、それを助けようとテロを含めた犯罪が増加した。
そして、ひたすら耐えて来た人々は、
死刑制度の復活を唱え始めた。

724 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:14 ID:Fi1YJVuo
>>717
今までそうだったから言って今後もそうとは限らない。
終身刑導入死刑廃止の必要性が
可能性に過ぎない冤罪死刑なら

計りにかけるのは当然だわね。



725 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:15 ID:3JtByiZJ
>>720
「分かちがたい」なんて言ってないじゃん(w

やっぱりその程度の理解力じゃ、
理屈でなんでも答えが出るとか考えちゃうかもね。

726 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:16 ID:R6IHtg1Q
>計りにかけるのは当然だわね。

秤にかけるなら重いほうを取るのが当然だろ。
あんた、ホントは自分が持ってる重りの重さも知らないんじゃないの?

727 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:18 ID:Fi1YJVuo
>>726
どっちがどういう理由で重いんだね?

728 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:18 ID:NAYBdrKR
>>716
いや、刑事法について多少は知っているのに、これだけきちんとした文献リストを呈示されて、
それでも全然読もうとしない奴は、正直とこかおかしいと思っている。

必要な説明は既にしてある以上、だからそれ以上のことをする気にならない。


729 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:20 ID:NAYBdrKR
>>725
もう最近、君の言うことはまともに読んでないんだ。w
無意味に応報応報って言っているから、そう思っただけ。


730 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:22 ID:3JtByiZJ
>>728
だーかーらー
こっちは、あれだけの文献リストを呈示しながら(多分、読んでるんだろうけど)
アホな話しかできない奴は、正直どこかおかしいと思っている・・・のだよ(w

731 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:23 ID:HGAUFhQs
>>728

ここは、ニュース議論板です。
一般の人と、議論するところです。
専門家(若しくはお勉強大好き君)なら、
文献から引用してわかりやすく説明してあげるべきだ。
その気がないなら、司法試験板にでも引きこもってくれ。

732 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:23 ID:3JtByiZJ
>>729
俺だけじゃなくて、誰も言ってないって(w

応報から死刑存置を正当化できる、と
応報から死刑存置は必然である、の違いはわかるよな?

733 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:24 ID:NAYBdrKR
>>730
君がどう思っているかはどうでもいいんだがな。
私は君がおかしいと思っているから説明する気にならないだけ。
だから別にいいんじゃないのそれで。

734 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:26 ID:XuHCjpbO
>>731
それは見苦しいぞ。
馬鹿を言えば叩かれる。2chの鉄則だろ。

735 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:27 ID:Fi1YJVuo
>>731
というかね、彼が読めと言ってるのは「説明」じゃなくて
本来彼がやるべき「論証」部分なんだよね。

専門用語バリバリに使ってでも論証してれば
ここまで馬鹿扱いされてないはずなんだよ。

だから病的なんだけどさ。

しかも相手のレスの論旨すら理解出来ないんだから
どうしようもないよ。

736 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:27 ID:R6IHtg1Q
>どっちがどういう理由で重いんだね?

重さを量るのに「理由」なんかないだろ。
とりあえず自分が持ってる重りの重さを調べてから出直してきなよ。

737 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:27 ID:NAYBdrKR
>>732
その君の「わかるよな?」は、もういいって。w


738 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:28 ID:NAYBdrKR
>>735
ソースがあるのに、それは見ない。って言う厨の相手までしなくていいでしょ。さすがに。w

739 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:30 ID:Fi1YJVuo
>>736
答えられないってことだね。

オッケー。

740 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:30 ID:3JtByiZJ
>>737
じゃ、言いたかないがハッキリ言おう。
わかってたら、アホなことは言わない。
あんたはアホなこと言っているから、わかってない。
しょせんはその程度の理解力。

741 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:31 ID:Fi1YJVuo
>>738
ソースじゃなくて論証。

他人の論証の君の主張のソースじゃないの。


742 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:32 ID:Fi1YJVuo
>>741
他人の論証は君の主張のソースじゃない、の間違いね。

743 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:33 ID:NAYBdrKR
>>740
だからさ、俺がアホかどうかはどうでもいいことだってわからないかな。w
読むと言うことは、客観的にどう概念が流通しているかを把握するということ。
それぐらいしたら?って言っているだけ。

自分の脳内で満足しているその姿勢は所詮通用しないんだからさ。それぐらいわかってるだろ。
ま、言っても無駄だとわかってるけどさ。

744 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:33 ID:Fi1YJVuo
>>736
普通ここは切れる所じゃないよ。
議論する気があるなら。

745 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:35 ID:HGAUFhQs
終身刑の場合、残された“加害者家族”に負担にならないか?
死刑になっていれば、事件も風化するし人々の記憶から消える。
被害者の恨みも薄まるし、加害者家族の負い目も軽減される。
終身刑は、意外と残酷な刑罰かも・・・!?

746 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:36 ID:NAYBdrKR
>>741
ソースがあるのに、いちいち論証することもないんだがな。
そもそも論理学的意味での隠れた前提まで全部説明できないからね。

大学のゼミの経験があればわかるだろうが、ある程度質を伴った議論をするには、
参加者が下調べをしておかないと無理なんだよ。

747 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:36 ID:3JtByiZJ
>>743
だからよーあんたのアホな話が
このスレで「客観的にどう概念が流通しているかを把握するということ」を
邪魔しているってことに気づけよ・・・

あんたは、他人の食欲を殺いでいるだけなんだよ。

748 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:37 ID:pqDNaxI5
よう分からんが、冤罪が100%ないとは保証されないという
理由で死刑に異議を唱えるのであれば、交通事故による
死者が途方もなく存在することを理由に、まずは自動車を
世の中から抹殺することを考えればいいんでないのか。

749 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:37 ID:g8YD9uTW
>>747
でもアホの食欲をそぐのは正しいと思う。

750 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:38 ID:Fi1YJVuo
>>746
いやだからソースじゃないんだよ、ほんとに馬鹿だね。

751 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:38 ID:NAYBdrKR
>>747
君の食欲なんか知ったこっちゃないが?
そんな自己満足の甘えは通用しないよ。w

752 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:38 ID:3JtByiZJ
>>746
大学のゼミの経験があれば、
文献を読めで済まないということぐらいわかるだろ(w
下調べ前提にしていても、説明は省略できない。

753 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:39 ID:3JtByiZJ
>>751
いや、俺はアホを見ると食欲がわく方。
だからあんたの相手をしている(w

754 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:40 ID:NAYBdrKR
>>752
下調べしてない奴は、議論に参加する資格がない。
当然文句を言う資格もない。
俺の知っているケースではそれだけで追い出された奴もいたがな。w

755 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:41 ID:NAYBdrKR
>>753
今更強がりを言わなくてもいいのに。w

756 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:41 ID:HGAUFhQs
文献を持ち出すなら、
とりあえず短く端的に引用するべきじゃないのかな?
「とにかく、文献を読め」じゃ、
このスレに集っている一般人はちんぷんかんぷんになっちゃうよ。

757 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:42 ID:NAYBdrKR
>>750
論理の前提という意味で、ソースなんだよ。
わからないだろうが。

758 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:42 ID:3JtByiZJ
>>750
ようするに、偉い先生の主張は理解していないけど
俺の主張は偉い先生といっしょです、ってことだろね(w


759 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:43 ID:HGAUFhQs
専門家同士で語りたいなら、
司法試験板があるよ。
それとも、哲学板?政治板?社会学板?

760 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:44 ID:NAYBdrKR
>>756
言っておくけど内容自体は出尽くしてるんだよ。

ただねぇ、自称法律はよくわかっているという奴がいてね。
基本的にはそれ対策なんだが。
でも全然読まないんだな。これが。

761 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:44 ID:Fi1YJVuo
>>757
君は論理自体を示せてないんだから
ソースもヘチマもないんだよ。

君自身もわかってることだから
言っても意味無いけど。

762 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:45 ID:Fi1YJVuo
>>758
結論だけ一緒だったんだろうね。

763 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:46 ID:NAYBdrKR
>>759
でもねぇ、存置が正しいか否かということには、専門家も何もないんだよ。
音速は超えられるか否かということと一緒。
つまり、理解するには一定の知識が必要なだけ。


764 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:46 ID:3JtByiZJ
>>756
短く端的に引用するというのは、
理解していないとできないことなんだよね。


765 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:46 ID:NAYBdrKR
>>761
それは論理が見えていないからだよ。
「隠れた前提」って意味わかる?

766 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:46 ID:Fi1YJVuo
>>760
一番手っ取り早いのは君がその自称君をこの場で論破することなんだけど

なぜそれをしないかは言うまでも無いね。

767 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:47 ID:HGAUFhQs
>>760
>言っておくけど内容自体は出尽くしてるんだよ。

だったら、そのレスをコピペしてあげれば?
そうすれば、不毛な議論を避けられてきちんとした死刑制度論議が再開できるんじゃないの?


768 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:47 ID:3JtByiZJ
>>760
>ただねぇ、自称法律はよくわかっているという奴がいてね。

それが自分だってことに早く気づけよ(w


769 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:48 ID:NAYBdrKR
>>764
なら理解なさってらっしゃる君がやったらいいじゃん。w

770 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:49 ID:NAYBdrKR
>>767
無理。
過去スレみればわかるよ。
今話している相手なんか、1年以上前からスレに24時間常駐しているし。

771 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:50 ID:3JtByiZJ
>>763
>音速は超えられるか否かということと一緒。

そういう例えが自分のアホを晒してしるってことに早く気づけよ(w


772 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:50 ID:NAYBdrKR
>>766
論破されても論理が把握できていない相手はそれを否定するからね。
しかし君も熱心だね。w

773 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:51 ID:NAYBdrKR
>>771
素人と玄人いう区別が無意味という比喩が理解できないらしい。

774 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:54 ID:3JtByiZJ
>>769
あんたの理屈はおかしいから
まともな本からそのソースとなりそうな引用をするのは無理(w

775 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:54 ID:Fi1YJVuo
>>772
本気でただの雑談したいだけらしいな。

困ったもんだ。



776 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:55 ID:tNVbE24e
>>774
読んでないことの言い訳というのがみえみえな答えでちょっと苦しいね。

777 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:57 ID:+GliFTpY
読んだ読まないでグダグダ言わず理屈で勝負したら。

778 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:57 ID:Fi1YJVuo
>>772
君は俺が2CHで見た中で最強の「構って君」だよ。
それだけは認める。

じゃね。

779 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:58 ID:HGAUFhQs
ああ、不毛だね。
とりあえず、議論に戻ろうや。

780 :朝まで名無しさん:03/08/30 23:59 ID:3JtByiZJ
>>770
>今話している相手なんか、1年以上前からスレに24時間常駐しているし。
あんたもだろ(w



781 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:00 ID:x8+ODyNS
しかしあんたらIDの使い分けがあからさますぎない?


782 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:00 ID:SCs9svok
>>723を真面目にレスしたんだが、あり得る話だと思わないかな?

783 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:01 ID:xlcTK0RT
>>773
おれは同じ結論になるという例が不適切だといったのだがね。

784 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:02 ID:rQdW17NV
ようは、
・再犯率
・抑止(抑制)力
・犠牲者の親族の心情(あだ討ち?)

について、騙ればいいじゃん w

785 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:04 ID:SCs9svok
>>784

○冤罪による死刑
○死刑の残虐性
○国家が人の命を奪っても良いか?
○罪刑の均衡点は?


786 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:06 ID:O99QsSTH
>>785
>○罪刑の均衡点は?
をっとっと。

787 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:07 ID:O99QsSTH
>>781
言っても無駄。

788 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:07 ID:SCs9svok
>>786

ないけどね。
正確には、「死刑に処すべき罪は?」かな?

789 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:10 ID:SCs9svok
存置派は、今の死刑判決の基準(?)について賛成?
よほど残虐な殺しかたをしない限り、
1人くらい殺しても死刑にならないよね?
2人でも、わからんくらいだ。
3人以上殺して、基本的はようやく死刑になる。
これは、正しいのか?

790 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:11 ID:SCs9svok
おまえら、世界陸上見てるのか?

791 :tooo:03/08/31 00:15 ID:Ht7bm6pX
>>788
他人の人権を認めず、ないがしろにした罪 ではダメ?
ドイツの「人道上の罪」という概念は?
旧ナチスが、大量の?ユダヤ人を人と見なさない殺し方しておいて
それを終身刑で納める ?

792 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:16 ID:xlcTK0RT
>>723の話で言えば、
テロ犯罪(テロの定義で問題はあるけど)だけに
限って死刑を復活させるという選択も考えられるだろうね。
アムネスティの基準で言えば、それでも「死刑廃止」に
かわらないことになるんじゃないかな?

793 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:17 ID:SCs9svok
>>791

罪の種類もそうだが、>>789で言ったように罪数(殺人人数)も議論したい。

794 :tooo:03/08/31 00:18 ID:Ht7bm6pX
>>789
これからは逆にすべきだ
1人で同じ年齢の10人を殺すのは苦労
5・6人で同じ年齢の1人を殺すのは楽
楽な殺し方しておいて、
死ぬとは思いませんでした ダト
全員死刑にするべき

795 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:18 ID:rQdW17NV
>>789
これって、結果的に冤罪を防いでる。
さすがに三人以上殺して、冤罪の可能性って、考えなくても
いいぐらい小さくなる。

>>785に対する回答の一つだね。

796 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:19 ID:SCs9svok
>>792

アメリカの連邦ビル爆破犯が終身刑で済ませられたら、
暴動が起きていたんじゃないかな?
通常の殺人では多くても数十人だが、
テロの場合100・1000の単位で人を殺すからね。

797 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:20 ID:xlcTK0RT
>>795
あ、そういう観点で考えたことなかったなー

798 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:22 ID:xlcTK0RT
>>796
案外、死刑廃止に心底納得できているなら、
被害者の数が100人、1000人でもかわらんのじゃないかな。

799 :tooo:03/08/31 00:24 ID:Ht7bm6pX
>>796
数を殺したから死刑では、
大派閥に刃向かった個人を抹殺しても良いという、
勝てば官軍、みんなで渡れば怖くないといった、
旧態依然とした派閥の論理を認めることになる。
1人を派閥が利権あさりの再開のために倒したら、
その派閥全体をポイする覚悟でないと、
これからの日本は開けない とやや誇大妄想気味に言ったりして

800 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:25 ID:rQdW17NV
>>798
そういう人も居るんだろうけど、実際のところは、死刑反対と
表向きに言っていながら、心底それでいいとは思っていない
人の方がおおいいんじゃないの?

でなきゃ、イラク攻撃があれほど簡単に行われなかった。

801 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:25 ID:xlcTK0RT
テロにだけ死刑を復活させるというような場合は、
テロを防ぐ、あるいはテロに対して毅然とした態度をとるという
意味合いの方が強くなるのではないかと。

802 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:28 ID:akmWTyqz
 感情的に納得できるかどうかと、制度の良し悪しは別だろ。

 自動車の制限速度や税金みたいなもんだ。
 

803 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:29 ID:tnj18P1Z
>>269>>272>>274
>>269>>295>>296

要するに勉強したり調べたりが問題じゃなくて
自分と同じ意見以外は認めたくないんだなこのボンクラは。
そしてその事自体も認めたくない、と。


804 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:30 ID:xlcTK0RT
>>800
まぁ、アメリカは死刑廃止をしているのは一部の州だけだしね。


805 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:33 ID:SCs9svok
「死刑は許されないけど、テロを起こした国には戦争を起こせる」とか、
アメリカ人は言い出しそうだ。
次元が違う問題かもしれないが、
何か納得できないような気がする。

806 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:37 ID:xlcTK0RT
>>802
制度の良し悪しといっても、
何を目的とするかで判断がかわってくると思うけど。

807 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:38 ID:3RhDaV1A
>>800
>実際のところは、死刑反対と
>表向きに言っていながら、心底それでいいとは思っていない
>人の方がおおいいんじゃないの?
それはわかんないけどイラク攻撃という対象が外国人と死刑という主に同胞に対する制度の場合
筋論はともかく、死刑廃止でもイラク攻撃は賛成という考えでも別に不思議ではないな


808 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:39 ID:9bza0M9o
>>792
そのアムの基準がそもそも曖昧だと思うけど。


809 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:39 ID:xlcTK0RT
>>805
死刑反対派はイラク攻撃にも反対していた人が
多かったのではなかろうかと、根拠もなく思う・・・

810 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:40 ID:akmWTyqz
>次元が違う問題かもしれないが、
>何か納得できないような気がする。

「人殺しはいけないのに死刑で人を殺すのはヘンだ」って言う奴らも
同じような感覚なんだろうな、きっと。


811 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:40 ID:ay+QarKT
>>804
60州中何州ですか?

812 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:40 ID:xlcTK0RT
>>808
それは同意。

813 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:43 ID:akmWTyqz
>>881
それくらい自分でググれよ。
一分もかからん。

814 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:45 ID:xlcTK0RT
>>811
22/50

815 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:49 ID:ay+QarKT
>>814
確かに一部だね。

816 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:49 ID:ay+QarKT
>>808
アムの基準って?

817 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:52 ID:akmWTyqz
>>816
ググれ

818 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:53 ID:ay+QarKT
>>817
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%81%AE%E5%9F%BA%E6%BA%96&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%81%AE%E5%9F%BA%E6%BA%96&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

819 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:55 ID:ay+QarKT
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%80%80%E5%9F%BA%E6%BA%96&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja&lr=

820 :朝まで名無しさん:03/08/31 00:57 ID:ay+QarKT
>>817
どれがどれやらさっぱりわかりませんが?
どれなの?

821 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:08 ID:ylQjFw+N
>>820
乙。

でも面白いな。
「アムの基準」について少なくとも3人は知っているはずだが、
なぜか一斉にそれ以外も含めて全員消えるんだな。

と書くとでてくるんだろうね。

822 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:11 ID:ay+QarKT
>>821
なんかそうみたいだね。へー。

823 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:13 ID:xlcTK0RT
ワザとやっとらんか?(w

アムの基準で分類すると↓

あらゆる犯罪に対して死刑を廃止している国:76カ国
通常の犯罪に対してのみ死刑を廃止している国:15カ国
事実上の死刑廃止国:21カ国

法律上、事実上の死刑廃止国の合計:112カ国

存置国:83カ国

824 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:14 ID:xlcTK0RT
あらゆる犯罪に対して死刑を廃止している国
通常の犯罪に対してのみ死刑を廃止している国

これを死刑廃止国にカウントするのはどうかなーとか思うわけよ。

825 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:16 ID:xlcTK0RT
あ、御免。

通常の犯罪に対してのみ死刑を廃止している国
事実上の死刑廃止国

ね。

826 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:17 ID:9bza0M9o
>>823
いやさ、「あらゆる死刑に反対します」と主張してるのに、
なぜ廃止・存置の色分けの段階で敷居をさげるのさ。
そのそもアムの運動のきっかけは良心の囚人(政治犯)の
救済じゃなかったのか?

827 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:18 ID:xlcTK0RT
ちなみに、事実上の廃止国とは
10年以上死刑執行をおこなっていない国だそうな。

828 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:19 ID:ay+QarKT
>>823
あ、出てきた。
でもアムネスティ&基準でググッてもそんなページでてこないけど?

829 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:21 ID:rQdW17NV
「通常の犯罪」って???
殺人も通常の犯罪でつか、、、

830 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:22 ID:9bza0M9o
>>826を訂正

× そのそもアムの運動のきっかけは
○ そもそもアムの運動のきっかけは

831 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:26 ID:akmWTyqz
>>828
日本アムネスティのHP見つけて死刑関連の部分読めばすぐ見つかるだろ。
お前は便所まで連れてってもらってパンツ脱がしてもらわないと小便もできない幼児か?


832 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:26 ID:9bza0M9o
アムネスティが死刑に反対している根拠から判断して
>>823の存廃の区別は妥当なのか?と言う事さ。

833 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:33 ID:ay+QarKT
>>831
なんでそんなに攻撃的なの?へんじゃん。
どう考えてもぐーぐるで簡単に見つからないようなものなのに。
しかも死刑関連のページでも、「基準」で調べてもでてこないよ。
言っていること、変だよ。

834 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:34 ID:9bza0M9o
ちなみに古参の某氏が急に通常犯罪以外の冤罪死刑を
許容しだしたのは、「お前の理論でいけば完全廃止国以外
は存知国になるだろ!」と突っ込まれてからだと記憶している。
この時彼は何も反論しませんでした。


835 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:35 ID:akmWTyqz
んじゃどういう区別なら妥当なんだ?

836 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:37 ID:9bza0M9o
>>827
たしか欧州評議会の基準は停止期間5年または停止宣言でokだったはず。

837 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:37 ID:akmWTyqz
>ちなみに古参の某氏が・・・

そんなドコの馬の骨ともわからんような奴が、何をしようが関係ないだろ。



838 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:39 ID:xlcTK0RT
>>833
それでも「文献読め」より優しいだろ(w

839 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:41 ID:ay+QarKT
>>835
はぁ?
ぐぐれと言ったのはあなたでしょ?
でもぐーぐるしても捜せないんだよ。


840 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:42 ID:J0K8Oa8i
>>839
ばーか。なんでgoogleで見つからないような言葉を同時に3人も知ってるんだよ。
頭使え、ばか。

841 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:43 ID:9bza0M9o
>>835
アムの死刑反対の主張から行くと、いわゆる完全廃止国
以外は存置国になると解釈するけど。

842 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:44 ID:9bza0M9o
冷静に逝こうや

843 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:45 ID:9bza0M9o
つーか前もこの話したよな。

844 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:47 ID:akmWTyqz
>どう考えてもぐーぐるで簡単に見つからないようなものなのに。

普通の人間は「やり方」さえ教えられれば簡単に答えを見つけられる。
1+1が2になる考え方を教えてもらえば、2+2の答えも自分で見つけられるようにな。

お前は「答えそのもの」を教えてもらわないと、自分では答えが見つけられないようだな。
普通そういう人間のことを、世間では「アホ」と呼ぶんだよ。

お前はアホだ。


845 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:50 ID:akmWTyqz
>でもぐーぐるしても捜せないんだよ。

完全にアホだな。
検索サイトも満足に使えないのかよ。

846 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:51 ID:ay+QarKT
>>840
いやまあなんとなくわかるけどさ。
でもなんでこんなに必死になるのかな。
まあいいや、もう寝る。

847 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:52 ID:rQdW17NV
>>845
使えないので通常犯罪の定義教えてください。

848 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:54 ID:rQdW17NV
>>846
「軍法下の犯罪や特異な状況における犯罪のような例外的な犯罪」
では分かりませんね

849 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:54 ID:akmWTyqz
>>841
じゃあお前はそう解釈すりゃいいだけの話だろ。
死刑廃止国:死刑存置国の比率が、6:4になるか4:6になるか程度の話で大きな違いは無い

850 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:55 ID:xlcTK0RT
>>829
戦争関連の犯罪以外ということで通常犯罪。

851 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:56 ID:tnj18P1Z
確かに

死刑存置国:83カ国
特殊な犯罪に対してのみ死刑をもって臨む国:15カ国
5年以上執行がない死刑存置国:21カ国
法律上、死刑の執行はされないことになっている存置国の合計:112カ国

廃止国:76カ国

って言い換えるとイメージがだいぶ変わるね。

852 :朝まで名無しさん:03/08/31 01:57 ID:9bza0M9o
>>849
お前会話する気ないだろ(w
じゃあな。

853 :朝まで名無しさん:03/08/31 02:00 ID:J0K8Oa8i
>>846
そういうこと。粘着なんだろ。

>ID:akmWTyqz他
やりすぎ。
こんな問題どうでもいいが、露骨すぎなんだよ。ばーか。
ばれてるんだよ。おめでてーやつだ。

854 :朝まで名無しさん:03/08/31 02:01 ID:xlcTK0RT
>>848
「人道上の罪」は、特異な状況における犯罪、だね。

855 :朝まで名無しさん:03/08/31 02:09 ID:F0ODzoXB
>>853
ワケワカランだったがやっとわかった。ジサクジエンって言いたいのか。なるほど。
確かにこんな話題で急に盛り上がるのとかもちょっと変だが。
でも普通ここまでやるか?
判定は留保させてもらうね。

856 :朝まで名無しさん:03/08/31 02:22 ID:2JYx1F3v
>>855
あーあ、言っちゃったよ。
武士の情けってやつもないのか。
かわいそうなんだから放っておいてやれよ。

857 :朝まで名無しさん:03/08/31 02:26 ID:9bza0M9o
ID:akmWTyqzとどのIDが同一人物?

858 ::03/08/31 03:20 ID:wVW7GTOt
 廃止国と存置国の数の比較が関して。参考資料を社会世評板の過去スレよりコピペ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
301 名前:赤飯[sage] 投稿日:03/04/08 12:35
後、死刑存廃国家数比較ってのはアムネスティがやってるが、
漏れの調べた死刑存廃関連人口比較ってのもあって、それはこんな感じ。
中国(11億):存置
インド(9億):存置
アメリカ(2.5億):存置
ブラジル(1.5億):通常犯罪廃止
ロシア(1.4億):廃止
日本(1.2億):存置
パキスタン(1.2億):存置
バングラディシュ(1.1億):存置
ナイジェリア(1億):存置
メキシコ(9100万):通常犯罪廃止
インドネシア(8900万):存置
ドイツ(8100万):廃止
ベトナム(7100万):存置
フィリピン(6500万):事実上廃止
イラン(6400万):存置
トルコ(6000万):廃止
タイ(5800万):存置
イギリス(5800万):通常犯罪廃止
フランス(5700万):廃止
イタリア(5700万):廃止
エジプト(5600万):存置
ウクライナ(5200万):存置
エチオピア(5100万):存置
ミャンマー(4400万):存置
大韓民国(4400万):存置
人口の多い国では廃止は難しいと捉えることも可能。まあ、どちらかと言えば宗教的な部分が大きいのだろうけど。


859 :朝まで名無しさん:03/08/31 03:53 ID:Y/9noFxH
死刑反対だけど仇討は賛成(・A・)ノ
もし自分の大切な人が殺されたりでもしたら地獄の果てまで追いかけていって呪い殺してやる
でもそれを他者がやる必要は無いな、と思う
「社会」が「個人」を殺すなんて糞面白くも無い。

860 :段造 ◆b5w5DanzOU :03/08/31 08:27 ID:Et3Kkk3B
>>859
何度も書いたけど、仇討ちはダメだよ。

ヤクザ、それも広域暴力団の親分に殺されたら、一市民はどうやって仇討ちをやるの?
結果、強いモノがやりたい放題になるだけ。反面庶民はやられ放題。



861 :朝まで名無しさん:03/08/31 09:15 ID:SYc4Gsy9
死刑廃止のご大層な近代法理論を採用している国は、
ことごとく日本より治安が悪い罠。
日本にゃ在日やら不法入国の東アジア人やら、
治安悪化に貢献してくれる連中も少なくないのにな。

>859
家族皆殺しとかだったらどうすんだ。
ヤクザが犯人で組に匿われたら手ぇ出せないぞ。

862 :朝まで名無しさん:03/08/31 09:16 ID:SYc4Gsy9
すまん、つらつら読んでたらかぶった。>860

863 :段造 ◆b5w5DanzOU :03/08/31 09:28 ID:Et3Kkk3B
>>861
>>862
そだね。
仇討ちされないように、一族郎党皆殺し!

864 :朝まで名無しさん:03/08/31 10:43 ID:O99QsSTH
>>846
やれやれ。
ここでいっている「基準」とは、「アムネスティの報告で使われている存廃国の分類の仕方」のことみたいだが、
常識的には普通は「アムネスティの基準」と言えば、世界人権宣言・人権規約などの国際人権基準のことをまず連想するでしょうね。

それと>823のような「事実上の廃止国」という分類の仕方は、その中身には多少幅があるにして、
別にアムネスティだけがやっているものではなくて、どこでも普通こういう分類の仕方をする。
この分類でアムネスティの資料がよく使われるのは、
それを世界中で日々日常的にチェックしている機関がアムネスティだからなんで、別にアムネスティ特有のものじゃない。
そもそも「アムネスティの報告で使われている存廃国の分類の仕方」を、単に「アムネスティの基準」と言っても普通は通じないことの方が多いだろう。その意味では、ここでツーカーなのはとても面白いし、あなたの反応の方がごく普通でしょう。

だからその意味では、これも確かにわかりやすいとは言えるだろうね。
でもまぁ気にしてもしょうがないですよ。これはいつものことだから。

865 :朝まで名無しさん:03/08/31 11:22 ID:cKmcrtOS
>>855-857
なるほど、ありえる(w

866 :朝まで名無しさん:03/08/31 11:39 ID:cKmcrtOS
>この分類でアムネスティの資料がよく使われる
のなら、「アムネスティの報告で使われている存廃国の分類の仕方」を、
単に「アムネスティの基準」と言っても普通は通じるんでないかい?
(たとえ表現として、正確でなかったとしてもね)

867 :朝まで名無しさん:03/08/31 11:53 ID:O99QsSTH
確かに昨夜0時〜2時頃にいた5〜6人には問題なく通じたようですね。

ただ、一般にはいきなりアムネスティの基準と言われれば、人権基準を連想するだろうし、
そもそも語用として、分類や分け方を「基準」という風にはあまり言わないんだけどね。

それでも問題なく通じたと言うことは、それだけ皆さんきわめて柔軟な頭をしていたということなんでしょう。
それに所詮は内容が問題なので、別に誰がどういう風に言っているということは、本来どうでもいいことだしね。


868 :朝まで名無しさん:03/08/31 12:20 ID:1fDwhyqK
あー、うざったいな。
要はいつものガルマの一人何役のお芝居だろ。
もう常連は皆知ってるよ。今更騒ぐようなこっちゃないだろ。
ばれてないと思って恥を晒しているのは、ガルマ自身なんだし。
一生懸命やってるお芝居を生暖かく見守りながら、
演技のできぐあいを楽しむのがここの作法なんだよ。
いいからじゃまするな。止められたら困るだろ。


869 :朝まで名無しさん:03/08/31 12:48 ID:ElZ8tZsK
>>868
大変見苦しい。日本でも、変わり者揃いの2ch内でさえも死刑廃止派は浮いてます。
あと勝手に仕切らないでほしい。


870 :朝まで名無しさん:03/08/31 12:51 ID:9VfZgU2y
日本の死刑廃止派てのは、
自らもしくは肉親が殺される危険性が低いという安心感で運動をやってるんだよね。



871 :朝まで名無しさん:03/08/31 16:49 ID:tFxd1A6w
じゃあ安心して仇討が出来るようにしてみたらどう?
大岡越前で見たよそんなの
奉行所にて越前の前で捕らえられた人が子供達に刺された
大岡様がさあ、仇討ち致せと子供に声をかけてた
皆殺ししたら?ってのは恨みに思う人が1人も居ないならばなにも問題ないよ

872 :朝まで名無しさん:03/08/31 17:16 ID:lDWX55K2
日本は軍事法廷では死刑廃止国
軍事法廷も含めて死刑を完全に廃止している国は
あるのか?

873 :朝まで名無しさん :03/08/31 17:46 ID:+AcL12PV
死刑廃止したら俺マジでいつも俺をいじめる
上司の家族を皆殺しにするで。

本人は生かしとく。その方が苦しむだろ。

今それやったら100パー死刑だから
やらんわな。

874 :朝まで名無しさん:03/08/31 18:11 ID:IIHZ4kAr
>>868
ガルマ→勉強厨でも通じるね(w

875 :朝まで名無しさん:03/08/31 18:36 ID:IIHZ4kAr
>>867
分類の仕方を「基準」といわないにしても、「分類の基準」は普通に使う。
試しにググってみな。

で、死刑廃止国の分類について、アムネスティの資料がよく使われるのなら、
アムネスティの「基準」といえば「分類の基準」と普通に考えるだろ。
頭が異常に堅いとか、2chなのに異常に用語にこだわるとかでない限り(w

ま、どうでもいいことだけどね。

876 :朝まで名無しさん:03/08/31 19:14 ID:L01s8uX5
今日、ロースクールの適正試験があったんだけどね。
こんな文章が問題に使われていたよ。

法律の内容を本当に理解したといえるためには、いかに難しい問題でも、
それを完全に因数分解して日常用語で説明できなければなるまい。私は
学生諸君に、何か法律問題について理解できたと思ったら、知的好奇心と
理解力はあるが法律は勉強したことのない友人、できればそういう恋人に
話を聞いてもらいなさい、そして「難しくてわからない」といわれたら、自分の
理解が足りないせいだと反省しなさいということがある。
(竹内昭夫「息を数えて」による)

877 :朝まで名無しさん:03/08/31 19:32 ID:uuQiiJOn
>>874-875
弁解はいいよ。
往生際悪すぎ。

878 :朝まで名無しさん:03/08/31 20:24 ID:n2Zhc5td
>>876

同意だね。
このスレでは、そんな初歩的なことすらできない輩がいるがね。

879 :tooo:03/08/31 20:29 ID:Ht7bm6pX
>>876
実際腹立つのは、法律用語の数々と判決文

「…被告○○は、…と考え、…したものであるが、
…によって、…と考えられる。然るに、…が…で…であるからして、…」
有罪か無罪か、はっきりせい、と言いたい。
裁判長が、被告に恨みに思われないように、煙に巻いてんのか ?

880 :朝まで名無しさん:03/08/31 20:49 ID:CtbRAb0s
>879
主文冒頭よめ、以上w

881 :段造 ◆b5w5DanzOU :03/08/31 20:49 ID:Et3Kkk3B
>>879
同意。
言葉遊びというか、スコラ哲学的というか・・・・。

882 :朝まで名無しさん:03/08/31 20:56 ID:O99QsSTH
やれやれ。
こんな引用をされているのをみたら、竹内先生も草葉の陰で泣いておられるだろう。

もちろんなんであれ他人に教えるのは問題の理解には非常に有効。
だから自主ゼミなどは法律学習には非常に良い。
でもこれは基本的には初歩的な学習者への心得であって、
しかも周囲にある程度賢い者がいる場合に有効な話。
ここのようなどうしようもない連中と同列にしちゃあかんよ。
よく読んでごらん?知的好奇心と理解力が共にゼロの場合は対象外と書いてあるだろ?

つまり、何にも学ぼうとする気が一切ないような教えて厨に、
いくらでも甘えなさいとそそのかすような話でもなければ、
そんな連中にお母さんのように教えてあげなさいという話でもない。

この引用だけで適正が疑われかねないが、勘違いしちゃダメだよ。>876


883 :朝まで名無しさん:03/08/31 20:57 ID:uf+OX0SO
必要の無い女性専用に抗議を!!

マクドナルド女性専用フロア(写真:町田北口店)
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/5799/akumanosu01.htm
東京上野ABAB女性専用椅子
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/5799/ababisu01.htm

まっく

884 :朝まで名無しさん:03/08/31 21:00 ID:O99QsSTH
>>881
判決文などが難解なのは、一つには官僚的ギルド的な伝統のせいもあるが、
様々な前提程条件仮定条件などいろんな命題について全て言及しないといけないから。
自分で書こうとしてみてごらん、簡単じゃないとわかるから。


885 :朝まで名無しさん:03/08/31 21:02 ID:x7MK7D8d
>>879
刑罰の死刑中心主義とでも言おうか。
極端に重い死刑が刑罰の基本で、「反省してるから…」 「情状酌量の余地が…」と死刑を回避し
連鎖的に無期懲役を回避し、懲役を回避し、という風に、刑罰が全体的に「言い訳して軽くするもの」という傾向にあるという意見が
何度かでたな。



886 :朝まで名無しさん:03/08/31 21:31 ID:i538ESFq
人権の剥奪は許されないというのは一応説得力はあるけど、
死刑の抑止力がほとんど期待できないというのが大前提になってると思うんだよね。
まあ実際の所、死刑を廃止したら犯罪が急増するなんて誰も思ってはいないだろうけど、
死刑に大きな抑止力があるという仮定でも人権派の人は死刑反対なんだろうか?
死刑を廃止して殺人が倍増しても、十倍百倍になったとしてもやはり死刑はNGだと主張するんだろうか?
人権の剥奪は許されないという考えなら当然そんな状況でも廃止を主張するのが筋だと思うが…

887 :朝まで名無しさん:03/08/31 21:32 ID:tnj18P1Z
>>882
相変わらず責任転嫁だけは一流だなボンクラ。
コテハン名乗る度胸も無いクセに

888 :段造 ◆b5w5DanzOU :03/08/31 21:41 ID:Et3Kkk3B
>>884
つっこまれないように、矛盾が出ないように、ってのは解るけどね。
それにしても、否定の否定の否定、なんてのはざらだからね。

判決文にしても訴状にしても馴れれば簡単よ。

889 :朝まで名無しさん:03/08/31 21:58 ID:x7MK7D8d
>>886
死刑に大きな抑止力があるということは、死刑をやれば人権侵害が抑えられると言うことになる。
人質をとって立てこもり、犠牲者がでているなんて場合には、犯人を射殺するのが最も犠牲者が少なくて済むというのと同じで、
1人を死刑にして殺人事件が減るのなら、やった方が死ぬ人間が少なく、日本に住む人の人権はより守られるということになる。

>人権の剥奪は許されないという考えなら当然そんな状況でも廃止を主張するのが筋だと思うが…
それはいくら何でも盲目的な人権思想だ。
人権の剥奪は許されないのだが、あらゆる人権侵害を0にすることはできない。そのときは最も侵害の少ない方法を選ばなければ
ならない。
人権とは国民の幸福(福祉)なのだから、目の前の殺人犯を殺せば人権侵害、殺さなきゃ人権尊重なんて単純なものではない。

まずは、なぜヨーロッパは人権を重視するのに犯人を射殺することがあるのかを考えてみればいい。

890 :朝まで名無しさん:03/08/31 22:17 ID:i538ESFq
>>889
うーん、もちろんその説明は納得できるんだけど、
それだと「状況に応じて人権の剥奪は許さる」という風にしかとれないんだよね。
その状況次第という所がちょっとご都合主義に思えてしまう。
やはり人権の剥奪を根拠にした廃止論に、完全な納得はできないなあ。
極端な仮定の質問に答えてくれて感謝。

891 :朝まで名無しさん:03/08/31 22:17 ID:wVW7GTOt
>人質をとって立てこもり、犠牲者がでているなんて場合には、犯人を射殺するのが
>最も犠牲者が少なくて済むというのと同じで、

全然同じじゃないだろ。
武装して人質を取っている奴を殺すのと、素手で牢屋に閉じ込められてる奴を殺すのを一緒にするなよ。


892 :tooo:03/08/31 22:25 ID:Ht7bm6pX
>>891
人権を認めなかった殺人者の、人権を剥奪して何が悪い?
>素手で牢屋に閉じ込められてる奴を殺す
というのは、死刑制度のこと?
それとも、冤罪等で牢屋に入れられてる人が……?

893 :朝まで名無しさん:03/08/31 22:29 ID:Fq6Gf+In
>>891
そう。
それに前者はただの正当防衛だしね。

894 :朝まで名無しさん:03/08/31 22:31 ID:Fq6Gf+In
>>889
>まずは、なぜヨーロッパは人権を重視するのに犯人を射殺することがあるのかを考えてみればいい。
ただの正当防衛だから。これは万国共通。日本も同じだよ。


895 :朝まで名無しさん:03/08/31 22:34 ID:wVW7GTOt
>まずは、なぜヨーロッパは人権を重視するのに犯人を射殺することがあるのかを考えてみればいい。

銃犯罪の頻度が日本とはケタ違いだから。
そんな中でもイギリスみたいに、原則警官が銃を携帯しなかった国もあるけどね。

896 :朝まで名無しさん:03/08/31 23:19 ID:CtbRAb0s
>>886
そのような信念を持った人もいれば、冤罪問題中心の人もいる。
存置派よりの廃止派なんて人もいる。


897 :朝まで名無しさん:03/08/31 23:40 ID:rQdW17NV
延々罵り合いをする時間があったら、定義ぐらいさくっと
三行で説明すれば有効に議論が進むのに、、、

とおもうおいらは教えてくんでつか?

898 :朝まで名無しさん:03/08/31 23:45 ID:n2Zhc5td
>>896
>存置派よりの廃止派なんて人もいる。

現行制度上死刑になるような罪を犯す人がいなくなれば、
死刑は意味をなさなくなる。
だから、存置派だけど、実質的には廃止派

って、なんか「国の交戦権を肯定するけど、戦争をする国が一つもなくなれば軍隊は意味をなさなくなる」って妄想を抱いているバカみたいなだ・・



899 :朝まで名無しさん:03/08/31 23:47 ID:/B0neAUu
>>897
双方ちょっと意地になってるところもあるよね。

900 :朝まで名無しさん:03/08/31 23:48 ID:CtbRAb0s
>897
1例を挙げれば「死刑は取り返しがつかない」「だったら懲役も一
緒だろう」と議論の前提すら噛み合っていませんから、あなたの
意見ももっともだけど、無理な相談。
但し、2,3スレを通読すれば、ほぼ論点は網羅されている。欲
を言えば、この問題における感情面、例えば被害者遺族の思いな
んかは新聞等で知ることはできるわけだから、死刑囚の手記なん
かが載ればいいが、著作権・技術的に難しいか。


901 :朝まで名無しさん:03/08/31 23:59 ID:O99QsSTH
>>900
同意ですね。
囚人の実態、特に冤罪被害者の声は、よく聞いておく必要があるんだけどね。

>>897
あなたの>795だけど。例えば松山事件では殺人の被害者は4人。免田事件でも2人。
被害者の数と冤罪とは直接の関係はないと見るしかないのです。

死刑確定後再審無罪事件
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/muzai.htm

902 :朝まで名無しさん:03/09/01 00:05 ID:JNOOV/Ng
>>891
>武装して人質を取っている奴を殺すのと、素手で牢屋に閉じ込められてる奴を殺すのを一緒にするなよ
「死刑で多くの人が救われる」という仮定があれば、違うのは表面的な状況だけだろ。見てくれだけで語るなよ。
>>893-894
>それに前者はただの正当防衛だしね。
君も。正当防衛が許されるのはなぜかと言うことだよ。
船が沈没し、1枚しかない板を…という話も同様。 「正当防衛だから」ではたいした説明になっていない。
人、または国が人を殺してもよいという場合には、もっと根本的な共通点がある。
まずはそれを考え、それが死刑にも当てはまるか議論するべき。

903 :朝まで名無しさん:03/09/01 00:14 ID:hU2l+E6Z
>>902
>人、または国が人を殺してもよいという場合には、もっと根本的な共通点がある
だからそれが、緊急時の防衛・救助。
他に手段が難しいような緊急時では、緊急行為を否定することはできないというそれだけのことなんだがな。
ちなみに、一枚の板の話は緊急避難。


904 :朝まで名無しさん:03/09/01 00:18 ID:8qBGm2dV
本がお友達の人間の吐く言葉には、リアリティとコミニケーション能力が欠けてるんだよね。
もっと色んな人間と付き合った方がいいと思うよ。

内容はともかくコテハンの○氏の姿勢は好感が持てるんだな。
相手の言わんとすることを理解しようとするから。彼は友人も多いと思う。


905 :朝まで名無しさん:03/09/01 00:30 ID:k4MD2Rv1
>904
存置派も「相手の言わんとすることを理解しようとするから」の姿勢は
必要だぞ。まさかヨーロッパ人は馬鹿と言うわけにもいかんだろう。

存置派の論拠は確固たるものがある。人間自然感情に根ざす立場だから。
しかし、君の言うような廃止論がDQN説と思っているようじゃ、相互
理解は遠い。

906 :朝まで名無しさん:03/09/01 00:33 ID:k4MD2Rv1
追加すれば、○氏のような人間の出来た人は2chでは例外と
思われる。どんなに罵倒されても激しない、つうのはなかなか
出来るもんじゃない。しかも彼は相手の罵倒も一切していない。

907 :とおりすがり:03/09/01 00:35 ID:FIhUT+oo
>君の言うような廃止論がDQN説と思っているようじゃ、
 ??すまん、よく分らん。

908 :朝まで名無しさん:03/09/01 00:37 ID:k4MD2Rv1
君の言うよう「に」廃止論がDQN説と思っているようじゃ

909 :朝まで名無しさん:03/09/01 00:41 ID:bbGx7G4j
>>871
安心して仇討というと、

・仇が逃げられないように国が逮捕・抑留する
・何らかの事情で仇討できない遺族のために、国選仇討人制度を設ける
・事前/事後に不当な圧力がかからないように、誰がいつ仇討するかは秘密にする
・不公平を無くすため、罪の重さを国が査定し、ある一定以上の罪を犯したものは、必ず仇討される。
・遺族への圧力の意味を無くすため、遺族が取り消しを求めても応じない。
・憎しみの連鎖や、遺族への圧力の意味を無くすため、仇討に遺族が直接参加することを禁じ、全て国の責任で行う。
・複数人で同時に止めを刺して誰の止めで死んだか判らないようにし、また止め自体も、残虐なものをなるべく避け、国選仇討人の罪の意識を軽減する

考えれば考えるほど今の死刑制度に近づくような・・・

910 :朝まで名無しさん:03/09/01 00:44 ID:irT885XE
死刑存置論で個人的に引っかかるのは、やっぱり
「死刑を執行したところで特に得る物がない」って感じるところなんだよね。
大きな抑止力が期待できるとは思わないし(どんなに小さくてもあるなら必要とは思わない)
再犯の完全防止もちょっと無理やりな意見に感じる。
唯一の得る物は、遺族を中心とした凶悪犯に対して激怒している人間の満足感だけなんだよね。
満足感のために人を殺す事が正しいのか、それは必要な事なのか、
ってのがどうにも納得できない。

911 :朝まで名無しさん:03/09/01 00:47 ID:8qBGm2dV
>>905
君は,見事に釣られたわけだが、

>君の言うような廃止論がDQN説と思っているようじゃ、相互
>理解は遠い。

俺は消極存置派なので廃止を真っ向から否定してない・・・
頭・・・大丈夫?どなたかとお間違えでは?


912 :朝まで名無しさん:03/09/01 00:53 ID:k4MD2Rv1
>内容はともかく

>>911 まあこんな一文を挿入している時点でねえ。存置派の気持ちのわかる
廃止派(自称)としては○氏の言い分はもっともなんだよね。

913 :朝まで名無しさん:03/09/01 00:53 ID:K8+ufNlF
>911
さすがはガルマさん。

914 :朝まで名無しさん:03/09/01 00:54 ID:8qBGm2dV
>>910
遺族感情はそれぞれだよ。
廃止派がよく言うけど、遺族にも死刑廃止を切望するものがいる、と。
自分は虚しさを感じるけどね。

915 :tooo:03/09/01 00:57 ID:J/H/ELKu
>>910
司法も、国民へのサービス! っちゅー意識を持たねば。
被害者遺族の満足感は、とっても大事。

916 :朝まで名無しさん:03/09/01 00:58 ID:8qBGm2dV
>>912
てか ガルマじゃないんだよ・・・w

内容には同意できない点があるとすれば良かったのかな?
彼は、冤罪で死ぬ可能性を否定できない限り廃止するべきって立場でしょ。
その点はちょっと価値観が自分とは違ってるのですよ。

これでいいかな。


917 :朝まで名無しさん:03/09/01 01:01 ID:vsb9ALbU
>>910
単に消極的存置派の個人的な心情としては
>「死刑を執行したところで特に得る物がない」って感じるところなんだよね。
ってのは、そのまま
「死刑になるような人間をことさら生かしておきたいとは思わない。」ってのがあるな。
だから、「多数が望むんなら別に得るものがなくても死刑があってもいいよ。」って考えになっているな






918 :朝まで名無しさん:03/09/01 01:15 ID:bbGx7G4j
緊急時の救助というけれど、死刑が廃止になっても
殺人事件が起きる瞬間現場に拳銃を持った警官がいたら
全て射殺していいわけだよね。
でも全ての現場に警官がいることはない。でも時々いることもある。
つまり緊急時になるかどうかは全く運。

同じ罪を犯しても、運が悪い奴だけ殺されて、運がいい奴は保護されて絶対に殺されない。

司法がそんな運に振り回されて両極端な結論を導いていいの?

919 :朝まで名無しさん:03/09/01 01:20 ID:irT885XE
>>917
俺がどうにもどっちつかずになってしまうのは、
「死んでもらわなければ気が済まない」ってのも
「できるだけ殺さない方がいい」ってのも、
どっちも良くわかるからなんだよね…
一応消極存置派のつもりだけど、
自分の判断に自信が無いから多数決に判断を預けてるというのが正直な所。

いっそのこと死刑を廃止したら殺人が数倍に、なんてことになれば自信を持って判断下せるんだけどね…

920 :朝まで名無しさん:03/09/01 01:27 ID:2ok5BYhT
>>882
ん?あんた勉強しろとか本読めとかしか言わないじゃん。
しかも勉強していない本を読んでいない人には理解できないとか言ってるし(w

>>876をもう一度よんく読んでごらん。
法律を勉強したことのない人が理解できるぐらいの説明ができなきゃダメなんだよ。
本当に理解しているならね。

知的好奇心はともかく理解力がないのはあんたの方みたいだね。

921 :朝まで名無しさん:03/09/01 01:29 ID:irT885XE
>>918
「悪いことしたから殺す」のと
「誰かを救うために殺す」のは全然意味合いが違うと思うよ。

922 :朝まで名無しさん:03/09/01 01:29 ID:vsb9ALbU
>>919
俺も消極的存置派だけどあなたとちょっと違うな。
あなたは「できるだけ殺さない方がいい」ってのがわかるって言ったけど
俺の場合は廃止派がいう「無理して人殺すような制度はやめない?」って価値観は薄いんだよね
「人殺す制度があったっていいじゃん。」ってとこ





923 :朝まで名無しさん:03/09/01 01:34 ID:PeUaYtv8
>>920
恨む気持ちもわからないではないが、粘着もほどほどにね。

924 :朝まで名無しさん:03/09/01 01:45 ID:irT885XE
>>922
なるほど。やっぱり人それぞれなんだねえ。
ただ俺は、自己矛盾しているが故に主張できるような論が何も無いので、
「派」とは言えないのかもしれない。
とりあえずそういう人間もいるという事で…

925 :朝まで名無しさん:03/09/01 01:49 ID:dw33TmwZ
>>920
ちがうだろ。876は法律を勉強したことがない人で、かつ知的好奇心と理解力がある人が対象だから、
882がいうように相手の理解力がゼロなら説明しなくてもいいことになるだろ。


926 :朝まで名無しさん:03/09/01 02:32 ID:FKvYusfG
>>923
ごめんもう少し粘着させて(w

>>925
それでもダメだよ。
だって彼は勉強していない本を読んでいない人には理解できないとか
理解できないのは勉強していないから本を読んでいないからとか
言っちゃってるからね(w

927 :朝まで名無しさん:03/09/01 02:49 ID:FKvYusfG
>>919
俺はあくまでも個人的な信条というか感情でいえば
「死んでもらわなければ気が済まない(ような犯罪もある)」
ってことで死刑存置なんだけど
でも例えば国民の多数が死刑廃止に納得しているのなら
個人的感情には反するけど死刑廃止が不当とまでは思わない。

928 :朝まで名無しさん:03/09/01 02:54 ID:FKvYusfG
あと死刑存置だと理屈の上では冤罪死刑は制度に伴うやむをえないリスクだと
考えはするけど感情で「実際に冤罪死刑があったらやっぱりマズイだろうな」
とか思ってしまうし。


929 :朝まで名無しさん:03/09/01 07:22 ID:BkFBuG49
>>919
>いっそのこと死刑を廃止したら殺人が数倍に、
>なんてことになれば自信を持って判断下せるんだけどね…

「奇数月の犯罪に対しては死刑存置で偶数月の犯罪には死刑廃止で」ってやれば、
結果が出やすいと思うんだよね。
日本人の死生観てあまり宗教に依存しないので、
俺は死刑の持つ抑止力はあると思っている。
誰だって殺したいやつの1人や2人いるわけで、
やるやつが出てくると思うけどね。
「見知らぬ他人に小さな迷惑をかけたくはないけど、
自分にとって殺したいほど憎いやつは殺したい。」って考える日本人は、
結構いると思うよ。
特に残虐な殺され方をしたのに犯人が軽微な刑で出所している場合など、
遺族なら「殺してやりたい」と思うはずだ。
コンクリ殺人みたいな複数犯を殺しても死刑にならないなら、
綿密な計画をもってやれば一気に殺せるからね。
俺が親なら、間違いなくやるだろうね。
「死にたくないからやらないのか?」と問われれば、
「人間だから死ぬのは怖いし、あんな奴ら(犯人)と道連れは嫌だ」ってのは本心だしね。



930 :朝まで名無しさん:03/09/01 07:30 ID:4ID5sF+p
応報について考えるヒントになるのではないかと・・・

ttp://www.users.kudpc.kyoto-u.ac.jp/~b50999/ouhou.html

931 :朝まで名無しさん:03/09/01 10:30 ID:6GEiN5Au
法板じゃないからこういうのもありかな。

ttp://www.ethics.bun.kyoto-u.ac.jp/kato/punish.html

932 :朝まで名無しさん:03/09/01 11:01 ID:Tq/ZDhrt
>>910
>唯一の得る物は、遺族を中心とした凶悪犯に対して激怒している

その怒りと言うのは守られるべき約束を破られた事に対する怒りだろう?
君や俺が同じ共同体で暮らせるのは約束を尊重してるからであり、
それを放棄したら共同体自体が存在出来ない。

つまり約束を破るという事は、それが適切な処理をされるまで
一時的に共同体が崩壊の危機にさらされてるということなんだよ。
怒りを感じるのは当然だろう。

満足感というのは「ざまあみろ」という事ではなく、
「約束を破る事は許されない、相応の報いを受ける」という
事を確認した事の満足感であって

君はそれも意味が無いと、社会維持に必要ないと言うのかね?



933 :朝まで名無しさん:03/09/01 11:05 ID:Tq/ZDhrt
そして死刑相当の約束破りというものは
同じように約束を尊重してきた人が一人以上
彼の約束破りによってこの世から消滅させられたという事なんだよ。

廃止論を言うなら、その事の重みを理解してからにしれくれよ。

むしろそれを矮小化する廃止派が目に付くが
逆効果だよ。

934 :朝まで名無しさん:03/09/01 11:08 ID:Tq/ZDhrt
約束を破った者によって
被害者はなんの自己責任もなく一切の機会を全ての権利を完全に失った。

それに大して怒り、そのことの責任を
行為者に要求することが理不尽なのかな?

その行為者にまだ
機会と権利の回復を保証すべきなのか?



935 :朝まで名無しさん:03/09/01 11:13 ID:Tq/ZDhrt
「罰と言う概念を捨てて、更生で統一出来たら素晴らしい」とは考えてるよ。

それに至るには、しかし共同体の同じ構成員が
それでもって納得すること、それから生まれるリスクを
許容してまでそのような社会を望むという覚悟を
共有出来る事が大前提だよ。

それなしに秩序維持は不可能。

相手の矮小化によって、相手を否定しようというスタンスの
廃止派はそこに至る障害になる。

936 :朝まで名無しさん:03/09/01 11:15 ID:Tq/ZDhrt
それは「正しいから、正義だから」ではなくて
「そのような社会を望む」からであって、

「正しい」云々が決定できるレベルの話ではないよ。

このレベルの話を「正しい、正しくない」で語ってる人は
その程度の掘り下げしかしていないと言う事。

937 :朝まで名無しさん:03/09/01 11:18 ID:JNOOV/Ng
>>903
何の説明にもなってないな。漢字を並べてるだけだ。


938 :朝まで名無しさん:03/09/01 11:22 ID:JNOOV/Ng
>>918
一番大事なことは何か?
それは、人間が平和に生きていけることでしょ。

同じ罪を犯しても… なんてつまらないことにこだわるよりも、無駄に死ぬ人間を減らすことを最優先すべきでしょ。

ついでに言えば、警察官に射殺する「義務」なんてのは無い。犯人が犯行をできなくするだけでよい。
犯人が死ぬかどうかもまた運の問題。

939 :朝まで名無しさん:03/09/01 11:23 ID:taj0xOLZ
死刑囚によって破られた「約束」は中でも
根幹に関わる「約束」

被害者は共同体自体を失った。
なんの自己責任もなく共同体から排除された。

そんな事を、それが他人に対して行われた行為であっても
看過出来る人間は想像力に問題がある。

940 :朝まで名無しさん:03/09/01 11:25 ID:taj0xOLZ
>>938
ルールに整合性を求めるのが「つまらないこと」なのかね?

納得出来るルールなしに社会は維持出来るの?
社会なしに平和に生きていけるの?

941 :朝まで名無しさん:03/09/01 11:26 ID:JNOOV/Ng
>>934
理不尽ではない。
しかし、それが死刑である必要があるかどうかははっきりしていない。
死刑以外にも、機会と権利の回復を認めない方法はいくらでもある。


942 :朝まで名無しさん:03/09/01 11:31 ID:taj0xOLZ
>>941
「そのような罪は死を持ってしか購えない」
と人々が感じているとしても
必要とは言えないかな?


943 :朝まで名無しさん:03/09/01 11:31 ID:JNOOV/Ng
>>940
つまらないことだね。

できるだけ人々が幸せに生きていけるようにする。これが根本的なルールだ。
罪を犯したら… なんてのは、所詮根本を達成するための補足ルール。
目に見える補足ルールにこだわって、根本的なルールが達成されないのは本末転倒だ。



944 :朝まで名無しさん:03/09/01 11:32 ID:AyeLk8JH
今年も終戦記念日が過ぎた。無念な思いで亡くなった方に追悼の黙祷を奉げたのは私だけではあるまい。このような無念の思いで
亡くなった人がいる一方で、凶悪犯罪を犯しておきながら生き延びようとする人間がどうしても許せない。死ぬことで謝罪の意を
表明しろと真に思う次第である。

945 :朝まで名無しさん:03/09/01 11:33 ID:taj0xOLZ
>>941
まずもって自然な処遇は共同体からの完全排除だと思うが
現在の世界で可能な方法は死刑のみ。

であるから共同体内部で隔離して生かす、という選択をしろと
廃止派は言うのだろうが、

ならばそうする必要性を廃止派は示すべきではないの?

946 :朝まで名無しさん:03/09/01 11:34 ID:taj0xOLZ
>>943
質問への答えがないな。

947 :朝まで名無しさん:03/09/01 11:35 ID:JNOOV/Ng
>>942
「感じ」では世の中はよくならないよ。
いくら不満が出ても、増税しなきゃならない場合もあり、赤字国債を出さなきゃならない時もある。

948 :朝まで名無しさん:03/09/01 11:36 ID:AyeLk8JH
戦死された方は公の意識を感じて亡くなっていったはずだ。その一方で我欲を通して死刑を
宣告されながら生き延びようとする人間がどうしても理解できない。死刑にされるのを拒む
のであれば、自殺しなさい。

949 :朝まで名無しさん:03/09/01 11:37 ID:BkFBuG49
あえて、応報感情・遺族感情による死刑存置を否定してみる。
既出だが、一家皆殺しや天涯孤独の人を殺害した場合など、
基本的に遺族の遺族感情・応報感情は薄い。
もしくは、遺族などいない。
じゃあ、それによって、罪は軽減されるんだろうか?
答えは、「否」である。
結局、「自分や家族が殺されることを防ぐため」という抑止論の方に、
重きを持つべきじゃないんかな?



950 :朝まで名無しさん:03/09/01 11:37 ID:taj0xOLZ
>>947
不満が大きくなれば社会は維持出来ないよ。

納得出来る理由が示されれば増税や赤字国債に対する
不満も最小に抑えられる。

「納得」によって社会は維持されてるんだよ。

951 :朝まで名無しさん:03/09/01 11:37 ID:JNOOV/Ng
>>946
納得できるルールは刑罰が…といった表面的なルールだけではない。
根元的なルールのために表面的なルールが破られても、ルールは崩壊しない。むしろ、強固なルールとなる。


952 :朝まで名無しさん:03/09/01 11:38 ID:taj0xOLZ
>>949
なんで
>>932->>934を無視するのかね?


953 :朝まで名無しさん:03/09/01 11:38 ID:JNOOV/Ng
>>945
>現在の世界で可能な方法は死刑のみ。
終身刑設置で十分。

>ならばそうする必要性を廃止派は示すべきではないの?
とりあえず過去レスを読んできたら?

954 :朝まで名無しさん:03/09/01 11:41 ID:taj0xOLZ
>>951
根源的なルールは表面的というより
より具体的な条件を限定されたルールによって実効性を持つ。

君はルールというものを全くわかってないよ。

君の主張通りならそもそも「表面的ルール」など
存在する必要性すらないよ。

955 :朝まで名無しさん:03/09/01 11:42 ID:taj0xOLZ
>>953
終身刑は完全排除ではなく
共同体内で隔離して存在を許す事。>>945

ここまで書かないと理解出来なかったか。


956 :朝まで名無しさん:03/09/01 11:43 ID:BkFBuG49
悲しくなるのが、遺族が宗教的な思いこみによる死刑廃止論者で減刑嘆願をすることだね。
殺されたやつも、浮かばれないだろうね。

957 :朝まで名無しさん:03/09/01 12:26 ID:hiGx9382
>>953
終身刑とい言葉を鵜呑みにしすぎだな
死刑廃止国でも多くは仮釈放有りの終身刑。



958 :朝まで名無しさん:03/09/01 12:49 ID:VEB/WQCc
悪い奴の誰かが死刑になっても、心が痛むのか?
良い気味としか思わない。
誰かが心が痛むと言うなら、俺が死刑執行人になり、
アルム・オンジが使ったと言う伝説の大鎌で死刑囚の首をはねてやる。

959 :朝まで名無しさん:03/09/01 12:58 ID:VEB/WQCc
この不景気に死刑がなくなったら、宅間並の事をして、
薄汚く一生をまっとうしようとする奴が出現するに違いない。

960 :結論:03/09/01 13:06 ID:BkFBuG49
死刑になるような凶悪犯罪を犯すバカがいなくなれば、
こんな議論も意味をなさなくなる。

961 :朝まで名無しさん:03/09/01 13:09 ID:VEB/WQCc
>>960
死刑になるような凶悪犯罪を犯罪と認識しなければ、死刑がなくなるよ。
窃盗や殺人を捕まえなければ良い。
そして、野放しになった悪人を依頼によって処刑するビジネスが生まれる事を望む。

962 :朝まで名無しさん:03/09/01 13:10 ID:BkFBuG49
>>961

必殺仕事人かい?

963 :なかにしれい迷言の数々:03/09/01 13:36 ID:BkFBuG49
「(死刑に〜犯罪抑止力があるなんて、もう統計上論じられない」
「遺族感情への配慮と言うのも、論理的なさすぎる」
「万に一つの冤罪死刑があるなら、死刑はすべきではない」
「死刑廃止国も国としてなりたっているんだから、死刑がなくても国は成立する」
「民主主義国家では死刑は国民全体で行っている。誰かを殺しているという覚悟が国民は連帯で責任を負えるのか?平気なのか?喜ぶのか?」

ワイドスクランブル9/1

964 :宅間死刑判決スレより:03/09/01 13:53 ID:BkFBuG49
テレビで放映されなかった法廷内の話。
  ・・・開始早々押し問答・・・
宅間「いわせてーな!」
裁判官「発言は認めません。これ以上発言するのであれば退廷させます」
-------------------------------------------------------------ここからTVでカットされている部分
宅間「わしが殺したガキどもは、わしの自殺の為の踏み台の為に生きていたんやな!ほんま、感謝しとる。あのガキが8人死んでくれたから、俺が死ねるんやから
 感謝せなあかん!死んでくれてありがとう!!でも、死刑になるだけやったら3人で十分やったな。残りの5人はおまけで感謝しといたる!」
  ・・・どよめく室内。裁判長が退廷を命じる・・・
宅間(引きづられなから) 「おいコラァ!!くそガキの親ども!○○××△△!(実際は被害者の親の名前を連呼)
 おまえらのガキの8人分の命はワシ一人を殺して終わりの程度の
 価値やったんやぞ!エエ学校に行かせて偉そうにしとったから死んだんや!
 ガキどもが死んだ原因はおまえらにあるんや!せいぜい一生反省せいよ!
 あの世でもおまえらの子供しばき倒したるからな!あははははは!あははは!こらおもろい!」
  ・・・どよめく室内。退廷・・・
 (廊下から小さく、宅間「わしが8人を死刑にすんのに10分かかっとらんのに
            わし一人の死刑に2年近くかかって随分ご丁寧な事やのー!!」)
-------------------------------------------------------------ここまでTVでカットされている部分
5分ほど後に、判決文が読まれた。  

死刑廃止派のみなさん。
死刑執行停止の嘆願書でも出しますか?

965 :朝まで名無しさん:03/09/01 14:17 ID:Fkev37UH
法律=殺人する為の切符

966 :朝まで名無しさん:03/09/01 14:56 ID:4kN4CUMe
>>964
その言うとおりだとすると、自分を死刑するための手段として8人の子供が犠牲になったことになる。
その場合、死刑制度がなかったらこの子達は生きていたことになるな。


967 :朝まで名無しさん:03/09/01 15:00 ID:BkFBuG49
>>966
>その場合、死刑制度がなかったらこの子達は生きていたことになるな。

そう言うと思ったよ。
だけど、死刑制度がなかったら、
もっと早い時期に大量殺人を犯していたと思うよ。
まあ、どちらにしろ、結果論だけどね。
だいたい、宅間がどの程度本心を吐露しているのは、
誰もわからんわけだ。


968 :朝まで名無しさん:03/09/01 15:37 ID:gqhLc77M
死刑制度廃止を訴える前に、死刑になるやつをまず減らしてくれ。

969 :朝まで名無しさん:03/09/01 15:38 ID:gqhLc77M
それができないと、言うこときかない。

970 :朝まで名無しさん:03/09/01 15:41 ID:gqhLc77M
死刑制度がなかったら、
「なんぼ殺しても、おれは殺せんだろう。
仮出獄したら、おまえらも殺したる!」
って、宅間はいうに違いない。

971 :朝まで名無しさん:03/09/01 15:41 ID:4kN4CUMe
>>967
>だけど、死刑制度がなかったら、 もっと早い時期に大量殺人を犯していたと思うよ。
それは論拠のない君の個人的な感想でしかない。

犯人のおおむね一貫した供述という有力な証拠を否定する証拠もない以上、
死刑制度を利用した自殺と見るしかないだろうね。
少なくともこの場合は、死刑には犯罪誘発効果があったというしかないだろう。



972 :朝まで名無しさん:03/09/01 16:10 ID:lEJuQEnI
次スレ

死刑 Vol.XX-10
http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news2/1062399998/


973 :朝まで名無しさん:03/09/01 16:13 ID:oWutrO8x
>>971

思い切りバカですね?
それとも、ネタ?
自殺なら、何もまだるこっしい死刑になんかなるかよ?


974 :朝まで名無しさん:03/09/01 16:28 ID:oWutrO8x
>>970
>>971

宅間「もう一度(娑婆)に戻れるなら、今度は幼稚園にダンプで突っ込む」
 〃「その方が、より多く殺せるからだ」


975 :朝まで名無しさん:03/09/01 16:32 ID:FvG/4AiT
宅間を処刑した時点で宅間の勝ちだな



976 :朝まで名無しさん:03/09/01 16:33 ID:oWutrO8x
>>975

映画の「セブン」かい?

977 :朝まで名無しさん:03/09/01 16:34 ID:L3r10IWJ
>>974
つまり死刑制度に抑止力はない訳だね。

978 :朝まで名無しさん:03/09/01 16:35 ID:hiGx9382
有るとか無いとかいいからさ、統計資料だせや。

979 :朝まで名無しさん:03/09/01 16:36 ID:oWutrO8x
遺族を苦しめようと宅間が考えるなら、
○控訴・上告をして、法廷では傍若無人に振る舞う。
○死刑直前に、自殺する。
 「お前らに、俺の命を奪わせない。自分で、ケリをつけてやる」ってね・・

宅間が控訴もせずに死刑に処させるなら、
今のところ遺族としては一番いい結果だろうね。


980 :朝まで名無しさん:03/09/01 16:37 ID:oWutrO8x
>>977

娑婆に戻れないんだから、抑止力はあるじゃないか?


981 :939:03/09/01 16:47 ID:svN0kMV8
>>964
こういうつまらんネタは廃止派に存置派は感情論と
攻撃されるネタを提供してるようなもんだが

わかってやってるのか?それとも廃止派なのか?

燃料にしてもちったあ選べよ。
あいかわらず釜茹でマンセーも後を絶たないし。

うんざり。

982 :朝まで名無しさん:03/09/01 16:56 ID:hiGx9382
>>963
>「(死刑に〜犯罪抑止力があるなんて、もう統計上論じられない」

抑止力否定の証明もされてなければ、それをしめす統計資料すらない。

>「遺族感情への配慮と言うのも、論理的なさすぎる」

遺族の感情への配慮なんだから論理性の問題ではない

>「万に一つの冤罪死刑があるなら、死刑はすべきではない」

欠陥の有る刑罰制度は死刑だけではないし、ましてや
一般市民にとって死刑が一番危険な刑罰制度でもない。

>「死刑廃止国も国としてなりたっているんだから、死刑がなくても国は成立する」

刑罰は国によって違う場合もあるから当たり前。

>「民主主義国家では死刑は国民全体で行っている。誰かを殺しているという覚悟が国民は連帯で責任を負えるのか?平気なのか?喜ぶのか?」

これは他の刑罰も同じ。刑罰行為を国民が喜ぶとか






983 :朝まで名無しさん:03/09/01 16:59 ID:hiGx9382
あー途中で送信しちゃった・・・
>>982の続きね

>「民主主義国家では死刑は国民全体で行っている。誰かを殺しているという覚悟が国民は連帯で責任を負えるのか?平気なのか?喜ぶのか?」

これは他の刑罰も同じ。刑罰行為を国民が喜ぶとか平気とか問うて何の意味があるのか分かんない


984 :朝まで名無しさん:03/09/01 17:03 ID:gqhLc77M
死刑がなければ、
宅間が出てきて、ふたたび大量殺人。たまりかねてやくざの親分が始末。
拍手喝さいだろうな。どうせ死刑にならないし、やくざも箔がつく。

宅間のような社会に恨みをもった異常性格者は、死刑制度がなくても
人を殺すのは、十分ありうるし、
犠牲者や遺族はもっとやりきれないだろう。そして、仮出獄を恐れる日々
をすごさなければならない。
ジェイソンは、生かしておくとなんどでも、殺しまくるだろう。

985 :朝まで名無しさん:03/09/01 17:08 ID:gqhLc77M
極端なことをいえば、人権原理主義者が、死にたいけど死ねないから、
人を殺したんだといって、人を殺した後いったとしても、死刑は残すべきだろうね。
アメリカでは、中絶が殺人だといって、産婦人科医をテロで殺すやつもいる。

986 :朝まで名無しさん:03/09/01 17:08 ID:+sPP4ajX
>>984
ホラー映画を信じているのね。

987 :朝まで名無しさん:03/09/01 17:08 ID:EwDXJFgo
ひところしたら死刑でいい

988 :朝まで名無しさん:03/09/01 17:11 ID:gqhLc77M
自殺に利用されるから、鉄道を廃止というわけにはいかない。
鉄道と同じように、必要な制度なんだね。理由は、ここに散々書いてある。

989 :朝まで名無しさん:03/09/01 17:15 ID:xHC9WncH
しかし漏れは思うのだが死刑は誰の為の刑なんだろうか
近代の刑は教育に重きをおいて受刑者本人の為においてるはずだし・・・・
もちろん懲罰的意味合いももたしてはいるのも理解できるが
池田小事件の裁判をみてるとますます判らない
宅間が虚勢でなく本当に死刑になるために犯行をおこしたとしたのなら
宅間は刑罰を利用して自ら欲望をかなえたことになる
宅間にとっては死刑は刑罰でないと言う事になってしまう



990 :900:03/09/01 17:23 ID:Bex8v64/
900

991 :朝まで名無しさん:03/09/01 17:24 ID:lrlM7J8k
>>989
終身刑でも懲役刑でも罰金刑でも同じだけどな。

本人が望む事で意味が無くなるなら
刑罰に意味を無くさせるのは簡単。

教育に重きを置くのは別に受刑者本人の為にではなく
更生させて再犯を防止するためだろう。

992 :1000:03/09/01 17:24 ID:y9An70hR
1000

993 :993:03/09/01 17:31 ID:vyUeXakf
993

994 :朝まで名無しさん:03/09/01 17:40 ID:gqhLc77M
娑婆で飯が食えなくて、ムショに入るため盗みを働くものもいるんだよ。
だからといって、刑罰をなくすわけにはいかない。

995 :995:03/09/01 17:44 ID:utkbaLhT
995

996 :朝まで名無しさん:03/09/01 19:52 ID:nYalgYSc
996

997 :朝まで名無しさん:03/09/01 20:54 ID:wFsjldAG
ありがとう

1000



998 :朝まで名無しさん:03/09/01 20:55 ID:wFsjldAG
おめこ1000

999 :朝まで名無しさん:03/09/01 20:58 ID:wFsjldAG
chinnko10000

1000 :朝まで名無しさん:03/09/01 20:59 ID:wFsjldAG
yahari1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

283 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)